Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

鶏卵を食生活に取り入れるべき6つの理由とは?

 

安価でおいしい主食であるだけでなく、鶏卵は優れた健康食品でもあります。スクランブルエッグ、目玉焼き、卵焼きなど、卵は栄養価が高く、1日の始まりにぴったりの食材です。

鶏卵にはどんなビタミンや栄養素が含まれていますか?

卵には、体が生きていくために必要な多くのビタミンや栄養素が含まれています。例えば、卵は数少ない天然のビタミンDの供給源であり、ビタミンDを含むほとんどの食品はビタミンDを強化したものです。また、卵に含まれるビタミンは、ビタミンCを除くすべての必須ビタミンを含んでいます。

ビタミンB1(チアミン)
ビタミンB5
ビタミンB9(葉酸)
ビタミンB12
ビタミンA
ビタミンD

さらに、典型的な卵1個には約6gの高品質なタンパク質とオメガ3脂肪酸が含まれており、これらはいずれも体にエネルギーと構造を与えるものです。タンパク質は、卵黄と卵白の両方に含まれています。また、卵には以下のような栄養素が含まれています。

鉄分
カルシウム
リン
亜鉛
カリウム

飼育されている鶏の遺伝子によって、卵の栄養レベルは変わります。また、生産者によっては、卵の健康効果を高めるために特定の方法を用いている場合もあります。パッケージをよく確認したり、健康食品店などで卵の由来を確認してみましょう。

卵を食べると体にどんなメリットがあるの?

目の健康

卵には、ルテインやゼアキサンチンなど、目の健康に欠かせないカロテノイドが多く含まれていますが、多くの人の食生活では不足しています。そのため、卵を摂取することで、黄斑変性症や白内障を発症する可能性を減らすことができます。

脳機能

卵1個には、1日の推奨摂取量の約60%に相当するコリンが含まれています。コリンは、神経系や脳の調整に役立つ栄養素です。コリンは、脳内の重要な神経伝達物質であるアセチルコリンの前駆体としての役割を果たします。

心臓と血管の健康

卵を定期的に摂取するとコレステロール値が上昇するという神話は、主に否定されています。実際には、卵から摂取した食事性コレステロールが体内で吸収される仕組みになっているため、血中コレステロール値の上昇はないという研究結果が出ています。また、最近の研究では、卵の摂取が心血管疾患のリスクを高めることはないとされています。

より健康的な妊娠のために

卵は、胎児の発育に重要な葉酸とコリンの両方を含んでいるため、より健康的な妊娠を促進することができます。また、妊娠中の卵の摂取は、高血圧や妊娠性糖尿病のリスクを下げることにも関連しています。

髪、肌、爪の成長

卵は、健康な髪、肌、爪の成長を促進することが古くから知られています。これは、卵には大量の硫黄が含まれており、必須ビタミンやミネラル、高タンパク質も含まれているためです。

エネルギーの増加

大きな卵のカロリーは約70kcalなので、毎日のバランスのとれた食事の一部として食べれば、卵は体のエネルギー源になります。また、卵には必要な脂質やタンパク質が含まれているため、炭水化物の多い朝食と比べて満腹感が得られやすいという特徴があります。

サルモネラ菌に感染しないように、卵は十分に加熱してから食べるようにしましょう。さらに、低温殺菌されていない卵は冷蔵保存し、調理後はすぐに食べるようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました