Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
Apple
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

自然に歯を白くすることができる5つの食品

 

多くの人が歯の変色をよく訴えています。数多くの要因によって、歯は白以外の異なる色を帯びることがあります。そうなると、人前で口を開けたり、「チーズ」と言ったりすることが難しくなるため、自分に対する自信のレベルに影響を与えるかもしれません。

歯を白くする方法は数多くあります。さまざまな会社が歯のホワイトニング製品を販売しています。

例えば、化学製品を使わずに歯を白くしたいとしたら、自然食品を食べるのがよいです。これらの食品には必要な栄養素が含まれており、健康を損なうことなく、徐々に歯を白くすることができます。しかし、その前に、歯を変色させるものについて考えてみましょう。

歯の変色の原因となるもの

衛生状態の悪さ

歯の衛生状態は、自分の生活の中で重要な部分です。軽い気持ちで歯磨きをしている人にとって、歯の変色は避けられないものです。フロスや歯磨きを定期的にしないと、歯に汚れがたまり、徐々に蓄積されていきます。さらに、プロによる歯のクリーニングを怠ると、後々、歯の汚れに対処するのが難しくなります。

疾患

歯の変色は、歯の衛生状態の悪さが原因ではないこともあります。むしろ、ある種の病気が原因となっていることがあります。これらの病気は、歯のエナメル質の正常な発達を妨げ、最終的に歯を変色させます。また、化学療法や首への放射線治療などの医療行為が、歯の変色の原因になることもあります。

薬物療法

奇妙に思われるかもしれませんが、薬は歯の変色を引き起こす可能性があります。抗生物質などの薬が歯を変色させるという証拠があります。抗生物質はエナメル質の形成に影響を与えることが多く、特に8歳以下の子供に多いと言われています。同様に、クロルヘキシジンを含む洗浄剤や洗口剤も、歯の変色につながる可能性があります。そのため、歯の形成期にある子どもたちの歯科治療には十分な注意が必要です。

環境

これは意外と知られていないことです。環境もまた、人間の生活に大きな影響を与えてきました。歯の形成期に、多くのフッ化物が存在すると、歯が変色してしまいます。過剰なフッ化物は、高濃度の水や歯磨き粉などから摂取される可能性が高いです。このような事態を避けるためには、家の中を流れる水のフッ化物の状態を注意深く見極め、また安全な歯磨き粉を購入するのが賢い方法でしょう。

自然に歯を白くすることができる5つの食品

ここでは、歯のホワイトニングに良い影響を与える食品をご紹介します。

イチゴ

イチゴを定期的に摂取することで、歯を元の白い状態に戻すことができます。イチゴにはリンゴ酸が含まれており、このリンゴ酸には歯の汚れを除去する漂白作用があります。このイチゴを混ぜて、歯に塗ることができます。約5分間放置した後、水で洗い流します。洗い流した後は、歯磨きをして、その後、フロスを使います。

リンゴ酸は、口の中の唾液の分泌と循環を促進します。唾液は常に汚れを洗い流してくれます。このように口の中が濡れた状態になることで、歯の変色が起こりにくくなります。

イチゴはその性質上、シャツやドレスを汚してしまうことがあります。イチゴを潰して使う際には、注意が必要です。

パイナップル

歯はペリクルと唾液のタンパク質によって守られています。ペリクル層は歯を覆っていますが、食べ物の色素を吸収しやすく、それが蓄積されると歯の変色につながります。

汚れが蓄積すると、細菌はその材料を手に入れることができます。歯の周りにバクテリアがいると、早めに手を打たないと変色が進行してしまいます。

しかし、パイナップルには天然の栄養素が含まれているため、ペリクルを簡単に溶かすことができます。パイナップルに含まれるブロメラインには、タンパク質を分解する働きがあり、その結果、歯に付着した汚れを溶かすことができます。

牛乳

十分な量の牛乳を飲むことも、変色した歯の解決策になります。牛乳には乳酸が含まれており、歯のエナメル質を白くする力があります。さらに、牛乳は唾液の分泌量を増加させ、汚れを洗い流してくれます。

さらに、牛乳にはカゼインというタンパク質が含まれており、これは汚れを落とす働きがあります。また、カゼインはリン酸カルシウムを生成し、虫歯の修復や歯垢の蓄積防止に役立ちます。

専門家によると、カゼインはタンニンが歯に蓄積するのを防ぎ、ましてや変色の原因になることもないそうです。さらに、ヨーグルトやチーズなどの他の乳製品にも、ステインを洗い流す乳酸が十分に含まれています。

りんご、にんじん、セロリ

これらの野菜や果物には、天然のステインリムーバーが含まれており、唾液の分泌を促進します。唾液の分泌量が増えると、口の中の洗浄速度が速くなり、汚れが付きにくくなります。さらに、歯の変色や口臭の原因となるバクテリアを溶かしてくれます。さらに、歯ごたえのある果物なので、歯を磨く効果もあります。

スイカ

イチゴにはリンゴ酸が含まれており、これが歯をきれいにする効果があります。しかし、スイカの方がリンゴ酸の量が多く、歯の洗浄効果がより高いとされています。

また、スイカの繊維質には、歯の汚れを落とすスクラブ効果があると言われています。しかし、その根拠はあまりありません。しかし、多くの人が自然に歯を白くするためにスイカを使っており、その効果を認めています。

定期的な歯磨きとフロス

自然に歯が白くなるには、どのくらいの時間がかかるのかを把握するのは難しいです。市販の製品ではないため、結果が出るまでに時間がかかります。しかし、時間の長短にかかわらず、定期的な歯磨きとフロスの使用を心がけるべきです。

そのためには、フロスを使うスケジュールを立てることが大切です。歯磨きとフロスは、歯の白さを保つための最も効果的な方法の一つです。専門家は、1日2回、できれば朝と夜に磨くことを勧めています。また、口の中の汚れをすべて取り除くために、ブラッシングは徹底的に行いましょう。

歯の変色は現代の大きな問題となっています。化学製品を使いたくない場合は、上記のような自然食品を選べば、徐々に歯を白くすることができます。そのために必要なことは、定期的にそれらを食べることです。さらに、歯磨きとフロスを忘れないようにしましょう。そうすれば、期待通りの効果が得られます。

ホワイトニング
「ホワイトニング」の記事一覧です。
タイトルとURLをコピーしました