Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
Apple
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

お酒の飲酒・アルコールは加齢とともに記憶力が低下する

 

1日に2~3杯以上の飲酒は、記憶力を低下させる。

飲酒をする方は、認知能力の低下が早いことがわかりました。

1日に2.5杯相当の飲酒をしている場合、加齢に伴い衰えが早くなることがわかりました。

重い飲酒のハードルの低さに驚く人もいるかもしれません。多くの人が「適度な」飲酒と考えます。

このレベル以下では、禁酒した人と1日2杯以下の人の間で、認知機能にほとんど差がありませんでした。

アルコール摂取によって認知機能の低下が進みます。

適度な飲酒は比較的無害であると考えられがちですが、ラットを使った調査では、あまり安心できないものもあります。

男性は5杯、女性は3〜4杯に相当する量をラットに与えました。ラットの脳では、海馬の神経細胞の数が40%減少していました。

脳のこの領域が何ヶ月、何年にもわたって毎日影響を受けていたとしたら、最終的には新しい場所に行く方法や、自分の人生について何か新しいことを学ぶことができなくなるかもしれません。それは、気づかないうちに起こっていることなのです。

タイトルとURLをコピーしました