離婚や別れた時に罪悪感を持たずに対処する5つの方法

多くの人が人生で一度は経験するであろう、恋愛の終焉は難しいものです。

離婚も急増しています。交際期間が長かった場合や、多くのことを共有していた場合は特に、交友関係や恋愛感情を失うことへの対処は苦痛を伴います。

不健康な方法で別れに対処すると、事態はさらに悪化し、過去にとらわれてしまうことになります。

では、このような辛い状況にはどのように対処すればよいのでしょうか?

罪悪感なく前に進むための、離婚や別れに前向きに対処する5つの方法をご紹介します。

離婚や別れに前向きに対処する5つの方法

1.自分の気持ちを表現する

立ち直るための最初のステップは、自分の気持ちをはっきりと表現することです。
多くの人は、離婚で別れた相手よりも良くならなければならないというプレッシャーから、自分の感情を抑圧してしまいがちです。

しかし、感情を抑圧すると、その感情が高まり、さらに悪化して、ポジティブな考え方ができなくなってしまいます。

離婚などで別れたときに経験する感情にはさまざまなものがあります。

ショックを受けたり、否定したり、泣いて悲しんだりするかもしれません。裏切り、痛み、屈辱を感じるかもしれません。

おびえたり、怒ったり、無関心になったりするかもしれません。受け入れたり、安心したり、希望を感じたりするかもしれません。

何を感じても、それを認め、述べ、表現してください。悲しみや喪失感は複雑なもので、多くの段階があり、自分でも混乱するような段階を経験することも珍しくありません。

最悪の感情を抑えたいと思うのは自然なことですが、それを直視することで、別れをよりよく管理し、対処することができます。自分の気持ちを自分で判断しないでください。

自分の感情を観察し、それを認め、受け入れ、自分を労わりながら前に進んでいきましょう。

嫌な気分になってもいいし、悲しんでもいいし、しばらくの間、とても大丈夫とは言えない状態になってもいいのです。そのようにしてください。

2.相手を思い出すことをやめる

離婚で別れたばかりの頃は、周りのものが別れた相手のことを思い出させます。

だからこそ、前に進むためには、できるだけその記憶と縁を切る必要があります。
その方法をご紹介します。

記憶の引き金になるものを捨てる

元彼と長く付き合っていた場合、元彼の記憶を呼び起こすようなアイテムをたくさん所有している可能性があります。
その中にはポジティブな記憶もあるかもしれません。

しかし、別れの痛みや感情から立ち直ろうとしているときに、それらの思い出が心の痛みを引き起こすことがあります。

元彼に連絡を取りたくなったり、精神的な苦痛を与えたりするものがあれば、家から撤去しましょう。

相手が残したアイテムを梱包して後で送ったり、心の琴線に触れるような相手がくれた古いプレゼントを片付けたり捨てたりすることもできます。

処分したくなければ、永久に処分する必要はありません。
ただ、目につかないように、心に残らないようにしましょう。

ソーシャルメディアから離れる

元カレをストーキングしたり、恋する人の投稿を見たりしないでください。昔のメッセージを読み返さないでください。
元彼と交流している人のページをスクロールしないでください。

健康に良くないし、何の得にもなりません。

少なくとも、安全にネット上の存在に戻れるようになるまで、数日間はソーシャルメディアから距離を置く必要があるでしょう。

すべてがうまくいかない場合は、ソーシャルメディアで元カレをブロックするか、ミュートにしましょう。

連絡を取らない

どんなに円満な別れであっても、少しは一人の時間が必要です。

考えを整理し、立ち直り、強い感情を抑えてから、再び連絡を取る準備をする必要があります。

まだ相手との関係が良好な場合は、境界線を設定して、一人になりたいことを相手に伝えましょう。

厄介な別れ方をした場合は、相手をブロックして縁を切ることもできます。

相手のことを話さない

別れたことを嘆いたり、支えてくれる友人や家族に相談して処理したりすることは問題ありませんし、健全でもあります。

しかし、元カレの名前や以前の関係を匂わせるような話を日常的に続けるのはよくありません。

関係のないことでも、ついつい話題にしたくなるものです。やめましょう。

3.自分のことを考える

人間関係とは、一緒に何かをすることです。独立した今、自分の人生は自分のために集中できるようになりました。

自分のことばかりを考えていると、自立することの素晴らしさを思い出すことができ、独身生活をポジティブに受け入れることができます。

そのための方法をいくつかご紹介しましょう。

自分の好きなことをする

健全な人間関係であっても、時間とエネルギーは必要です。
そのため、元旦那や元カレと一緒にいる間にできなかったことがあるかもしれません。

趣味の時間を十分に取れなかったかもしれません。

相手がアレルギー体質だからといって、ある種の食べ物を食べるのを避けたかもしれません。
いずれにしても、もう相手とは付き合っていないのですから、自分のやりたいようにやればいいのです。

付き合っていたときにはできなかったような、好きなことに夢中になってみてはいかがでしょうか。

やってみたかったことをやる

ずっとやりたいと思っていても、まだできていないことがあるかもしれません。今がそのチャンスです。

新しいことに挑戦したり、新しい経験をしたり、バケットリストを埋めたりすることは、自分の心と体を豊かにしながら気晴らしをするのに最適な方法です。

健康的な発散方法であり、自己啓発にも役立ちます。

これは、別れに対処するための前向きな方法です

自分を大切にする

別れた後にダイエットをしたり、ジムに通ったりするのはよくあることですが、それは本当の意味での”自分自身のケア”ではありません。

別れた後に自分をケアする目的は、元カレのためにセクシーになることではありません。

別れた後に自分をケアする目的は、元カレのためにイケてる自分を演出することではなく、自分自身が気持ちよく過ごせるように、体に栄養を与えて、気持ちを高めて自信を持つことです。

そのためには、自分の体が喜ぶことをしましょう。
少しの運動、より健康的な食べ物の選択、より良いセルフケアなどがそのための方法です。

自尊心を高める

もし自分が別れた人だったら、自分のことを悪く思っているかもしれません。
自分の自尊心は、別れたことで傷ついているかもしれません。

そこで、自尊心を取り戻すことに集中しましょう。
自分の好きなところを見つける。

自分の強みを考えて、それを自分で持ち上げる。
別れたことは、自分の価値とは関係なく、関係の全体的な健全さと相手の変化に関係しています。

だから、自分を誇大評価しましょう

4. 別れている間にサポートを求める

ポジティブシンキングを向上させるためには、特にストレスが溜まっているときには、社会的なサポートが不可欠です。
別れた後に孤立して一人で頑張ろうとしても、自分を傷つけるだけです。

また、外部からの視点は、自分が見落としていた重要な洞察力や視点を与えてくれます。
ここでは、サポートを求める方法をいくつかご紹介します。

大切な人に話す

家族や友人に吐き出してもらい、必要であればアドバイスを求めましょう。
別れを経験して見事に立ち直った大切な人を探しましょう。

信頼できるサポートシステムと定期的に顔を合わせて、自分を最も大切に思っている人たちと一緒に楽しみましょう。

新しい友達を作る

別れた後は、次のリバウンド恋愛に飛びつきたくなるものです。
新しい恋人を探すのではなく、新しい友人を探しましょう。

恋愛市場から離れて、クラブやグループ、さらにはオンラインコミュニティで新しい友達を作りましょう。

趣味や興味のあるグループに参加したり、新しいクラスに参加したり、組織でボランティアをしたりして、新しい人と出会いましょう。

必要に応じて専門家の助けを借りる

別れの影響が大きい場合は、セラピストやカウンセラーなど、その分野の専門家から外部のサポートを受けることは恥ずかしいことではありません。

自分を批判せず、助けてくれる訓練を受けた人に心を開くことで、別れを乗り越えるために必要なツールを得ることができます。

5.なぜ別れたのかを思い出す

ある時点で、別れなければよかったと思うことがあるでしょう。

そんなときは、「なぜ別れなければならなかったのか」を思い出してみましょう。変化は人生の一部であり、成長には欠かせないものです。

自分の関係が運命的なものでなかったとしても、それには理由があります。

ここでは、別れた理由を思い出すためのいくつかの方法をご紹介します。

関係の苦悩を思い出す

関係が終わるのは、”良すぎる”からではありません。悩みや困難があって、最終的にどちらかが続けるには無理があると判断して終わるのです。

自分が直面した苦悩は、自分が戻りたくないものなので、その苦悩が自分をどのように感じさせたか、そしてその苦悩から解放されたことがどれほど良いことかを思い出すことで、自分自身が前に進むことができます。

また、元カレが浮気をした、虐待をした、何度も嘘をついたなど、その関係性の中で自分が特に不当な扱いを受けていた場合は、今は解放されたそれらの有害な特徴や行動を思い出してみてください。

記憶を現実的に見直す

研究によると、経験に関するポジティブな感情は、ネガティブな感情よりも長く残ることがわかっています。
つまり、元カレとの思い出の多くは、バラ色に染まっている可能性があります。

思い出を振り返って、現実的に考えてみましょう。

一緒に過ごした夏休みは完璧だったのか、それとも一緒に旅行することが必要以上にストレスだったと気づいたのか。自分がつらいとき、相手はいつもとても助けてくれましたか?

それとも、相手のサポートを得るために戦い、なぜそれが必要なのかを理解してもらうのに苦労しましたか?

記憶を偽りで彩らないでください。現実を思い出して、澄んだ目で自分の過去を見てください。

選択を支持する

元彼と別れることを決めたのなら、その決断を支持しましょう。

理由があって別れたのに、今は感情が判断を鈍らせ、その理由を忘れてしまっているかもしれません。

そして、もし自分が別れたのであれば、たとえその理由が自分に戻ってきたとしても、それを守りましょう。

自分には平穏に前に進む権利がありますが、元カレが自分の感情を弄んでいては、それができません。

後回しにするのはやめて、立ち直るための努力を始めましょう。

最後に、罪悪感を持たずに前に進むための前向きな別れの対処法をご紹介します。
別れは普遍的な経験ですが、それを乗り越えるには苦痛を伴います。

別れに前向きに対処することで、後悔や罪悪感なく前に進むことができます。