Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

コロナで部屋の換気・風通しの良し悪しはどうやって判断する?

健康
 

新型コロナウイルスパンデミックの発生からだいぶ経過しましたが、ウイルスの感染経路を含め、ウイルスについてはまだ不明な点が多くあります。寒い季節になると、新型コロナウイルスが室内でどのように広がるのか、当然ながら心配になります。

主な感染経路は、人と人との密接な接触や、病気の人が咳やくしゃみをしたり話したりしたときの呼吸器系の飛沫への暴露によるものと思われますが、空気感染も含まれています。

つまり、ウイルスが呼吸器系の飛沫を介して空気中に入ると、数分から数時間はそこに留まり、病気の人がその場を離れた後でも他の人に感染する可能性があるということです。

空気感染は、ウイルスが拡散しやすい屋外ではあまり問題にならないようですが、狭い空間では感染の可能性が高まります。寒さが厳しくなり、屋内で過ごす人が増えてくると、この点を考慮する必要があります。

だからこそ、換気(新鮮な外気を室内にどれだけ取り入れるか)は、病気の予防に欠かせない要素なのです。実際、室内の換気が悪いとコロナウイルスの感染が拡大する可能性があります。

換気を良くするだけではウイルスの拡散を防ぐことはできませんが、マスクの着用、社会的距離の取り方、適切な手指衛生、表面の定期的な消毒などと組み合わせることで、感染率を下げることができます。

では、室内の換気が十分に行われているかどうかは、どのように判断すればよいのでしょうか。
部屋のリスクを理解するために、次のような質問をしてみることをお勧めしています。

息苦しさを感じるか?

換気の悪い部屋を検知するのは、通常それほど簡単ではありません。

少なくとも室内空気質に関する限り、人間はひどい換気センサーです。
その結果、暖房が効いていないと感じるように、換気が悪いと感じることはできないのです。

さらに悪いことに、ウイルス、一酸化炭素、ホルムアルデヒド、その他の有害な粒子など、空気中に蓄積される可能性のある多くのものは、簡単には感知できません。

部屋の空気が十分かどうかを判断するのは難しいかもしれないので、最善の策は、社会的距離を置く練習をして、他の人と一緒に室内にいるときはマスクを着用することです。

実際、顔を覆うことで人の息の勢いが止まり、飛沫の広がりが抑えられるため、換気によって室内を再循環する汚染物質の数を減らすことができます。

蒸し暑さを感じないか?

湿度を40〜60%に保つことで、感染症のリスクを減らすことができるという証拠があります。
湿度を40〜60%に保つことで、感染症のリスクを低減できるという証拠があります。また、これは最適な温熱環境の範囲でもあるので、双方にメリットがあります。

天候や気候に関連した湿度が新型コロナウイルスの感染を減少させる可能性を示唆する結果を示しています。
しかし、人工的に発生させた室内の湿度がどのような意味を持つのかはわかっていません。

湿度が高いと、中程度の大きさの呼吸器の飛沫の空気中での寿命が23倍も長くなります。

しかし、実際の環境とは大きく異なる可能性があるため、この結果を慎重に解釈すべきです。
これはよくあることで、病気の生物学や物理学を調べた研究が、実際に観察された病気の伝播の疫学とは一致しないことがあります。

そのため、新型コロナウイルスの感染を防ぐためだけに室内の加湿器を使用することは勧められないと付け加えています。

新型コロナウイルス感染を予防するには、環境を清潔にすること(手で触れることの多い表面を定期的に拭くこと)の方が、周囲の湿度をコントロールするよりもはるかに効果的です。

湿度管理は助けになるかもしれませんが、通常はろ過、換気、消毒の方がより優先度の高いアプローチになるでしょう。

新鮮な空気が循環しているか?

空気の質の良し悪しを決定づけるものではありませんが、空気の動き、特にドラフト(すきま風)が多い場合は、換気やろ過を強化する必要があるかもしれません。

理想的な環境は、新鮮な外気が室内を循環していることです。

適切な換気は、ウイルス粒子を密閉された空間から運び出し、できれば屋外で換気し、排出された空気の代わりに新鮮な空気(外からの空気またはフィルターを通した空気)を取り入れる。

つまり、外気を取り入れることで、建物内のウイルスなどの汚染物質を薄めることができるのです。

ドアや窓が開いていれば、自然な換気が行われていることがわかります。しかし、このように注意していても、風があまり吹いていなかったり、室内と外の温度が同じくらいだったりすると、空気の入れ替えが不十分になる可能性があると指摘しています。

エアコンを使って室内の換気を良くするのはどうでしょうか?
残念ながら、ほとんどの窓用エアコンは室内の空気を循環させるだけです。

しかし、寒い時期には、窓やドアを開けての自然換気ができない場合もあります。
このような場合、ほとんどの商業ビルでは、機械式の暖房・換気・空調システムを使って外気を室内に送り込みます。

空調システムを稼働させると、循環する空気がろ過されるため、室内のウイルスを含む空気中の汚染物質を減らすことができます。

問題は、開いている窓を観察して、十分な空気があると仮定することはできますが、機械システムによって換気が行われている場合は、それが十分であるかどうかを判断する良い方法がありません。

空気の動き、特にドラフト(すきま風)が多い場合は、換気やろ過を強化する必要があるかもしれません。

レストランやジムなどの空調システムが必要に応じて作動しているかどうかのテストを行うことができます。一般の人には、その企業の空調システムが適切に機能しているかどうか、空間が適切に換気されているかどうかはわかりません。

空調システムを常時稼働させて24時間体制で空気をろ過し、高効率のフィルター(またはシステムが対応可能な最高ランクのもの)にアップグレードすることを推奨しています。どちらもコロナウイルスの拡散を抑えるのに有効です。

高効率微粒子エアフィルターは、病院や産業界、航空機などで、再循環させる前に空気をろ過するために使用されています」と言い、非常に小さな飛沫やエアロゾルをろ過することができます。

フィルターに加えて、これらの機器の中には、フィルターを通過した病原体を捕らえるために、二次的に消毒を行うものもあります。最も信頼性が高い消毒方法は紫外線殺菌照射であると付け加えました。双極性イオン化などの方法もありますが、第三者による厳密な検証はまだ行われていません。

そして、覚えておいてください。携帯用空気清浄機は便利なツールですが、それだけでコロナウイルスの感染を防ぐことはできません。新型コロナウイルスに感染しないためには、マスクの着用、社会的な距離の取り方、適切な手指の衛生管理が最善の対策となります。

二酸化炭素の検出器はありますか?

二酸化炭素(CO2)は、実際には汚染物質ではありませんが、人は呼吸によってCO2を発生させるため、部屋の中のCO2の量(ppm)を計算することで、一人当たりの換気量の指標とすることができます。CO2が多いということは、吐く息が多いということであり、空気中のウイルスも多い可能性があります。

タイトルとURLをコピーしました