Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

新型コロナウイルス感染した場合ワクチンを接種する必要がありますか?

健康
 

いくつかの新型コロナウイルスワクチンが全国的に広く利用できるようになりました。
すでに新型コロナウイルスのワクチンを接種していたり、新型コロナウイルスの抗体検査で陽性反応が出ていたりする場合は、まだ注射を受ける必要があるのでしょうか?

自分の健康のためにも、他の人の安全のためにも、受けることを勧めています。
その理由は以下の通りです。

1.ワクチン接種しないとまた陽性になるかもしれない

まず、新型コロナウイルスサバイバーと呼ばれる人であっても、コロナウイルスで再び陽性になる可能性があります。

新型コロナウイルスに感染したことのある患者は、ワクチンを接種する必要があります。
過去の感染が生涯の免疫につながるかどうかは定かではありません。

現在のデータでは、過去に感染していても6ヶ月程度の免疫が得られることが示唆されています。

一般的ではありませんが、新型コロナウイルスに再感染した人が確認されています。
若い男性の報告によると、2回目の感染は1回目よりも悪化し、酸素吸入のために病院に送られたとのことです。

つまり、新型コロナウイルスに感染したときにはそれほどひどくなかったので、リスクを冒しても大丈夫だと思っていても、将来的に病気になったときに楽勝だとは限らないということです。

ワクチン接種の大きな目的の一つは、ワクチンを接種できない人を守ることです。

2.長所は短所を上回る

自然免疫が実際にどのくらい持続するかはわからないため、過去に新型コロナウイルスにかかったことがあってもワクチンを接種することを勧めており、安全であることを強調しています。

ワクチンの臨床試験では、過去に新型コロナウイルスに感染したことのある人を積極的に探して登録したわけではありませんが、参加者の中には、実際に過去に感染したことのある人もいました。

そのため、「安全性の面では、(新型コロナウイルスから回復した後に)ワクチンを接種しても問題ないし、再び感染するのを防ぐのに役立つのは間違いない」と言います。(例えば、ファイザー社のワクチンは、症状のある新型コロナウイルスに対して95%の効果があるとされています)

典型的な副作用はインフルエンザワクチンと同様です。
刺された腕が痛くなったり、熱が出たり、1~2日痛みを感じたりすることがありますが、これは免疫系がワクチンに反応している証拠です。

新型コロナウイルスを受けたことのある人は、ファイザー社やモデルナ社のワクチンの1回目の接種に対して、より強い反応を示す傾向があることが、いくつかの初期研究で示されています。新型コロナウイルスに感染したことのある人は、ウイルスに感染したことのない人に比べて、発熱、悪寒、疲労、頭痛、体の痛みなどを訴える頻度が高いそうです。

これは、ワクチンによって病気になるということではなく、免疫系がウイルスに立ち向かう準備ができたと言っています。

しかし、新型コロナウイルスの生存者は、1回目と2回目の接種後に、はるかに高い抗体レベルを示しました。これが免疫力にとってどのような意味を持つのかはまだわかりませんが、致死性のウイルスと戦うための抗体が増えることは、良いことでしかないように思います。

ワクチンや自分の健康状態について疑問や不安がある場合は、信頼できる医療機関に相談することをお勧めします。
信頼できる医療機関は、自分の健康状態を最もよく知っており、アドバイスをするのに適しています。

3.他の人の安全を守ることができる

ワクチンを接種することで、他の人を救うことができることも重要です。

新型コロナウイルスに感染している人は世界人口の10%以下となっています。
言い換えれば?この病気で重症化し、死亡する可能性のある人がまだたくさんいるということです。

ワクチン接種の大きな目的の1つは、ワクチンを接種できない人たちを守ることです。

多くの人がワクチンを接種すれば、集団免疫が生まれ、地域社会を守ることができます。

集団が感染しなければ、弱い立場の人に感染させることはできません。
「基本的に、集団免疫は弱い立場の人の周りにドーナツ型の保護膜を作り、感染が浸透して届かないようにします」。

タイトルとURLをコピーしました