Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
Post Type Selectors

光沢ポケモンはスカーレットとバイオレットで協力プレイができるかどうか判断する必要がある?

ポケモンの新機能であるスカーレット&バイオレットの協力プレイの自由度は、光沢のポケモンがオーバーワールドで使えるかどうかで決まると思います。

ポケモン スカーレット・バイオレット 光るオーバーワールド

スカーレットとバイオレットは、初の完全なオープンワールドのゲームとなり、ポケモンレジェンズからすべての正しい要素を取り入れているように見えます。特にアルセウスの探検と旅は非常に広大なものでした。第9世代では、プレイヤーは「ポケモン スカーレット&バイオレット」のパルディアを自由に探索するために、大量のポケットモンスターを必要とせず、むしろボックスの伝説であるコライドンとミライドン、およびそれらの複数の形態を使用することになります。

また、草むらでのランダムエンカウントがなくなり、すべてのポケモンが群れであれ単独であれ、オーバーワールドにしか現れなくなります。さらに、「共闘」という新たな革命も起こります。

多人数での協力プレイが可能

多人数での協力プレイが可能になり、友達をゲームに招待したり、逆にゲームに参加させたりすることができるようになります。ポケモン スカーレット・バイオレットでは、すべての光り物がタマゴやテラレイド、オーバーワールドで手に入るため、テザリングやテザリングによる探索が連鎖しないよう、協力プレイはこの点を踏まえて調整される必要があります。このように、光るポケモンは、ゲストが遭遇したら奪い取るようにするのではなく、常にホストが主に利用できるようにすべきです。

ポケモン スカーレットとバイオレットは、ピカピカポケモンを中心にした協力プレイのバランスをとる必要があります。

ポケモン スカーレットとバイオレットでテザリング協力プレイを実現するためには、ホストとゲストが一定の距離を保つことで、ゲームから追い出されたり、接続が切れたりしないようにすることが必要です。例えば、プレイヤーが同時に2つの異なる町にいても、問題に遭遇することはないのかもしれません。それは、そこに起こりうる一連の波紋の問題を避けるために、ある程度は理にかなっていますが、それは同時に、自由な探索が、協力プレイでは制限されることを意味しています。

理論的には、友人の世界で好きな場所に行って好きなポケモンを捕まえられるというのは良い気分転換になるのですが、そうなった場合、考慮すべきいくつかの潜在的な問題があります。

まず、プレイヤーが他人の世界で好きなことを何でもできることを意味しないでしょうし、ストーリーの進行や、プレイヤーが自分のゲームでアンロックしていない機能へのアクセスといったことは、テーブルから外されるはずで、おそらくそうなるでしょう。しかし、「ポケットモンスター スカーレット・バイオレット」のバージョン独占は別物で、他のバージョンを持っていれば、自分のゲーム版にはいない生き物を友達の世界で手に入れることができるかもしれません。しかし、そうなると、光るポケモンの扱いが問題になる可能性があります。

光り輝くポケモンは、ゲーム内で最も人気のあるポケモンの1つであり、野生で手に入れるのはかなり難しく、特に特定の種を養殖しようとする場合は、その傾向が顕著です。例えば、第四世代のリメイク版では、光り輝くポケモンが何らかの理由で捕まえられないという事例が何度もあり、光り輝くポケモンに関する問題がたくさんありました。

もし、『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』の自由探索が協力プレイにも適用されるのであれば、自分の世界で見つけた光るポケモンをホストが優先的に受け取るか、独占的に受け取れるようにする方法が必要です。

ゲストが現れて、世界の好きなところに行き、かつ光るポケモンを捕まえるというのは、コミュニティから相当な反発を受ける可能性があります。一方で、ゲストが光るポケモンをゲットする機会を完全になくしてしまうのも、ベストな方法とは言えませんし、こうした潜在的な問題と、探索が実際に機能する方法とのバランスをとる方法を見出す必要があります。

ポケモン スカーレットとバイオレットのパラドックスポケモンとテラタイプもこの良い例で、養殖が最も難しいポケモンの1つかもしれません。つまり、協力プレイの設定を管理する方法は役に立つだけでなく、必要とされています。

Amazon

あわせて読みたい