日本の祝日と特別な行事は?年間カレンダーの祝日と意味や由来を説明!

祝日カレンダー特集

日本は自由な日や休日がほとんどなく、過労死する国だと言われています。ある程度は本当です。
外国と比べると、企業で休暇を要求できる日数は非常に少ないです。しかし、それを補うために、年間で最も祝日が多い国でもあります。祝日の中には、単純に一日だけのものもあれば、長い週末や丸一週間のものもあります。

もしあなたが旅行しようとしているのであれば、これらの祝日を知っておくことは重要だと思います。
ここでは、日本の祝日の一覧と、その祝日の由来について簡単にご紹介します。

2020年の日本の祝日

正月休み

日本では中国の旧暦に基づいたお祝いや伝統もありますが、1948年からは欧米と同様に1月1日に新年を祝います。ほとんどの企業は12月29日か30日から1月3日まで休みます。1月1日には、神社やお寺に初詣に行くのが伝統となっています。

成人の日

成人の日は、1月の第2月曜日に行われます。今年20歳になった人、または20歳になる人が成人を祝う日です。日本では4月から3月までなので、昨年の4月から今年の3月までの間に20歳になった人、または20歳になる予定の人が対象となります。日本では20歳になると成人となります。

成人のお祝いは日本全国で行われていますが、中でも人気なのが千葉県の浦安で行われる成人のお祝いです。浦安に住んでいる人は、東京ディズニーランドで成人式を行うことができます。多くの人の羨望の的です。

建国記念日

この日は、日本が国になった日を祝う日です。日本の皇室の起源は、半分は神話です。日本の皇室の起源は、神道の太陽神である天照大御神(アマテラス)に由来すると言われています。天照大御神の孫である神武天皇が初代天皇となった。日本の初期の年表である『古事記』によると、神武天皇は2月11日に即位されました。

天皇誕生日

日本では昨年4月に天皇の交代があったので、2月23日と24日が祝日になるのは今年が初めてだと思います。というのも、日本では昨年4月に天皇の交代があったため、12月23日に祝われていました。しかし、今年は2月23日の成仁の誕生日に変更されました。ただし、2月23日は日曜日なので、祝日は24日(月)に振り替えられています。

春分の日(3月20日)

他の多くの国と同様に、日本にも四季があります。そして、北半球にあるレイズで起こるように、夏には日が長くなります。異なる文化では、夏を迎えるために異なるお祝いがあります。日本では、毎年3月20日と21日の間に春分の日を祝います。

ゴールデンウィーク

4月の終わりから5月の初めまでの間に、4つの連休があります。4月29日と5月3日、4日、5日です。中間日(4月30日と5月1日、2日は週の途中で落ちた場合)も休みにする企業が多く、これらの日の前後に休みを取って1週間以上集まる人も多いようです。日本ではいわゆるゴールデンウィークと呼ばれるものですね。

それでは、ゴールデンウィークを構成する祝日について説明します。

昭和の日(4月29日)

昭和の日は、1901年4月29日生まれで1989年に亡くなった昭和天皇の誕生日を祝う日。第二次世界大戦中に在位したことで物議を醸した天皇。在位中の1948年、彼は誕生日を国民の祝日とすることを公布した。彼の死後、この祝日は廃止され、2007年に再導入された。

しかし、もはや単なる “天皇誕生日 “ではなく ヒロヒトの激動の時代に思いを馳せる日なのです。戦争のことも、みんなの努力のおかげでその後の日本経済の奇跡のことも。ある意味では、二度と犯してはいけない過ち(第二次世界大戦での日本の役割)や、後に引き継がれた苦労を考え、思い出す日でもありますが、新しい世代のモチベーションを高める日でもあります。

憲法記念日

憲法記念日は、現在の日本国憲法である1947年憲法が公布された日です。日本の民主主義と政治を振り返る日です。第二次世界大戦で日本が降伏してから 2年間、日本とアメリカのダグラス・マッカーサー元帥が協力して新憲法の起草を行い、明治天皇の誕生日である1946年11月3日に批准され、1947年5月3日に発効しました。2020年には3日が日曜日であるため、祝日は6日に変更されています。

ちなみに、この日は反省するだけでなく、国会議事堂が唯一公開されている日なので、国会議事堂を見学する風習もあります。

海の日

海の日、海の恵みに感謝する日です。島国である日本にとって、海はとても大切なものです。この日には、今年も一年の繁栄を祈ります。

しかし、明治天皇が東北・北海道を横断する海上航海を終え、無事に横浜港に帰港されたことを記念して作られました。 1995年に政府がこの日の名称とプロポーザルを変更したのが始まりです。

7月の第3月曜日に祝われていた「海の日」ですが、2020年には東京オリンピック開会前日の7月23日に変更されました。

体育の日(7月24日)

体育の日は、1964年に東京で開催された夏季オリンピックの開幕を記念して、スポーツだけでなく、心身の健康とアクティブなライフスタイルを推進したいという思いから、スポーツの日としても知られています。最初は、この日は常に10月10日(東京オリンピックが始まった日)だったが、今日では10月の第2月曜日に祝われています。しかし、2020年になってからは、オリンピックのために7月24日に変更されました。

この日には、多くの学校や企業が運動会や運動会を開催し、スポーツに関連した活動を行います。

山の日(8月10日)

2016年から「山の日」が祝われており、日本では最も新しい祝日となっています。 2014年5月には、毎年8月11日に「山の日」を国民の祝日として祝うことが発表されました。しかし、2020年には他の国民の祝日と同様に日付が変更され、8月10日になります。

これまで説明してきたように、ごく最近の祝日ですが、この日を利用して東京近郊の高尾山など、近くの山への遠足に出かけてもらおうとしているようです。また、一部の山では、この日を利用してイベントを開催するところも出てきています。

お盆(8月13日~16日)

お盆は、ご先祖様を偲ぶ仏教の行事でもあります。通常、お盆は8月13日から15日までですが、地域によっては7月中旬に祝うところもあります。これは、お盆が旧暦では8月ですが、太陽暦では7月にあたるためです。しかし、お盆は仏教のお祭りなので、ほとんどの人が本来の太陰暦を使っています。お盆には先祖の霊が現世に帰ってきて親戚に会いに行くと信じられています。

お盆は実際には祝日ではありませんが、この時期には多くの企業が従業員が故郷に帰り、先祖に敬意を表することができるように、数日の臨時休業を行います。日数や日程は会社や人によって異なります。しかし、これらの日程で日本に旅行に行く場合は、ほとんどの交通機関が混雑することを覚えておき、事前に予約をしておいた方が良いでしょう。

敬老の日(9月21日)

毎年9月の第3月曜日は、敬老の日と呼ばれる、高齢者を敬う日で、生きている間の努力と努力に感謝と敬意を表す日です。この祝日は1996年に始まり、9月15日に行われていましたが、2003年からは「敬老の日」に変更されました。しかし、2003年から「ハッピーマンデー」として9月の第3月曜日に変更されました。

数年前から、日本政府は「ハッピーマンデー」と呼ばれるものを実施しようとしています。これは、月曜日に祝日を増やして、少なくとも3日は休めるようにするというものです(過労自殺が多発しており、政府はそれを止めたいと考えています)。

秋分の日(9月22日)

そして、季節の変わり目と寒さの到来を告げる秋分の日があります。この日は通常、年によって22日か23日の間で変わります。伝統的には、この日は先祖のお墓参りに使われていましたが、今日ではほとんどの人がこの伝統を果たしています。また、敬老の日と重なることから「シルバーウィーク」と呼ばれています(ゴールデンウィークよりも短いため)。この時期は電車や道路が混雑します。

文化の日(11月3日)

文化の日は、その名が示すように、文化や芸術の振興を目的とした祝日です。この日には、美術館や博物館、ギャラリーなどで美術展やパレード、文化祭、無料見学会、特別イベントなどが行われるのが一般的です。

勤労感謝の日(11月23日)

そして最後の国民の祝日である勤労感謝の日、または勤労感謝の日。長時間労働の国では、仕事や生産を記念して、人に感謝する日があってもおかしくありません。以前は収穫祭でした。

日本の祝日

日本の祝日といえば何を思い浮かべますか?たくさんありますよね!旅行を計画している方は、ぜひ事前にこのリストをチェックしてみてください。
祝日以外にも、いくつかの特別なお祝いの日があります。

★ お気に入り追加