女優の芦名 星(アシナセイ)さん、自殺の疑いで遺体で発見!「テセウスの船」「AI崩壊」に出演

エンタメ芸能ニュース特集

ホリプロに所属する女優の芦名星さんが月曜日の朝、東京都内の自宅マンションで遺体で発見されました。現場の状況から自殺のようです。

ファッションモデルとしてのキャリアをスタートさせた36歳の芦名星さんは、NHK時代劇『八重の桜』や警察ドラマ『相棒』など数々の映画やテレビシリーズに主演。

福島県出身の芦名星さんは、2007年の映画『シルク』でも、マイケル・ピットとキーラ・ナイトレイが演じるフランスの養蚕師とその妻が、19世紀の日本に蚕を求めて旅をするというイタリアの同名小説を映画化した作品に出演しています。

芦名は、2011年にアメリカで放送されたテレビシリーズ「リベンジ」の日本語版で主人公エミリー・ソーン役で声優デビューし、最近ではテレビシリーズ「テセウスの船」や1月公開の映画「AI崩壊」にも出演しています。

★ お気に入り追加