Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

新型コロナウイルスの感染者数を広めてしまう8つの間違いとは?

健康
 

新型コロナウイルスのワクチンが複数用意されているため、油断していいのかどうか悩んでいる人もいるかもしれません。その答えは 場合によります。

完全にワクチンを接種している場合は、パンデミック前の生活に戻っても問題ありません。
公共交通機関でマスクをしたりする必要はあります。

しかし、2回目のワクチン接種の途中の方や、まだワクチンを接種していない方は、注意を怠らないようにしてください。
以下の8つの間違いを避けることで、自分の安全を確保し、ウイルスの拡散を抑えることができます。

親しい人との会話は安全だと思い込む

公共交通機関に乗ったり、屋外のイベントに参加したりする際にマスクを着用するのは良い習慣です。

予防接種を受けていない人は、同じレベルの警戒心を持ってください。ワクチン接種者と未接種者が混在する屋内イベントは、ワクチン接種者にとっては「最も安全」ですが、未接種者にとっては「あまり安全ではない」とされています。

このような親密な環境では、人々は誤った安心感に惑わされがちです。

小さなグループや友人との集まりでは、警戒心を緩めてしまい、その中に感染者がいることを知らず、社会的な距離を置いたり、顔を覆ったりすることに細心の注意を払っていません。

基本的に、ワクチンを接種していない人は、家族以外の人と一緒にいるときは、マスクを着用し、手を洗い、2人の間に少なくとも1.5mの距離を保つのが賢明です。

マスクの付け方が悪い

片方の耳から垂れてしまったり、鼻の下に垂れてしまったり、ポケットからはみ出してしまったりと、マスクの 失敗はよくあります。

コロナウイルスは、自分が良かれと思ってやったことではありません。ワクチンを接種していない人は、他の人にウイルスをまき散らさないためにも、きちんとマスクをする必要があります。

マスクをつける習慣がない人は、マスクをつけることに慣れるのは難しいかもしれませんが、それが「第二の皮膚」のようになります。

マスクは、口と鼻を完全に覆い、顔に隙間なくフィットするものでなければなりません。

呼気弁付きマスクの着用

新型コロナウイルスがホットスポットで感染し始めた頃は、マスクが不足していました。
今では、さまざまな種類のマスクが販売されていますが、感染のリスクを減らすために、最適なマスクを買い足してみてはいかがでしょうか。

気流の動画によると、呼気弁を備えたマスクはNGとされています。

ほとんどの呼気弁は、一方通行のチェックバルブとして機能する小さくて柔軟なタブで構成されています。呼気がマスクを通過するように設計されており、それが問題です。

バルブが空気をろ過せずにマスクから逃がす様子を示しており、マスクの目的が損なわれています。

バルブ付きマスクを着用していた新型コロナウイルス陽性の患者が、身近な人を感染させたことが何度かあります。

では、代わりにどのようなタイプのマスクを着用すればよいのでしょうか?
洗濯可能で通気性のある生地を2枚以上重ねたものを推奨しています。

医療従事者や救急隊員が使用しているN95マスクが呼吸器系の飛沫を防ぐのに最も適しているとされていますが、一般の人が使用することを推奨しています。
3層構造のマスクもほぼ同様の効果があるとされています。

屋内で集まる

室内で人と集まるときは注意が必要です。

エアロゾルに含まれるウイルスは、煙のように何秒から何時間も空気中に浮遊していて、それを吸い込んでしまうことがあります。
空気中の粒子は、特に換気の悪い屋内空間では、超拡散現象を引き起こす可能性があると警告しています。

完全に予防接種を受けていない人にのみ適用されます。
リスク評価によると、ジムや映画館、満員の宗教行事に行くこと、レストランで室内で食事をすることなどは、ワクチンを接種していない人にとって「最も安全ではない」行為とされています。しかし、完全にワクチンを接種した人にとっては、これらの活動は 最も安全とみなされます。

自分は無敵だと思っている

新型コロナウイルスに関しては、若くて健康であれば問題ないと考えてはいけません。
ワクチンを接種していない若年層は、感染して他の人にうつす可能性が十分にあります。

新型コロナウイルスによる入院のうち、18歳から48歳までの成人が39.9%を占めています。これは、同じ週の入院の27.9%を占めた65歳以上の成人よりも高い数値です。

若年層における新型コロナウイルスの重症化率が上昇しているのは、ワクチン接種率の違いによるものと考えられます。

自分自身の安全と、免疫力の低い人など周囲の人の安全のために、十分な年齢に達している人は、ワクチンを接種すべきです。
感染の30%は無症状です。つまり、新型コロナウイルスに感染していても、それに気づかず、誤って他の人に感染させてしまう可能性があるということです。

二度と発症しないと思っている

新型コロナウイルスに罹患して回復した場合、免疫システムは感染を防ぐために抗体を作りました。
これは素晴らしいニュースですが、今後の感染に対する防御策として期待してはいけません。
このような免疫力がどのくらい持続するかはわかっていません。

新型コロナウイルスに感染した後に再感染することはまれですが、まれでも不可能ではありません。
そのため、新型コロナウイルスに感染したことのある人にワクチン接種を推奨しています。

新型コロナウイルスにかかったことがあってもなくても、まだワクチンを受けていない人は、ウイルスに感染したり広めたりしないように、マスクをしたり、社会的な距離をとったり、手を洗ったりする必要があります。

体温チェックを鵜呑みにする

「熱がない=新型コロナウイルスがない」と思って外出すると、他の人を危険にさらすことになりかねません。

「体温チェックは、指標として使うのは非常に難しい」と言います。

例えば、寒い部屋に長時間いた場合、表面温度の数値はあまり当てにならないかもしれません。また、体温チェックを受ける前にアセトアミノフェンやイブプロフェンなどの解熱剤を服用した場合は、熱を記録する可能性が低くなります。

特に若年層における新型コロナウイルス指標としての体温チェックの無益さについて注意を促しています。

新型コロナウイルス患者の中には、スクリーニング時に症状や発熱がない人もいることが認められました。しかし、職場での検温を引き続き推奨しています。

自分の症状を否定する

季節性のアレルギーや日常的な風邪は、自分が何によって不幸になっているのかわかりにくいものです。症状を無視しないでください。

診断を確定するためには、検査が必要な場合があります。インフルエンザであれば、医師は回復を早めるために抗ウイルス薬を処方します。新型コロナウイルスであれば、自分で隔離する必要があります。

検査をしたからといって、病気の経過が変わるわけではありません。しかし、「はい、新型コロナウイルスに感染しています」という安心感を与えてくれます。家にいる必要があり、隔離する必要があり、他の人に私の病気を知らせて、適切な予防措置をとってもらう必要があります。

タイトルとURLをコピーしました