Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す

妊活で不妊とストレスは関係ある?

 

一般に、ストレスは体に害を及ぼすものと認識されています。しかし、本当にストレスと妊活は関係があるのでしょうか?

慢性的なストレスは私たちの健康に害を及ぼすことが分かっています。体内の多くの器官や腺を活性化し、頭痛や心拍数の上昇など、好ましくない反応を引き起こします。しかし、不妊とストレスの間には、本当に直接的な関係があるのでしょうか?

ストレスは精神的にも肉体的にも私たちに影響を与えます。常に警戒している状態は、体を本当に消耗してしまいます。そして、それをどのように管理しようとするかによって、その影響は大きくも小さくもなるのです。ですから、適切なツールを見つけることが重要なのです。

妊娠する

妊娠を希望しているにもかかわらず、なかなか妊娠しない場合、女性は心配になり、頭でっかちになってしまうのが普通です。このような状況は、それぞれのケースで異なりますが、女性の健康、ひいては生殖能力に影響を与える可能性があります。

体に関しては、すべてが関係しています。内的・外的な様々な要因が不妊に影響します。

人にもよりますが、ストレスの増加は女性の睡眠パターンや食欲を変化させることがあります。また、ホルモンの分泌量が急激に変化し、排卵不順の原因になることもあります。

ストレスを軽減するためには、どうしたらよいのでしょうか。
さまざまな活動は、私たちの気をそらし、心を解放し、全体的に気分をよくするのに役立ちます。ストレスレベルをできるだけ低く保つために、それらを応用することが推奨されます。このような場合、最も人気があり、推奨される活動は、ヨガです。

習慣になるまで深い呼吸をする練習をする

瞑想する。ビーチや森の中の小屋など、静寂と落ち着きを与えてくれる心地よい空間をイメージする。

適切な食事と水分補給をする。
信頼できる人や心理学者と、必要なときに息抜きをする。
運動する(ヨガなど、自分が好きなスポーツやアクティビティをする)。
良い人間関係を保つ。親密で、愛情深く、親切であることが必要です。

大切なのは、すべてを一度に解決しようとしないことです。そうではなく、少しずつ、心を解放し、人生のポジティブな面に目を向け、自分自身を力づけるようにしましょう。これは、短期的にも長期的にも有益なことです。

妊活やストレスを軽視することで、心がスッキリし、結果的に体も安定するのです。

研究結果は?

最近行われた研究によると、α-アミラーゼの値が高い女性は妊娠しにくいということです。ストレスや緊張、動揺を感じることで排卵サイクルに変化が生じ、その結果、受精が複雑になるということです。

この研究によると、過剰なストレスは視床下部の機能に影響を与える可能性があるそうです。この器官は、ホルモン(したがって感情)を調節する役割を担っている。

ストレスを感じると、女性だけでなく男性にも影響があり、精子の生産量が大幅に減少することがあります。このように、ストレスを感じると、性別に関係なく、さまざまな体質になってしまうことがあるのです。さて、どうすればこれを回避できるのでしょうか?

妊活とストレスの対処法を学ぶ

ストレスフルな状況に直面したとき、自分の感情を正しくコントロールできるようになることが必要です。もちろん、一朝一夕にできることではありませんし、日々、努力しなければならないことも知っておく必要があります。

魔法の公式はなく、ある日は他の日よりも難しいでしょうが、進歩することは可能です。

不妊治療を受けている女性がストレスを感じると、結果に影響が出ることがあります。そのため、感情をコントロールし、物事を流れに任せることを学ぶことが不可欠です。

冷静さを保ち、理解し、信頼することは、恐怖からくる大きな期待よりもずっと有利に働くのです。

この記事もおすすめ
    タイトルとURLをコピーしました