Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

ヨーグルトを使ったスムージーのレシピはどうすればいいですか?

 

スムージーは爽やかで美味しく、カスタマイズ性が高いので、美味しさだけでなく栄養価の高いメニューを作ることができます。お気に入りのスムージーにヨーグルトを加えると、タンパク質やカルシウムなどの重要な栄養素を摂取することができます。スムージーには、ミルクセーキのような濃厚なテクスチャーのギリシャヨーグルトが最適ですが、普通のヨーグルトでも代用できます。

脂肪分を気にしている方は、低脂肪のヨーグルトをスムージーに入れると、高脂肪のヨーグルトと同じように美味しくいただけます。スムージーに余分な砂糖や甘味料を加えないためには、フルーツや人工的な(あるいは天然の)フレーバーを使用していないヨーグルトを使うようにしましょう。

ヨーグルトの他にも、牛乳や代替ミルク、ナッツバターやプロテインパウダー、お好みの具材を加えれば、おいしいスムージーができます。制限は自分の想像力だけです。ここでは、ヨーグルトを食べることの利点と、素晴らしいスムージーのレシピをいくつかご紹介します。どうぞお楽しみください。

ヨーグルトの健康上の利点は何ですか?

ヨーグルトには、タンパク質、カルシウム、カリウムが豊富に含まれており、さまざまなビタミンやミネラルを摂取することができます。最も重要なのは、ヨーグルトに含まれるプロバイオティクスが免疫系と消化器系をサポートすることでしょう。

さらに、1食分でヨウ素、亜鉛などの重要な栄養素を摂取できます。また、運動後1時間以内にヨーグルトを1杯食べると、運動後の回復力が高まります。特に、タンパク質を多く含むギリシャヨーグルトにはその効果が期待できます。

ただし、フルーツヨーグルトはプレーンヨーグルトに比べてカルシウムが少ないことが多いので、カルシウムを補給したい場合はその点に注意しましょう。

スムージーの最大の魅力の1つは、簡単に作れて汎用性が高いことです。乳製品や乳製品の代替品はもちろん、ナッツバターやプロテインパウダー、野菜や果物など、何でも好きなものを入れて、泡立てて飲むことができます。ただし、健康的なスムージーを作るためには、タンパク質、脂肪、野菜、果物を適切なバランスで取り入れることが大切です。

スムージーをカスタマイズするのが簡単なように、糖分やタンパク質を含む材料をドリンクに入れすぎるなど、1つまたは複数の分野でやりすぎてしまうことがあります。果物には、もともとたくさんの糖分が含まれています。ハチミツなどの甘味料を加えて味を引き締めることもできますが、意図した以上の糖分を加えることには注意が必要です。

トロピカルフルーツのスムージーで島の味を楽しもう

スムージーの主役はギリシャヨーグルトです。多くの場合、半カップのヨーグルトで、他の材料と合わせて合計2人分のスムージーを作ることができます。ギリシャのヨーグルトは、通常のヨーグルトよりも濃厚でしっかりしています。これは、目の細かい布で乳清、乳糖、砂糖を濾し取っているからです。

濾す過程で水分が減るため、自然とヨーグルトは濃くなります。一般的には、濃縮されたヨーグルトほど味がピリッとして、クリーミーになると言われています。

パイナップル、無糖ココナッツ、ライトココナッツミルク、ハチミツを、低脂肪のギリシャヨーグルトと氷と一緒にミキサーにかけるだけで、トロピカルな味わいのギリシャヨーグルトスムージーができあがります。

すべての材料をブレンダーやハンディタイプのスムージーメーカーに入れるだけで、簡単に作ることができます。材料の正確な割合は、レシピをご覧ください。

イチゴとバナナのスムージーで抗酸化物質を摂取しよう

イチゴとバナナのヨーグルトスムージーを作るには、バナナ1本、イチゴ、ピーナッツバターまたはアーモンドバター、ハチミツ、オートミール、無糖のアーモンドミルク、無脂肪のギリシャヨーグルトが必要です。バナナは、スムージーにとろみをつけるだけでなく、食物繊維や栄養素、抗酸化物質をたっぷり含んでいます。

イチゴは、ビタミンCと抗酸化物質をたっぷりと含み、天然の食物繊維でとろみをつける効果もあります。どちらの果物も、冷凍でも生でも使えます。冷凍バナナを使う場合は、スムーズにブレンドするために、水かアーモンドミルクを少し多めに加える必要があるかもしれません。

スムージーを作るには、すべての材料と、スムージーがどろどろしているのが好きな人は氷をミキサーに入れてボタンを押します。必要に応じて材料を調整しながら、好みの濃さになるまでブレンドします。各材料の内訳については、レシピをご覧ください。

チョコレート・ピーナッツバター・スムージーでプロテインを摂取する

スムージーに含まれるタンパク質は、普通のヨーグルトやギリシャヨーグルト、無糖のナッツバター、フラックスシード、ナッツミルクなど、さまざまなものから摂取することができます。

また、プロテインパウダーを使うこともできますが、多くのプロテインパウダーには砂糖が含まれているので、砂糖が含まれていないか、あるいは含まれていてもごくわずかなものを選ぶようにしましょう。

ヨーグルト、ナッツバター、プロテインパウダーの中で、スムージーに加えるタンパク質の量に気を配ることが大切です。ナッツバターや他のタンパク源を使っている場合は、お気に入りのプロテインパウダーの量を減らすか(あるいはなくすか)した方がいいでしょう。

ココアパウダー、バナナ、牛乳またはナッツミルク、低脂肪ヨーグルト、ピーナッツバターを用意します。氷を入れたブレンダーに材料を入れ、冷たいうちにお召し上がりください。

バナナ・アーモンド・亜麻のスムージーでヘルシーな脂肪のブレンドを堪能する

多くの人は脂肪を避けようとしますが、特にケトジェニックな食生活を送っている場合は、健康的な脂肪を適切な割合で摂取することが重要です。

脂質に関しては、フルファットのオーガニックヨーグルトが、スムージーに脂質を加える健康的な方法です。他にも、砂糖や塩を加えていないナッツバターや、亜麻、ゴマ、チア、ヘンプなどの種子もおすすめです。

このおいしいスムージーは、数種類のヘルシーな脂肪を組み合わせて、1日中いつでも楽しめるおいしい飲み物です。無糖アーモンドバター、粉砕亜麻種子、バナナ、無糖アーモンドミルク、プレーンギリシャヨーグルト、蜂蜜、アーモンドエキスをブレンドします。

冷たくて泡立ったスムージーを飲みたいときは、氷を数個入れて、なめらかになるまで再度ブレンドします。脂肪分を減らしたい場合は、無脂肪のヨーグルトを全脂肪のものに変えてください。

タイトルとURLをコピーしました