石川県で震度7の大地震!津波や余震などニュース情報【能登半島地震】

更新日:
ガガログ編集部
津波

2024年1月1日午後4時10分、石川県能登地方を震源とする最大震度7の地震が発生しました。気象庁の報告によれば、震源地は石川県能登地方で、震源の深さは非常に浅く、地震の規模を示すマグニチュードは7.6と推定されています。緊急地震速報と大津波警報の確認、余震が続いておりますので、気をつけてください。

石川県で震度7の地震

この地震により、日本海側の広範囲で震度5強以上の揺れが観測されました。

石川県では、能登半島の能登町志賀で震度7、七尾市、輪島市、珠洲市、穴水町で震度6強、中能登町、能登町で震度6弱の揺れが観測されました。

新潟県では、長岡市で震度5強、小千谷市、加茂市、十日町市、出雲崎町、魚沼市、田上町、湯沢町、津南町、新発田市、村上市、胎内市、聖籠町、弥彦村、関川村で震度5弱の揺れが観測されました。

この地震により津波が発生しています。
地震が発生した場所の近くに住んでいる人は、津波の発生に警戒しておく必要があります。

地震による被害は、石川県能登地方を中心に広範囲で発生しました。石川県では、多数の家屋が倒壊または損壊し、道路や橋梁の損壊、ライフラインの断線など、交通や生活に大きな影響が出ました。新潟県でも、一部の家屋が倒壊または損壊し、道路や橋梁の損壊、ライフラインの断線など、交通や生活に影響が出ました。

地震発生後、石川県と新潟県では、余震が多数発生しています。気象庁によると、今後も震度5強以上の余震が発生する可能性があるとのことです。

この地震は、日本海側の広範囲で大きな被害をもたらしました。今後も余震への警戒が必要です。地震に遭遇した際は、まずは自身の安全を確保し、適切な行動を取ることが重要です。また、地震の情報は定期的に更新されるため、最新の情報を得るためには信頼性の高い気象情報サイトやニュースサイトをご覧ください。

地震による被害を最小限に抑えるためには、事前の準備と知識が重要です。地震に備えて、非常用品を揃え、避難経路を確認しておくことをお勧めします。また、地震が発生した際の行動について家族で話し合うことも大切です。

日本で地震が起きたらどうする?地震対策基本ガイド

1. テーブルや硬いものの下に隠れる

地震で一番大切なのは自分の身を守ることです。日本政府や所轄官庁はそれを明確にしていて、訓練や地震が起きた時には必ずと言っていいほど繰り返し伝えているのが、一番大切なのは自分の身の安全だということです。

学校で地震訓練をしている子どもたちが机の下に隠れている姿を見たことがある人もいるかもしれません。また、日本の子どもたちが地震に直面したとき、なぜ最初に机の下に隠れてしまうのか不思議に思ったことがある人もいるかもしれません。

これには簡単な説明があります。地震の時には、大小を問わず、物が落ちてくる可能性が高いからです。棚から本や花瓶まで。そのため、落下する可能性のあるものから身を守れる場所に隠れることが第一歩です。

机やテーブルの中に全身を入れられるのが理想ですが、それができない場合は、物による一撃を受けた場合に最も敏感な部位である頭部を守ることが最も重要です。そのため、頭から始めて、可能であれば全身を置くことを常に強調しているのです。

自分が通りで捕まった場合は、特に任意の壁に閉じてください。おそらく、自分たちは自分の身を守るために、近くにある壁を探して、そこに身を寄せてしまうのでしょう。
しかし、強い地震の時には、壁が倒れたり、崩れたりする可能性が高いのです。
建物や機械からできるだけ離れて、例えば道路の真ん中などに身を置きます。そして、身をかがめて、バッグやリュックサックなどで頭を覆うようにします。

その他にも、地震が起きたときに遭遇する可能性のある状況と、その対処法は以下の通りです。

電車や地下鉄の中

-ストラップや手すりにつかまってください。
-電車が止まっても、非常ハンドルを使ってドアを開けたり、窓から飛び降りようとしたりしないこと。
-職員の指示に従い、冷静に行動すること。

自動車を運転している場合

-ハンドルをしっかり握り、徐々にスピードを落とし、道路の左側に停車してエンジンを切る。
-揺れが収まっている間は、落ち着いて状況を確認し、ラジオのニュースを聞く。
-避難する必要がある場合は、車に鍵をつけたまま、車を閉めない。車の車検証などの貴重品を取り出し、きちんと歩いて避難する。

2.ガスの元栓を閉め、ドアや窓を開ける

地震が起きたらすぐにガスの元栓を閉め、電気製品や電気に接続されている電子機器のプラグを抜いて、火災の可能性を避けなければなりません。

地震を感知すると自動的にガスの供給が遮断されますが、用心しておいた方が良いでしょう。
遅刻してきて、すでに電化製品による小さな火災が発生していた場合は、冷静になって初期消火に努めなければなりません(可能であれば消火器を使用し、不可能であれば利用可能な手段を用いて)。

また、扉や窓を開けて避難口となるようにしなければなりません。地震が発生すると、ドアや窓枠が変形して開けられなくなることがあります。そのため、出発時には開けられるだけのドアや窓を開けておくことをお勧めします。同じように、地震が起きてからではなく、地震が始まってからガスを切った方が良いでしょう。

ただし、これまで述べてきたように、一番大切なのは自分自身の完全性と物理的な安全性なので、これらの行動を行うのは、悪化する前に時間を与えることが明確に分かっている場合にのみ、前に行うことをお勧めします。

3.避難して全員が無事であることを確認する

地震が終わって、家の中で(地震で混乱している可能性のある範囲内で)すべてが整うことを確認したら、避難する際に被害に遭わないようにすることです。

特集
ガガログ