Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す

コロナウイルスの症状、原因、診断、治療方法について

 

コロナウイルスの症状のほとんどは、風邪のような軽度の呼吸器疾患を与えるなど、人々に簡単な影響を与えるだけです。

コロナウイルスの症状

風邪のウイルスに感染すると、2~3日で症状が現れますが、1週間ほどかかる場合もあります。
鼻やのどの炎症が最初の症状です。その他、コロナウイルスの症状として現れるものは以下の通りです。

コロナの最も一般的な症状

発熱
乾いた咳
疲れやすさ
痛み
喉の痛み
下痢
結膜炎
頭痛
味覚・嗅覚の喪失
皮膚の発疹、手足の指の変色
重篤な症状
呼吸困難や息切れ
胸の痛み、圧迫感
言葉が出なくなる、体が動かなくなる

コロナウイルスの原因

そのためには、コロナウイルスの原因や、人から人への感染経路を理解する必要があります。
この病気の原因となるウイルスはいくつかあります。

ライノウイルス
コロナウイルス
コクサッキーウイルス

風邪は、咳やくしゃみ、ウイルスの単なる吸引によって感染するため、治療が可能で、衛生的なケアが必要です。

コロナウイルスの診断

コロナウイルスは、臨床検査で診断されます。医療機関では、唾液のサンプルを採取したり、鼻やのどをぬぐったりして、検査に回すことがあります。

コロナウィルスの治療方法

幸いなことに、感染症を治療し、感染の拡大を遅らせる方法がいくつか証明されています。
以下に、感染から身を守り、感染の拡大を遅らせるのに役立つ治療法をいくつかご紹介します。

石鹸水がウイルスを殺すのに必要な時間であるため、少なくとも20秒間は手を洗った方がよいです。
くしゃみや咳をしている人がいたら、その人から1メートル以上離れるようにしましょう。

ワクチン予防接種を受ける。
水分を十分に摂る。
尿の色が薄く透明になるくらいに水分を摂る。
なるべく、顔に触れないようにする。
くしゃみや咳をするときは、鼻と口を覆って、飛沫が他の人や目の前のものに感染しないようにする。
社会的距離を置き、必要なとき以外は外出を控える。
他者との接触を制限し、勧告にしたがって自宅待機する。
フェイスマスクを常に正しく着用する。
ウイルスに感染していると思われる場合は、外出を控え、部屋の中にいる。
タバコを吸ったり、肺を弱らせるような行為をしない。
余分な屋内空間や混雑した屋外を避ける。
追加の治療

すべての患者さんに対して、支持療法が推奨されます。

自宅で安静にする
痛み止めや解熱剤を飲む
加湿器の使用や熱いシャワーを浴びる。
水分を多めに摂る
この記事もおすすめ
    タイトルとURLをコピーしました