お金を貯めるための最高の理由9選とは?

お金を貯める必要があることはわかっているし、お金を貯めるためのルールもいくつか知っているでしょう。

しかし、なぜ節約がそれほど重要なのか考えたことはありますか?
誰もが「できるだけ節約しなさい」と言うからではありません。それ以外にも、お金を使うのではなく、お金を貯めることを納得させたり、やる気にさせたりする理由はたくさんあります。

しかし、人はそれぞれ異なりますし、経済状況も異なりますから、節約がそれほど重要な理由を1つに絞ることはできません。ですから、自分が人生のどの段階にいようとも、最終的に貯蓄を習慣化するために、これらの選択肢を検討してみてください。

不測の事態に備えて

緊急事態はいつでも起こるものですが、家の水漏れや車の大規模な修理については、多くの人が考えもしないほど稀なことです。どちらも非常に高額な費用がかかるため、緊急事態に備えておかないと大変なことになりかねません。

起こらないかもしれないことのためにお金を貯めるのは難しいかもしれません。しかし、何が起こるかわかりません。特に、自分の責任ではない緊急事態の場合はなおさらです。何かあったときには、貯金していてよかったと思えるはずです。



老後の準備

老後の生活を計画・準備している方は、すでにお金を貯めているかもしれません。退職後は、年金をもらっていたときよりも少ない金額で生活しなければならないため、支出の習慣を調整する必要があるかもしれません。

しかし、早期に貯蓄を開始していれば、キャリアを終えた後に快適な生活を送るのに十分な資金があるはずです。また、年齢を重ねるごとに起こる可能性のある医療問題にも、この余分なお金が役立ちます。

子供のために

子供が生まれてから18歳になるまで、自分は子供を扶養する義務があります。多くの親は、18歳を過ぎても、特に大学時代や大学入学直後から子供をサポートし続けるでしょう。もちろん、いつまでも子供を養いたいとは思わないでしょうが、それでも子供が快適な生活を送れるように、できる限りのことをするでしょう。

自分の貯金は、彼らの個人的な銀行である必要はなく、むしろ彼らが人生の最高のスタートを切れるようにするためのものです。子供の教育費、車の購入費、初めての家の購入費などに使うことができます。

ご両親をサポートするために

ご両親が経済的に困難な状況に陥り、これまでのライフスタイルを全面的に見直した場合などには、ご両親をサポートする必要があります。親をサポートするには、医療費の支払いも必要ですが、特に緊急時に備えて、相続対策も検討しておく必要があります。

多くの親は高齢になっても自立した生活を続けていますが、病気のために自分の家に引っ越さなければならないこともあり、その場合は追加料金が発生します。また、介護施設への入居も考えられますが、これにも費用がかかります。



自分自身を支えるために

願わくば、職を失うことなく、少なくとも次の給料がどこから来るのかわからないような状況に陥ることはないでしょう。しかし、不況や職場の自動化の心配もあり、自分が余ってしまうこともあるでしょう。

この時期に苦労したくないので、仕事を探す間の数ヶ月間を乗り切るために、十分な額の貯金が必要です。この時期に貯金を使うのは心苦しいですが、どうにかして浮き足立つ必要があります。

自分へのご褒美

たまにお金を使うことに罪悪感を感じることはありません。お金を貯める大きな理由のひとつは、自分へのご褒美です。自分へのご褒美のためにお金を貯めるのもいいかもしれません。以前から何か特別なものを買いたいと思っていたなら、お金を貯めることで、お金の使い方や価値観を学ぶことができます。

気の向くままに贅沢をする必要はありません。経済的に余裕のある人は、他の人よりも頻繁に自分にご褒美をあげることができるかもしれません。必要なものであれ、贅沢なものであれ、誰もがたまには自分にご褒美をあげるべきなのです。

投資について

投資は、もはやお金持ちの遊びではありません。今年は、適切な投資を行えば、ごく普通の人でもお金を投資して素晴らしいリターンを得られることを教えてくれました。

しかし、このような例は稀であり、多くの人は経済的に余裕があるときにのみ貯蓄や投資を行います。リスクはありますが、新興市場で有望な銘柄を選ぶことで、素晴らしい結果が得られるかもしれません。



息抜きに

ここ数年、ノンストップで仕事をしてきた人は、一息つきたいと思っているはずです。人間は指の骨まで働かなくてもいいはずだ。オフィスから離れて、人生を再構築する必要があるのです。

衝動買いをしない人や、まだ老後のことを考えていない人にとっては、自分を休ませるために貯金をする以上の理由はありません。できるだけ多くのお金を貯めることで、好きな場所で贅沢な休暇を過ごすことができるのです。夢のバケーションは人それぞれですから、山やビーチ、大都会など、貯金があれば余裕を持って楽しめます。

ストレス解消

お金の問題とストレスの関係については誰もが知っていますが、多くの人にとって、貯金はストレスを大幅に軽減する素晴らしい方法です。銀行口座はあまり健全ではないかもしれませんが、貯金口座は健全です。

これにより、月や年に何か問題が発生しても、バッファを確保することができます。つまり、緊急であろうとなかろうと、突然の出費を心配する必要がないのです。お金を貯めることを習慣にすれば、ストレスレベルの解消にもつながり、生産性や友人・家族との関係にも良い影響を与えることでしょう。

スーパーセーバー

老後の生活に備えて、あるいは自分自身の安全を確保するために、あるいはいざというときに自分にご褒美をあげられるように、貯金をする理由はどこにでもあるはずです。お金があるからといって、それを使う必要はありません。給料日ごとに、どれだけのお金を使えば、快適な生活を送れるかを考えてみてください。