Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
Post Type Selectors

オミクロン株感染(新型コロナウイルス)の特徴で知っておくべきことまとめ

コロナの流行を通じて、ウイルスが変異・進化を続ける中で、いくつかのコロナウイルス変種が出現しています。これらの変種の変異の多くは、ウイルスが人間に与える影響にはほとんど、あるいは全く影響を及ぼさないです。しかし、デルタ変種の遺伝子変化のような他のものは、2019年後半に発見されたオリジナルバージョンよりもコロナウイルスをより感染しやすい伝染性にすることができます。

2021年11月、コロナウイルスの変種が出現し、世界保健機関(WHO)によりオミクロンと命名されました。WHOは現在、オミクロンを懸念される変種として挙げています。

オミクロンは学ぶべきことがたくさんある

オミクロンは最近出現したため、科学者たちはオミクロンを知り始めたばかりですが、熱心な研究によって、この変異型に関するより多くの洞察や、その遺伝子の変化が感染拡大や感染者にどのような影響を及ぼすかが急速に明らかにされつつあります。今後数週間のうちに、さらに多くのことが明らかになり、いくつかの疑問も解決されます。

オミクロンの方が感染力が強いのか?

オミクロン変異体はデルタ変異体よりも感染力が強いことを示唆する予備的な証拠がいくつかあります。しかし、ワクチン接種、ディスタンス、換気、手洗いなどの標準的な予防策が、感染や伝播のリスクを減らすのに有効でないという証拠は今のところありません。

オミクロンはコロナをより重症化させるか?

オミクロンについては、非常に限られたデータしかありません。しかし、これまでのところ、答えはいいえであるように思われます。これについては、今後数週間のうちにもっとわかるようになります。

コロナワクチンは今でも効果があり重症化するリスクを軽減するのでしょうか?

これが最も重要な問題であり、データが少ないため、まだ多くのことが分かっていないです。

ブースターも含めて完全なワクチン接種を受けることで、入院や死亡のリスクを低減することができると思います。
今後数週間のうちに、現在のワクチン接種によって誘導された抗体が、実験室でどの程度オミクロン変異体を中和できるのかについて、さらに詳しく知ることができます。

また、現在のワクチンでは、この変異体による重症化や死亡に対する最適な防御が得られないことが判明した場合、現在のワクチンを迅速に修正してオミクロンに対応させることができると確信しています。

コロナの検査でオミクロン変異体は表示されますか?

市販の診断用PCR(ポリメラーゼ連鎖反応)および抗原コロナ検査は、依然としてオミクロン変異体の同定に有効であるようです。家庭用の迅速検査がどの程度、この新しい変異体を検出できるかについては、今後数週間のうちにもっとわかるようになると思います。

現在の抗ウイルス剤は、まだオミクロンに効くのでしょうか?

抗ウイルス剤の中には、ウイルスが体内で自分のコピーを作る(複製する)能力を制限することで効果を発揮するものがあります。レムデシビルは、コロナの治療薬として現在緊急使用を認めている唯一の抗ウイルス剤です。他の2つの抗ウイルス剤(メルク社とファイザー社)は、同様に認可されるかどうか、審査を受けているところです。

これまでのところ、これらの薬剤が他の亜種よりもオミクロンに効きにくいことを示唆するようなデータはないそうです。しかし、継続的な研究により、これらの変異体について、また、薬剤がウイルスの複製に及ぼす潜在的な影響について、より多くのことが明らかになります。

現在のモノクローナル抗体治療は、オミクロン変異体感染者にも有効なのか?

他の変異型については、高リスクの感染者および曝露患者に早期にMAbsを提供することで、入院および死亡のリスクを最大70%低減することができます。

現在のモノクローナル抗体治療がオミクロン変異体にどの程度効くかはまだわかりませんが、実験室でオミクロンをどの程度中和できるかはすぐにわかります。

オミクロンについては、まだまだ学ぶべきことが多いです。

あわせて読みたい
    error: