地震大国の日本で突然、大地震が起きた時の対処法とは?万が一の地震対策基本ガイド!

地震大国特集

ご存知のように、日本は地震大国です。日の出の国では、地震は当たり前のことですが、特に数年前の神戸大地震以降は、地震の予防と発生時の備えに力を入れています。日本は、地震が起きても最も安全な国と言えるでしょう。

また、日本人や日本の住民は、観光客を怖がらせる傾向があるこれらの絶え間ない地震の動きに慣れていますが、実際にはほとんどの人はかなり怠け者で、何の影響も受けていません。数秒の間、地面が揺れたり揺れたりしていることに気づくだけで、それ以外のことはほとんどありません。物が落ちてきたり、床にヒビが入ったりすることもありません。

しかし、そんな運があるとは限らないのも事実で、たまに大きなことが起こることもあります。その場合は、地震の前・中・後の準備と知っておくべきことがあります。私たちはあなたに従うべき手順と推奨事項を持つこの基本的なガイドを残している理由です。

日本で地震が起きたらどうする?地震対策基本ガイド

1. テーブルや硬いものの下に隠れる

地震で一番大切なのは自分の身を守ることです。日本政府や所轄官庁はそれを明確にしていて、訓練や地震が起きた時には必ずと言っていいほど繰り返し伝えているのが、一番大切なのは自分の身の安全だということです。

学校で地震訓練をしている子どもたちが机の下に隠れている姿を見たことがある人もいるかもしれません。また、日本の子どもたちが地震に直面したとき、なぜ最初に机の下に隠れてしまうのか不思議に思ったことがある人もいるかもしれません。

これには簡単な説明があります。地震の時には、大小を問わず、物が落ちてくる可能性が高いからです。棚から本や花瓶まで。そのため、落下する可能性のあるものから身を守れる場所に隠れることが第一歩です。

机やテーブルの中に全身を入れられるのが理想ですが、それができない場合は、物による一撃を受けた場合に最も敏感な部位である頭部を守ることが最も重要です。そのため、頭から始めて、可能であれば全身を置くことを常に強調しているのです。

あなたが通りで捕まった場合は、特に任意の壁に閉じてください。おそらく、私たちは自分の身を守るために、近くにある壁を探して、そこに身を寄せてしまうのでしょう。しかし、強い地震の時には、壁が倒れたり、崩れたりする可能性が高いのです。ですから、建物や機械からできるだけ離れて、例えば道路の真ん中などに身を置きます。そして、身をかがめて、バッグやリュックサックなどで頭を覆うようにします。

その他にも、地震が起きたときに遭遇する可能性のある状況と、その対処法は以下の通りです。

電車や地下鉄の中

-ストラップや手すりにつかまってください。
-電車が止まっても、非常ハンドルを使ってドアを開けたり、窓から飛び降りようとしたりしないこと。
-職員の指示に従い、冷静に行動すること。

自動車を運転している場合

-ハンドルをしっかり握り、徐々にスピードを落とし、道路の左側に停車してエンジンを切る。
-揺れが収まっている間は、落ち着いて状況を確認し、ラジオのニュースを聞く。
-避難する必要がある場合は、車に鍵をつけたまま、車を閉めない。車の車検証などの貴重品を取り出し、きちんと歩いて避難する。

2.ガスの元栓を閉め、ドアや窓を開ける

地震が起きたらすぐにガスの元栓を閉め、電気製品や電気に接続されている電子機器のプラグを抜いて、火災の可能性を避けなければなりません。地震を感知すると自動的にガスの供給が遮断されますが、用心しておいた方が良いでしょう。遅刻してきて、すでに電化製品による小さな火災が発生していた場合は、冷静になって初期消火に努めなければなりません(可能であれば消火器を使用し、不可能であれば利用可能な手段を用いて)。

また、扉や窓を開けて避難口となるようにしなければなりません。地震が発生すると、ドアや窓枠が変形して開けられなくなることがあります。そのため、出発時には開けられるだけのドアや窓を開けておくことをお勧めします。同じように、地震が起きてからではなく、地震が始まってからガスを切った方が良いでしょう。ただし、これまで述べてきたように、一番大切なのは自分自身の完全性と物理的な安全性なので、これらの行動を行うのは、悪化する前に時間を与えることが明確に分かっている場合にのみ、前に行うことをお勧めします。

3.避難して全員が無事であることを確認する

地震が終わって、家の中で(地震で混乱している可能性のある範囲内で)すべてが整うことを確認したら、いよいよ避難する時が来ました。この時点で考慮すべきことがいくつかあります。

まずは、避難する際に被害に遭わないようにすることです。

★ お気に入り追加