Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

風邪やインフルエンザシーズンを健康に過ごす予防チェックリスト

 

インフルエンザの季節になると、家族の中で少なくとも1人は病気になるのが当たり前のように感じます。普段から自分が病気になっていても、家族がインフルエンザにかかったときに看病していても、インフルエンザはその存在をアピールする術を知っています。しかし、必ずしもそうする必要はありません。

今年は、インフルエンザの典型的な流行時期に変化があると思いませんか?このチェックリストにある方法を活用して、ご自身とご家族の健康を維持することで、季節的な病気のサイクルを止めるための重要なステップを踏み出すことができます。

インフルエンザ予防チェックリスト10の重要なステップ

インフルエンザの予防は、健康のために様々な新しい習慣を取り入れることから始まります。毎日の生活にこれらの行動を取り入れることで、インフルエンザの蔓延を防ぎ、感染の可能性を減らすための正しい道を歩むことができます。

頻繁に手を洗いましょう

職場、学校、自宅、公共の場を問わず、こまめに手を洗うようにしましょう。レストランのケチャップボトルや職場の電気のスイッチなど、触れるものすべてに細菌が付着している可能性があり、その細菌を手から目や鼻、口に移すと病気になることがあります。手を洗うときは、たっぷりの石けんとお湯を使い、少なくとも30秒間洗うようにしましょう。

ハンドサニタイザーを持ち歩く

自分や自分の家族が外出中に手を洗えないこともあるでしょう。手指消毒剤のボトルをすぐに手に取れるように持っておくとよいでしょう。小さなボトルもありますし、キーホルダー付きのものもありますので、失くしてしまう心配もありません。家族全員に1本ずつ渡しておけば、どこにいても菌に悩まされることはありません。

顔を触らない

頻繁に手を洗っていても、目、鼻、口には触れないようにしましょう。これらは、細菌が最も侵入しやすい部位です。どうしても顔を触る必要がある場合は、手が清潔であることを確認するか、清潔なティッシュを使って顔と手の間にバリアを作りましょう。

家族ができるだけ健康でいられるようにしましょう。バランスのとれた食事、十分な水分摂取、定期的な運動を心がけましょう。

免疫力を高めるために、ビタミンCの摂取量を増やしましょう。体が健康であればあるほど、細菌やウイルスを撃退する能力が高まります。

病気の人との接触を避ける。特に、お子さんや高齢のご両親が病気にかかっていて、自分がその世話をしている場合には、言うは易く行うは難しかもしれません。

しかし、そうでない場合は、友人や家族、同僚など、病気の人との接触を避けるようにしましょう。周りにいなければいないほど、インフルエンザに感染する可能性は低くなります。

ティッシュをたくさん用意しておく

ティッシュをストックし、家族全員が簡単に手に入れられるようにしておきましょう。咳やくしゃみをしたときにはティッシュを使うようにして、空気中の細菌を吸い込むのを防ぎましょう。ティッシュはすぐにゴミ箱に捨て、手を洗ってください。

くしゃみが出そうなのにティッシュが見当たらない場合は、ひじの内側にくしゃみをしてください。手を使ってもすぐに洗わないと、触ったものに菌が付着しやすくなります。

症状が出てきたら、家にいる

体調不良を感じ始めたら、その日は休んで体を休めましょう。早めに病気の芽を摘んでおけば、回復も早くなります。また、他の人にインフルエンザを感染させないようにしましょう。

予防接種を受ける

一部の例外を除き、生後6ヶ月以上の人にワクチン接種を推奨しています。ワクチンの接種は、お住まいの地域でワクチンが入手可能になった時点で受けるのがベストです。ワクチンを接種すると、頭痛や痛み、発熱などの軽い副作用が出ることがありますが、ほとんどの場合、インフルエンザの予防接種を受けた方が良いと考えられています。

インフルエンザ予防接種の基礎知識

インフルエンザワクチンを毎年接種することで、インフルエンザにかかるリスクを減らすことができます。なるべく早く接種することをお勧めします。ただし、米国では秋から冬にかけてのインフルエンザシーズン中は、予防接種を受けることができますので、今からでも遅くはありません。

インフルエンザ予防接種には、季節性インフルエンザの原因となる主なウイルスを不活性化したものが含まれています。各年のワクチンに含まれるウイルスの種類は数種類あり、これらは注射で投与されます。鼻腔スプレータイプのインフルエンザワクチンは、活性のあるウイルスを弱くしたものです。若い人(2歳から49歳まで)、健康な人、妊娠していない人に適しています。鼻から接種するため、特別に作られたミスト状のワクチンを吸い込みます。

ワクチンを接種してから、体がインフルエンザウイルスに対する抗体を形成するまでに約2週間かかります。しかし、現在のワクチン接種状況に関わらず、インフルエンザやその他のウイルス性疾患に感染するリスクを減らすためには、上記の予防策を忘れずに実践することが重要です。

タイトルとURLをコピーしました