【コロナ補助金】「小学校休業等助成金・支援金」助成金の申請方法まとめ

コロナ助成金健康

厚生労働省の発表によるとコロナによる小学校休業等対応助成金・支援金の対象期間を延長して、6月30日までにすると発表しました。

現在、東京や大阪がコロナの感染拡大を受けて、学校の開始をGW明けの5月6日まで延長して、一斉休校にすると発表をしています。

当初は、2月27日~3月31日までの間の休暇に対して、支援実施予定でしたが、学校の休校が長くなり、どうしても仕事を休まないといけなくなっている保護者を支援するための措置です。

マネーフォワードが、新型コロナウイルス感染症拡大による経済対策として実施ている補助金や助成金を検索できる支援情報まとめサイトを開設しています。

新型コロナ休暇支援

対象となる期間:令和2年2月27日から6月30日
コロナの影響により、臨時休校になった子供の保護者に有給休暇を取得させた事業主に対する助成金になります。

学校が休校になって、有給休暇をとらなくてはいけなくなったときに、有給休暇を付与した事業主への救済措置です。

コロナ休暇支援の助成金

対象:事業主や法人
助成金:有給休暇を取得した対象労働者に支払った賃金相当額 × 10/10(労働者1人あたり上限日額8,330円)

助成金の申請資格

・休暇(特別休暇)等で従業員に休暇を取得させた事業主
・半日・時間単位の休暇も対象

申請の受付、対象は、6月30日まで延長されました。
申請様式の入手先は、厚生労働省のHPに申請書類<雇用保険被保険者用(新型コロナウイルス感染症小学校休業等対応コース)>のPDFがあります。

コロナ助成金の注意点

・法人単位でとりまとめる
・①雇用保険被保険者、②雇用保険被保険者以外の様式があります。
・地区で提出窓口が異なります。

今回のコロナは深刻な影響を与えてますので、現金給付など様々な助成・補助が今後用意されていくようです。

★ お気に入り追加