コロナウイルスの現金給付の対象は?コロナの国内緊急経済対策!

コロナ現金給付健康

コロナウイルスの影響で国内でも経済対策の必要性があります。

コロナの現金給付対象者

麻生太郎財務相は、緊急経済対策の現金給付は「必要なところにまとめて(給付する)という方が、より効果がある」と語っています。

収入が減少している個人や世帯に絞るなど、海外と同じく所得制限をかけて、より必要な方に現金を給付する形をとるそうです。

コロナの緊急経済対策

リーマンショックの現金給付による失敗から同じ失敗をしたくないと語っており、一律の現金給付の可能性は極めて低いです。低所得者に政府は現金給付を検討しています。

ばらまきや消費増よりも生活保障を重視しています。リーマンショック時よりもコロナショックの方が被害が大きいので、リーマン以上の定額給付金を考えているようです。感染拡大を受けているので、追加経済対策で現金、商品券などの家計支援が必要になってきています。

現在出ている噂の現金給付案では、5月には20~30万円給付で対象は、1,000万世帯に絞り、経済対策の総額は、56兆円になるそうです。

★ お気に入り追加