慢性的なひどい頭痛に悩まされる人を救うあるビタミンとは?

健康

ビタミンDの不足が慢性的な頭痛と関連していることが、明らかになりました。

男性は、68%がビタミンD不足です。

慢性的な頭痛を訴える人は、そうでない人に比べてビタミンDのレベルが低かったのです。

ビタミンDのレベルが最も低い男性は、ビタミンDのレベルが高い男性に比べて、慢性的な頭痛のリスクが2倍でした。

また、慢性的な頭痛は、冬場に起こりやすいです。

冬場は肌に当たる日光が少ないため、体内で十分なビタミンDが生成されません。

冬の日照時間が非常に短いため、ビタミンDの頭痛への影響を調べるのに適しています。

外で過ごす時間が少ない場所でも同じことが言えます。

現在使用されている薬、つまり鎮痛剤は、場合によっては効果よりも害の方が大きいかもしれません。

人々はしばしば間違った薬を飲んでいたり、薬の量が多すぎたりします。

片頭痛を含む一次性頭痛は、現代の労働人口における主要な健康問題であり、障害の原因の一つです。

片頭痛の慢性化が進んでおり、鎮痛剤の不適切な使用や使い過ぎによる薬の使い過ぎによる頭痛の症例が増加しています。

ビタミンDの低下は、すでにうつ病やネガティブ思考との関連性が指摘されているほか、認知症にも関与していると言われています。

ビタミンDのサプリメント
ビタミンDを多く含む食品には脂身の多い魚や卵がありますが、多くの人は太陽光を皮膚に当てることでビタミンDを摂取しています。

そのため、北国では冬になると体内のビタミンD濃度が低下します。

タイトルとURLをコピーしました