Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
Apple
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

パソコンやスマホのブルーライト対策!睡眠改善して目の視力を守る方法とは?

 

多くの人は、1日の大半をパソコンや携帯電話などの画面を見て過ごしています。友人や家族と連絡を取り合うには良いことですが、視力に悪影響を及ぼすこともあります。ここでは、スクリーンから発せられる有害なブルーライトから目を守るための簡単な方法をご紹介します。

ブルーライトをカットするメガネ

画面疲れから目を守るためには、ブルーライトをカットするメガネが最適です。このメガネは、スクリーンから出る有害なブルーライトをブロックするので、一日中ブルーライトブロッカーをかけていれば、よく眠れるだけでなく、朝の眼精疲労も防ぐことができます。

さらに、他の有害な光線からも目を守ることができるという利点もあります。ブルーライト・ブロック・グラスは、あらゆる角度から目を保護するために3つの異なる品質のレンズで作られているので、1日中テクノロジーを使っていても安心です。

また、ブルーライト・ブロック・グラスがどのように睡眠を助けるのか気になるところですが、実はブルーライトは、夜間に脳がメラトニンを生成するのを難しくする要因となります。

眠るために必要なホルモン?このレンズを使用したメガネは、基本的にブルーライトをカットするので、脳がこのホルモンを生成し、夜に早く疲れを感じることができます。

スマホ用スクリーンカバー

眼鏡をかけたくない場合は、スクリーンプロテクターを使う方法もあります。スクリーンプロテクターは、近くの画面から出るブルーライトの量を減らすだけなので、部屋の反対側の画面を見るときの眼精疲労にはあまり効果がありません。また、メガネよりも価格が高い傾向にあります。

スマホのブルーライト対策アプリ

実際のフィルターを使用したくない場合は、ブルーライトフィルターアプリをダウンロードすることができます。これらのアプリは、実際に画面の色を変えて、眼精疲労を和らげてくれます。また、夜にスマホを使うときも、画面の色を変えることで目を保護してくれます。

アプリの使用を忘れないようにして、その都度、オンとオフを切り替えるとよいでしょう。朝になって忘れてしまうと、一日中、スクリーンなしで目が無防備になってしまいます。

定期的にスクリーンから離れる

画面を見ないで休憩することも眼精疲労に効果的です。また、パソコンやタブレットをお持ちの方は、30分ごとに休憩をとってくれるアプリを利用してみてはいかがでしょうか。画面を見ている時間が長いのですから、目を守るために適切な予防措置をとりましょう。

パソコンによる眼精疲労を防ぐために

画面を見るときは、通常、20センチほど離れて座ります。また、画面を少し下に見て、目の高さと水平になるようにします。もし、水平でない場合は、アタッチメントを使って正しい位置に設置することができます。

また、メガネやコンタクトを使用している場合は、それらが画面の表示に影響していないかどうかを確認してください。ノーラインのパソコン用遠近両用メガネは、目の視力を矯正し、目の負担を防ぐことができます。また、ブルーライトフィルターで遊ぶのも効果的です。

また、日没後の照明を調整することも重要です。暗いところで画面を見ていると、目が疲れるだけでなく、後で眠れなくなってしまいます。部屋の照明は、画面に表示されているものが見える程度の明るさにしましょう。

ほとんどの方は、一日中スクリーンの前で過ごしています。仕事中でも休日でも、テクノロジーから離れられないと言っても過言ではありません。1日中スクリーンを使うことには多くのメリットがありますが、目に悪い影響を与えることもあります。幸いなことに、寝る前や一日中、画面を見るときに目を保護する方法があります。

保護メガネや、ブルーライトの量に応じて色が変わるアプリなど、これらのツールは、視力を健康に保つだけでなく、グレア(眩しさ)のようなスクリーンから発生する他の有害な光線からも保護してくれます。

タイトルとURLをコピーしました