Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

IQを下げる人気のある食べ物とは?ファーストフードは要注意!

 

3分の2の子どもが毎週食べていると報告しています。

ファストフードを食べる若者は、数学、科学、読解の標準的なテストで20%悪い結果になるという調査結果が出ました。

10歳前後でファストフードを多く食べている人は、3年後のテストの成績が悪くなることが分かりました。

若者の3分の2は、毎週少なくともいくつかのファーストフードを食べています。

ファストフードの摂取が子どもの肥満に関係しているという証拠はたくさんありますが、問題はそれだけではありません。

ファストフードに頼りすぎると、子どもたちの教室での成績が悪くなる可能性があります。

この結論は、12,000人の青年を対象とした調査から得られたものです。

50%以上の子どもたちが、週に1〜3回ファストフードを食べると回答しました。

約10%が毎日、10%が1日おきに食べていると答えました。

3分の1以下の子どもたちは、ファストフードをまったく食べなかったです。

子どもたちがどれだけテレビを見ているか、学校や近所の社会人口学的性質、子どもたちが食べている他の食品など、他の多くの要因をコントロールしました。

子どもたちのテストの成績に関係する可能性のあるすべての既知の要因をコントロールし、考慮するために、できる限りのことをしました。

調査では、なぜファーストフードの摂取がテストの成績低下につながるのかは明らかになっていないです。

しかし、鉄分などの必須栄養素の不足は、認知機能の発達の低下と関連しています。

また、高糖分、高脂肪の食事は、学習や記憶のプロセスに悪影響を及ぼすことが繰り返し指摘されています。

親が子供にファーストフードを食べさせてはいけないとは言いませんが、今回の結果は、ファーストフードの摂取をできるだけ制限すべきであることを示唆しています。

ヘルシーでおいしい!冷凍弁当ではじめる健康食生活[タイヘイのヘルシー御膳]

タイトルとURLをコピーしました