Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

医師に聞いた眼精疲労解消のための6つの方法!

健康
 

スクリーンタイムの取りすぎが体に良くないことはご存知でしょうが、避けられないこともあります。
オフィスで働く人は、毎日6.5時間近くパソコンの前で過ごしています。
これは1年で約1,700時間に相当し、課外活動でのスクロールを考慮していないことになります。

問題は、長時間のスクリーン使用が目に負担をかけてしまうことです。
デジタル機器を見つめていると、まばたきの回数が3分の1から2分の1に減るため、目が乾燥します。

その結果、眼精疲労と呼ばれる一連の一時的な症状が現れることが多いのです。最も一般的な症状は、目のかすみ、頭痛、ドライアイなどですが、これらの症状は人によって異なります。

症状は目の中でも違います。例えば、「眼精疲労は、片方の目だけに起こることもあれば、左右非対称に起こることもあります。

眼精疲労は、目を酷使する人にとっては不快なものですが、幸いなことに、永続的な害はなく、簡単に軽減することができます。

眼精疲労を防ぐための6つの簡単な方法を紹介します。

1.距離を保つ

信じられないかもしれませんが、目は近くのものを見るために一生懸命働かなければなりません。つまり、パソコンのモニターに近づきすぎると、目が疲れやすくなるということです。

つまり、画面との間に空間を作ることで、緊張を和らげることができるのです。パソコンの画面から18〜25インチ(腕の長さ)離して座り、目線が少し下を向くように画面を配置してください。

2.20-20-20の法則に従う

人間は通常、1分間に約15回のまばたきをしますが、パソコンなどのデジタル機器を使用しているときは、1分間に5回にまで減少します。

20分ごとに休憩をとり、少なくとも20m先の対象物を20秒以上見る『20-20-20ルール』ことで、まばたきを忘れず、目の潤いを保つことができます。

3.画面のまぶしさを抑える

パソコンの画面のまぶしさは、単に煩わしいだけでなく、目に負担をかけ、眼精疲労を悪化させる原因にもなります。

まぶしさをなくすには、マットなスクリーンフィルターの使用を検討してください。

4.加湿器を使う

オフィスで目が極端に乾いていると感じるのは、多くのオフィスビルが空気中の水分を最小限に抑える湿度調整システム(および強力な暖房)を備えているからだと指摘しています。

幸いなことに、解決策は簡単です。加湿器を稼働させれば、空気中の水分を取り戻し、ドライアイを軽減することができます。

5.明るさとコントラストを調整する

画面が周囲よりも明るくなっていると、目が疲れやすくなります。モニターの設定を変えることで、眼精疲労を解消することができます。

周りの明るさに合わせて画面の明るさを調整し、コントラストを上げるだけで、より快適に見ることができるそうです。

6.目薬を使う

目の潤いを保ち、眼精疲労に伴うドライアイの不快感を和らげるために、目薬を使用することを勧めています。市販の目薬には様々な種類がありますが、ブランドによっては、特定の人に刺激を与える可能性のある防腐剤が含まれていることに注意してください。

上記の方法を試しても眼精疲労が改善されない場合は、眼科医に相談しましょう。

ブルーライトメガネは?

眼精疲労を軽減するためにブルーライト・グラスを購入しようかどうか迷っている人は、お金を無駄にしないようにしましょう。

コンピュータ画面から出るブルーライトがデジタル眼精疲労を引き起こしたり、目にダメージを与えたりするという科学的証拠はないので、ブルーライト遮断メガネを推奨していません。

実際、ブルーライトブロックレンズは、透明なレンズに比べて、デジタルアイストレインの症状を改善する効果はないとされています。

タイトルとURLをコピーしました