Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

夏に蚊に刺されても痒くならないための9つの方法!

健康
 

冷たいティーバッグは、かゆみを伴う虫刺されを止めることができるかもしれないです。

毎年、夏に蚊に刺された経験がある人はほとんどですが、暖かい季節が終わる頃にはさらに増えます。

しかし、虫刺されは夏の通過儀礼かもしれませんが、腫れたり、痛かったり、痒かったりするのは勘弁してほしいものです。

特にひどい虫刺されを一晩中掻き続けたことがある人は、どうしたら楽になるのかと考えたことがあるかもしれません。

ところで、蚊に刺されるとなぜ痒くなるのでしょうか?

蚊に刺されると、蚊の唾液の一部が皮膚に入り、血を吸ってしまいます。
蚊の唾液に含まれるタンパク質に対して、体がアレルギー反応のような免疫反応を起こします。その結果、数時間後には、腫れやかゆみ、赤みなどの症状が徐々に出てきます。

ほとんどの場合、これは厄介なことではありません。

しかし、人によってはより強い反応を示し、広い範囲が腫れたり赤くなったりするだけでなく、微熱やじんましん、リンパ節の腫れなどの他の症状も見られます。

このタイプの反応は通常、時間の経過とともに改善されますが、最長で10日ほどかかる場合もあります。

1.市販の抗ヒスタミン剤

抗ヒスタミン剤は、蚊に刺されたときに体が炎症反応として放出するヒスタミンの放出を抑制するため、かゆみの治療には最も効果的です。

かゆみや腫れに気づいたら、すぐに服用を開始してください。即効性があるので、ベナドリルを使うのがよいです。

しかし、鎮静作用もあるので、夜に使うようにするか、アレグラなどの新しい第二世代の抗ヒスタミン薬を使うとよいです。

2.氷

冷たいものは蚊に刺されたときの炎症を抑え、氷は蚊に刺された部分の皮膚を麻痺させ、かゆみを抑える効果があります。

氷を長時間直接肌に当てることは推奨されていないため、腫れやかゆみを抑えるために氷を10分間当てた後、数分間肌を休ませ、必要に応じて再度氷を当てることがおすすめです。

3.痒み止めローション

蚊に刺されたときには、氷や抗ヒスタミン剤と併用すると効果的です。蚊に刺されたときに、氷や抗ヒスタミン剤と組み合わせて使うといいでしょう。

蚊に刺された部分にひと塗りし、かゆみが戻ってきたら(通常は2、3時間後に)塗りなおしてください。

4.重曹

重曹と水を混ぜたものを塗ることで、かゆみを抑えます。

大さじ1杯の重曹を、ペースト状になる程度の水と混ぜて、噛み傷に塗ります。10分ほど待ってから、ペーストを洗い流します。

5.市販のコルチゾンクリーム

噛まれた時の炎症を抑える効果があります。1日2回、5日から10日、または症状が続く限り塗ってください。

もし噛まれた箇所が本当に大きくて痒くて、より強力な処方箋付きのクリームを処方してもらうことができます。

6.蜂蜜

患部を和らげる効果があり、抗菌作用があるので、噛まれても感染を防ぐことができます。かゆみを抑える効果はありません。

1日に数回、甘いものを噛み傷に塗ることができます。ただ、外に出る直前はやめておいたほうがいいです。

7.冷たいティーバッグ

冷たい水に浸したティーバッグには、氷と似たような性質があります。炎症を抑え、皮膚部分を麻痺させる効果があります。

しかし、ティーバッグ自体にも、抗炎症作用のあるタンニンという物質が含まれていると指摘しています。タンニンの含有量が最も多い紅茶を使います。

アイスパックのように、噛まれた部分に10分ほど当てて、必要に応じて付け直してください。

8.オート麦

炎症やかゆみを和らげる効果もあります。

オート麦と虫刺されを直接調べた調査はありませんが、オート麦をベースにしたローションが、約2週間後に女性の脚の乾燥によるかゆみを和らげることがわかりました。

お風呂に挽いたオート麦を投入するか、ドラッグストアなどの既製品を購入するといいです。

9.アロエジェル

日焼け止めとして知られていますが、アロエには炎症や赤みを抑えたり、患部を冷やしたりする効果があるので、かゆみを抑えることができます。

アロエジェルは、薬箱ではなく冷蔵庫に入れておくといいでしょう。

自分で自分を叩くのは?
蚊に刺された部分を叩くと、かゆみが止まるという話を聞いたことがあるかもしれませんが、これにはいくつかの真実があります。

かゆいところを叩くと、かゆみを感じるために脳に信号を送っている神経が混乱します。

問題は、その効果が数秒しか持続しないことで、何度も自分を叩く覚悟がなければ効果はないです。

それよりも、痒み止めローションを塗って、その日のうちに終わらせる方が簡単です。

医者に診てもらうタイミング

蚊に刺されたときは、自宅で安全に治療できますが、医師の診察を受けなければならないときもあります。主なものは次の2つです。

1. 重度のアレルギー反応を起こしている場合。顔、目、唇、舌、喉など、虫に刺された部分以外にも腫れが見られたり、呼吸や飲み込みが困難になっていることに気づいたら、非常に深刻なアレルギー反応を示している可能性があります。

2. 噛まれた部分が感染した場合、掻いてしまうと感染する可能性があるので、かゆみを抑える方法を見つけることが重要です。兆候としては、発熱、突然の赤みや温かさ、噛まれた部分から広がる赤い筋などが挙げられます。

タイトルとURLをコピーしました