Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
Apple
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

目のぼやけた視界の6つの主な原因とは?視力を回復する方法!

 

目には様々な問題がありますが、このような場合の処方箋眼鏡の重要性は決して過小評価されたり見過ごされたりするものではありません。

目は体の中で最も敏感な部分であり、特に適切なケアをしていないと、生涯にわたって多くの問題に見舞われる可能性があります。処方箋を必要とする人は、最も一般的な視覚の問題の多くを避けることができ、それに伴う多くのメリットがあります。

ぼやけた視界の6つの主な問題は以下の通りです。

1. 高血糖

血糖値が高いと、目のレンズが腫れてしまい、視界がぼやけてしまいます。腫れは目の形を変え、目の焦点の合わせ方も変えてしまいます。糖尿病の合併症が起こる前に、高血糖が原因で目がかすむことがあります。

幸いなことに、この問題は通常、数時間から2、3日しか続きません。重要なことは、何か症状が出た場合、2型糖尿病のリスクがあるので、高血糖が疑われる場合はすぐに確認することです。また、家族に肥満の人がいる場合も、すぐに検査を受けてください。その他の症状としては、過剰な喉の渇きや頻尿などがあります。

2. 眼精疲労

私たちは一日に何時間もスマートフォンやコンピュータの画面を見ています。画面を見続ける時間が長い人は、長時間にわたって眼精疲労が発生する可能性があります。眼精疲労を回避するためには、画面を見る時間を制限し、必要に応じて1日中休憩を取るようにしましょう。また、夜間や悪天候の中での運転や読書なども原因の一つとされています。

3. 脳卒中

脳卒中により、視覚を司る脳の一部が侵されると、片目、あるいは両目の視力が低下したり、ぼやけたりします。目に関わる脳卒中では、体の片側が弱くなるという特徴があるため、片方の目が見えなくなります。脳卒中には他にも症状があり、体の片側に力が入らなくなったり、話すことができなくなったりすることがあります。

4. 偏頭痛

偏頭痛は多くの人を衰弱させますが、処方箋付きのメガネを持つことは、これらを永久に防ぐ一つの方法です。多くの場合、片頭痛の発作は前兆の後に起こり、目がかすむことがあります。

また、点滅する光や波打つ光など、感覚の乱れが見られることもあります。頭痛を伴わずに前兆を経験する人もいます。処方された累進屈折力眼鏡は、症状を緩和することが証明されており、治療法の一つとして非常に推奨されています。

5. 傷と瘢痕

裸眼に何かが触れると、風で舞い上がった粉塵や、誤ってゴミが目に入った場合など、目に傷がつく可能性があります。角膜擦過傷は最も一般的な目の怪我で、症状としては目の大きな違和感、充血、涙、光に対する感度、目のかすみなどがあります。なお、すべての傷は視力に影響を与えますが、角膜の外側にある傷は視力に影響を与えません。

6. 視神経の炎症

視神経炎とも呼ばれる視神経の炎症は、眼球から脳に視覚情報を伝達する神経線維の束である視神経が、腫れによって損傷を受けた場合に起こります。視神経炎によく見られる症状としては、眼球運動時の痛みや片目の一時的な視力低下などがあります。

視神経の炎症に伴うその他の問題としては、視力の低下、視野の歪み、さらには失明などがあります。緑内障と診断された方には、点眼薬、内服薬、レーザー治療などの治療法があります。

目の健康を守るために

幸いなことに、ほとんどの人にとって、視力の低下やぼやけの原因のほとんどは、視力を永久に脅かすものではありません。しかし、場合によっては救急外来や医師の診察を受ける必要があるかもしれませんが、何よりも大切なのは、できるだけ早く診察を受けることです。

急に目の変化に気づいたり、目に痛みを感じたり、特定の場所の視力が低下したりしたときは、すぐに対処して健康を守りましょう。

タイトルとURLをコピーしました