Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
Post Type Selectors

子供・幼児に毎日歯磨きをさせる方法

歯磨きを嫌がるお子さんがいるのはよくあることです。では、どうすれば毎日の歯磨きをさせることができるのでしょうか?

子どもに毎日歯磨きをさせる方法

子供たちの中には、こちらがお願いした活動を抵抗し、拒否する子がいるのはよくあることです。最初の歯が生えたら、すぐに歯磨きを開始することが重要です。そして、歯が生え揃うにつれて、口の中全体をきれいにする習慣をつけることが大切です。そうしないと、病気のリスクが高まります。ここでは、毎日の歯磨きを嫌がる子どもたちに、この健康的な習慣への関心を高めてもらうための方策をご紹介します。

口腔衛生習慣を維持することは必ずしも簡単ではありません。子どもは歯磨きを嫌がることがよくありますし、年長の子どもや青年は口腔衛生を忘れたり、反抗したりすることがあります。そのため、難しいことではありますが、お子さんに付き添ってお口のケアの大切さを教えることは、自分の仕事です。

子どもの歯磨き

子どもたちが毎日歯を磨きたくなるような方策に注目する前に、歯磨きについていくつかの点を理解することが重要です。なぜそうするのか、小さな子供の年齢に応じてどのように行うのかを理解することは、自分の助けになるです。

赤ちゃんの歯ぐきをきれいにする

口腔内は、最初の歯が生える前から衛生的にする必要があります。そのためには、清潔な濡れたガーゼやシリコン製の綿棒で、赤ちゃんの歯ぐきを拭いてあげるとよいです。こうすることで、幼い頃から口の中を清潔にすることに慣らすことができます。

柔らかい糸ようじを使う

最初の歯が生えたら、柔らかい毛のブラシとフッ素入り歯磨き粉を使って、歯のクリーニングを始める時期です。ペーストは米粒より小さいものを少しずつ塗るようにします。乳歯がすべて生え揃ったら、大人は毎日、少なくとも1日2回、子どもの歯をきれいにするよう気を配る必要があります。

歯磨きをする幼児

歯と歯ぐきと同じように、舌もきれいにする必要があります。柔らかい歯ブラシとフッ素入りのペーストを使うとよいです。

舌の洗浄

お子さまの口の中にあるすべての歯の側面をそれぞれきれいにするようにするとよいです。どの部分も忘れないように、順番に行うのが効果的です。最後に、舌もきれいにし、歯磨き粉を飲み込まずに吐き出させるようにします。

病気を予防する

子どもが自分で歯みがきができるようになるまで(6~8歳頃)、保護者が歯みがきをしましょう。その後、親が一緒に行う、つまり歯磨きの時間を覚えさせ、監督することが大切です。

お子さまのお口の中を消毒しないと、虫歯や歯肉炎などのお口の病気のリスクが高まります。乳歯は抜けて生え替わりますが、幼少期の基本的な役割を担っています。そのため、大人がケアしてあげることがポイントになります。

子どもが毎日歯を磨きたくなる工夫

お子さまのお口をきれいにする正しい方法はおわかりいただけたと思います。しかし、自分のお子さんは歯磨きを我慢している子の一人かもしれませんので、モチベーションを上げるために、いくつかのコツを実践する必要があります。

参加させる

大人が実際に歯磨きをする一方で、子供に歯磨きをさせる方法の1つは、子供にある程度の作業をさせることです。歯ブラシを与えて自分で使わせたり、一緒に遊んだりすることで、この活動に慣れさせ、興味を持たせることができます。

もうひとつの方法は、子どもが仕事を始めて、親が仕上げ磨きをすることです。こうすることで、子どもは自分の体のケアに参加し、自分の責任を感じることができます。また、スーパーやドラッグストアに行き、自分で歯ブラシや歯磨き粉を選ばせるのもいいです。そうすることで、それらを口の中で使いたいというモチベーションを高めることができます。

鏡を使う

小さな子どもは、歯磨きをしているときに口の中がどうなっているのか見えないことがよくあります。鏡の前に座らせて、歯磨きをしているところを見せ、なぜそれが大切なのかを説明すると、歯磨きへの協力意欲が高まります。鏡を見たり、口を大きく開けたり、顔を出したりしながら磨くのも楽しいひとときになります。

お話や歌を使う

歯磨きに関するお話をしたり、本を買ってあげたりすると、子どもは衛生管理の大切さを理解するようになります。

また、歯磨きの時間に、子どもが好きな口腔衛生に関する歌を歌ったり、演奏したりするのもよいです。毎日それを聴きながら歯を磨くことで、その状況を特別で楽しいものにすることができます。さらに、音楽のリズムや長さを利用して、歯磨きを続ける時間を示すこともできます。

遊びの工夫

小さな子どものやる気を引き出すには、遊び心が強い味方になります。たとえば、歯の数を数えたり、歯の名前を作って掃除したりする遊びがあります。さらに大きくなったら、歯垢を落とすタブレットを使ったり、時間をかけてすべての歯をきれいにしたりと、さまざまなチャレンジをすることができます。

小さなお子様にご褒美を

ポイント

目標表を作成し、ブラッシングが完了するたびに印をつけると、週明けにご褒美と引き換えにポイントを加算することができます。ただし、ご褒美は口の健康を脅かすような甘いものであってはならないことを明確にしましょう。例えば、お口をきれいにして寝る代わりに、おやすみなさいのお話をするのは、とてもよい動機づけになります。

年長の子供には、歯磨きのご褒美として、好きなドラマを1話見ることを許可することもできます。

子どもが毎日歯を磨きたくなるような工夫と根気強さ

口腔衛生は、親の根気と多くの忍耐によって築かれる習慣です。子どもが歯磨きをしたがる日と、そうでない日があるはずです。

子どもの口腔衛生をおろそかにしないためには、大人の役割を理解することが重要です。歯を清潔に保つことの必要性を説明し、教え、この瞬間が楽しくなるように代替手段を探すことも、自分の仕事の一部です。

お子さんのお口を健康に保つ秘訣は、自分の意欲と根気強さにあります。自分の創意工夫で、きっとお子さんにとって一番便利な歯磨きが見つかるはずです。



あわせて読みたい