Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
Post Type Selectors

人生の長寿と日々の集中力のために安定した良質な睡眠をとる!

安らかで安定した睡眠をとることは、日常の機能性を高めるだけでなく、免疫力や代謝、精神的な明晰さなどを高めることにもつながります。

人生の長寿と日々の集中力のために良質の睡眠をとる

ぐっすり眠った後に仕事をするのと、寝返りを打った後に仕事をするのとでは、その違いに気づいたことはありますか?集中力のレベルや気分、生産性に大きな違いが出てきます。

3人に1人は睡眠不足だと言われています。睡眠が長寿を含めた健康全般を支える基盤であることがわかっているにもかかわらず、社会が睡眠を健康の重要な側面として評価していないと考えています。

睡眠に悩んでいるのは、自分だけではありません。睡眠のメリットを理解することで、健康面での取り組みのモチベーションを高め、日常生活や休息を優先する習慣を改善することができます。

睡眠中に何が起こっているのか?

身体は睡眠を必要としています。空腹感と同じように、睡眠を必要としています。空腹と睡眠の違いは、どちらも必要不可欠なものですが、体は強制的に眠らせることはできても、強制的に食べさせることはできません。

このような睡眠の側面を「睡眠欲」と呼んでいます。睡眠欲は、精神的エネルギーに応じた日常生活の形成に重要な役割を果たすサーカディアンリズムと並んで、睡眠を調整するために不可欠なものです。

睡眠には5つのステージがあり、ノンレム睡眠(ステージ1~4)とレム睡眠の2つに分かれています。レム睡眠では、脳細胞が非常に活発に活動しており、科学的には起きている時よりも最大30%も活発に活動していると言われています。レム睡眠は、夢を見る段階として知られています。また、科学的には、情報を吸収したり考えたりする能力である神経の可塑性を調整するのに重要な役割を果たしています。

以前はレム睡眠が最も重要だと考えられていましたが、最近の研究では、ノンレム睡眠が回復的な休息や学習・記憶の強化に適した段階であることがわかってきました。一般的な夜には、レム睡眠とノンレム睡眠の間で約4回の睡眠サイクルを経ることになります。これは、翌日のパフォーマンスや一般的な寿命を助けるために不可欠です。

人生の長さと日々の集中力

神経の可塑性の話に戻りますが、眠らないと頭がぼーっとして、同じように情報を処理することができなくなります。考えてみてください。自分の人生は、インプット、プロセス、アウトプットという知覚に関するものです。睡眠不足になると、脳は本来のパフォーマンスを発揮できなくなります。

お腹が空いていれば、食事をして、昼食抜きでは進まないでしょうし、もしかしたら「ハングリー」という合図を感じて何かを食べるかもしれません。睡眠でも同じように体が合図を出しますが、人はそれを無視しがちです。

また、研究によると、体は睡眠を利用して、起きているときにはできないメンテナンスを行っています。起きているときには、体の処理や信号の送信など、体がコントロールしなければならないことがたくさんあります。睡眠中は、心配事が1つ減り、必要なメンテナンスを行うことができます。

睡眠負債は、例えば生涯にわたるような長期間にわたって続くと、うつ病、発作、高血圧、免疫系の低下、さらには糖尿病などの代謝に関する問題など、病気のリスクが高まると言われています。

睡眠負債は、精神的にも肉体的にも機能するために必要なメンテナンスの時間、つまりセルフケアの時間を奪っていると考えてください。

あわせて読みたい
    error: