Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
Apple
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

不規則な就寝時間が子どもの認知能力を低下させる!

 

3歳児の不規則な就寝は、4年後の認知能力の低下を予測するという結果があります。
就寝時間は、子どもの脳の発達にどの程度影響するのでしょうか。

就寝時間が認知機能に与える影響を測定した結果があります。

両親は、3歳、5歳、7歳のときの子どもの就寝時間について尋ねられました。
また、7歳のときには、子どもたちの読解力、数学力、空間能力を調べました。

3歳時の不規則な就寝時間は、男女ともに読解力、数学、空間認識力のスコア低下と関連しており、3歳前後が認知機能の発達に敏感な時期である可能性が分かっています。

つまり、男の子も女の子も、規則的な就寝時間が重要であり、これを早期に実施することができれば、認知能力の向上につながるということです。不規則な睡眠パターンは発達に悪影響を及ぼし、これらは永久的なダメージを与える可能性があると分かっています。

睡眠は、ホメオスタシスの維持と脳の可塑性に不可欠であり、これには、新しい知識、記憶、スキルを発達中の神経集合体に埋め込むプロセスが含まれます。

男の子も女の子も同じですが、不規則な就寝時間が特に女の子に悪い影響を与える可能性があることがわかりました。

恵まれない環境の子どもほど就寝時間が不規則になる傾向がありますが、構築した統計モデルではこの点も考慮されています。

就寝時間が一定しないのは、混沌とした家庭環境の反映であり、子どもの認知能力に影響を与えるのは、睡眠の乱れではなく、そのような状況であると考えられます。

一貫性のない就寝時間が、ストレスの多い家庭環境の複数のマーカーとは無関係に、認知能力のマーカーと関連していることを発見しました。ストレスフルな家庭環境は、睡眠への影響を通じて子どもの機能に影響を与えることが分かりました。

タイトルとURLをコピーしました