Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
Apple
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

PCの仕事で眼精疲労を軽減する3つの方法とは?目の酷使に疲れ目改善!

 

家で過ごす時間が増えました。コロナウイルスの影響で、多くの人が自宅で仕事をする機会を得たのです。しかし、多くの人がそのメリットを享受している一方で、リモートワークはポジティブなことばかりではありません。

多くの研究によると、オフィスよりも気が散らなく集中できるため、自宅で仕事をする方が生産性が向上するそうです。だから、IT企業など多くの企業がリモートワークを導入しました。しかし、仕事に集中することで、画面を見つめる時間が増え、目を酷使することになるのです。

そこで、在宅勤務中の眼精疲労を軽減し、目の健康を増進するための3つの方法をまとめました。これらの方法は、視力の維持に役立つだけでなく、生産性と幸福感を高めることができます。

眼精疲労の症状

眼精疲労の症状を見極めることは非常に重要です。眼精疲労による長期的な影響は証明されていませんが、スクリーンから放出される短波長の高エネルギー光であるブルーライトを浴び続けると、網膜に損傷を与える可能性があります。

スクリーンが引き起こす問題は、コンピュータビジョン症候群という総称で表され、その症状は以下の通りです。

目の痛みやかゆみ
涙目、ドライアイ
視界がぼやける
頭痛や偏頭痛
背中、肩、首の痛み
集中力の低下
目を開けているのがつらい
光に対する感度が高くなる

在宅勤務中の眼精疲労の主な原因は、デジタル機器の画面を見ることが多いのですが、その他にも以下のような原因があります。

読書中に目を休めない
長距離を休憩なしで運転する
明るい光を浴びる
薄暗い場所で見ようとする
ストレスや疲労
扇風機、エアコン
潜在的な目の問題

眼精疲労を軽減する方法

1. 目の検査をする

眼精疲労の大きな原因の1つは、未矯正の視力のような目の問題があることです。眼精疲労の症状が出てきたら、眼鏡店で目の検査を受けてみましょう。

眼鏡店では、視力に関する根本的な問題を見つけ、眼精疲労の症状を和らげ、集中力を高めるための眼鏡を処方してくれます。処方箋をもらった場合は、自分が気に入ってかけられるメガネを選ぶことが大切です。気に入らないメガネを選んでしまうと、必要以上にかけなくなる可能性があります。

一般的なフレームからデザイナーズ・グラスまで、さまざまな種類のアイウェアがありますので、きっと自分に合ったメガネがあるはずです。また、メガネが苦手な方には、コンタクトレンズもあります。

2. スクリーンタイムを監視する

コンピュータやデジタル機器の長時間使用は、眼精疲労の最も大きな原因の1つです。印刷物よりも画面の方が目が疲れるのは、以下の理由によります。

画面に近すぎたり遠すぎたりする。
デバイスにはまぶしさや反射がある
コンピュータを使っているときは、まばたきが少ない
文字と背景のコントラストが悪い。

在宅ワークでは、多くの人が働く時間に柔軟性を持たせることができます。そのため、仕事中に目を休ませる時間を作ることができます。

原則として、スクリーンを20分見るごとに、20秒目を離して20m先のものを見るようにしてください。これは「20/20/20ルール」と呼ばれるもので、何かに夢中になっていると忘れがちですが、眼精疲労を軽減するための簡単な方法です。このエクササイズは、目の筋肉をリラックスさせ、目をリセットするようなものです。

画面から受ける目の負担を軽減するだけでなく、集中力を高める効果も期待できます。20秒の休憩にしては悪くないと思いませんか?

目のヨガをすることで目を鍛えることもできます。目のヨガでは、焦点をずらしたり、目を回したり、手のひらを使ったりして、目をリラックスさせ、スクリーンの使いすぎから回復させます。

仕事でパソコンを使用する際の眼精疲労を軽減する方法としては、他にも以下のようなものがあります。

画面を手の届く位置に置く
画面の上部が目の高さに来るようにする。
画面の設定を変えて、文字を大きくしたり、コントラストや明るさを調整する。

3. 定期的に休憩をとる

20/20/20の法則に従うのは当然ですが、定期的に長めの休憩を取るべきです。長時間でなくても構いませんが、少しの時間を取ることで目の筋肉がリラックスします。

さらに、定期的な休憩は目の健康だけでなく、以下のようなメリットもあります。

記憶力の向上
エネルギーを補給する
ストレスの軽減
創造性、生産性、パフォーマンスの向上
心身の健康増進

休憩中は、できるだけスマホなどの他の画面を見ないようにしましょう。休憩中にSNSやメール、LINEを見たくなるかもしれませんが、それでは目がリラックスできません。休み時間に何をしたらいいか悩んでいるなら、散歩に出かけたり、お気に入りの音楽を聴いたりするといいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました