Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

コロナウイルスのワクチンを接種したら何をすべきですか?

健康
 

新型コロナウイルスワクチンの接種を受けることができるようになりましたので、接種がまだの方は、そろそろコロナワクチンの予約を取ることを確認しましょう。

ワクチン接種後、何をすべきか計画を立てておくと、自分自身と周囲の人々の安全を守ることができます。

1.2回目の接種の予約をする

現在、ファイザー社、モデルナ社、ジョンソン・エンド・ジョンソン社などのワクチンがありますが、1回で済むのはモデルナ社のワクチンだけです。
ファイザー社とモデルナ社のワクチンは2回接種する必要があります。

臨床試験に基づき、2回目の接種が必要な時期については、特定の推奨事項があります。
ファイザー社のワクチンを接種した場合、21日後に2回目の接種が必要になります。
モデルナ社のワクチンの場合は、28日後になります。

推奨されている期間外に2回目の接種を行った場合、どの程度の防御効果が得られるかはわかりません。

2.ワクチンの反応を見る

ワクチンにアレルギー反応を示した人のニュースを見ると、心配になります。
しかし、物事を前向きに捉えることが重要です。

約190万人のファイザー社製ワクチンの初回接種後に、21件のアナフィラキシー(生命を脅かすアレルギー反応)が発生しました。
これは、100万回接種あたり11.1件という計算になります。

つまり、非常に稀なケースなのです。
実際、新型コロナウイルス(ワクチンなし)で病気になるリスクは、ワクチンによるアレルギーやアナフィラキシーのリスクよりもはるかに高いです。

ほとんどの重篤な反応は、ワクチンを接種してから15分以内に起こります。
そのため、モニタリングのためにそばにいることを計画する必要があります。

反応の大半は軽度で、注射を受けた場所の痛みや腫れ、発熱、寒気、疲労感、頭痛などがあります。
これらの反応は、2回目以降によく見られるものですが、特に心配する必要はありません。

これは、自分の免疫システムがワクチンに反応している証拠であり、数日で治まるはずです
逆に、注射に反応しなかったとしても、心配する必要はありません。

3.身近な人にワクチンの接種を勧めましょう

自分の友人や恋人が「自分もワクチンを受けましょう」と提案したときにどのような反応を示すかは、自分自身にしかわかりません。
しかし、まずは自分がワクチンを接種したことを伝え、その時の体験談(インフルエンザの予防接種のように腕が少し痛くなったとか)や、なぜそれが重要だったのかを話してみてはいかがでしょうか。それだけでも、誰かに同じステップを踏んでもらうきっかけになります。

タイトルとURLをコピーしました