Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す

新型コロナウイルスワクチンで知っておきたいことまとめ

 

ワクチンの効果は?

ワクチンは、ウイルスやその他の細菌に対する免疫を獲得するためのものです。ワクチンは、その細菌の害の少ない部分、あるいはその細菌のように見せかけたり振る舞わせたりして作られたものを、人の体内に導入するものです。

体の免疫システムは、その特定の細菌と戦う抗体を発達させ、その細菌によって病気になるのを防ぐことができます。その後、その人が再びその細菌に出会った場合、免疫システムはそれを「認識」し、撃退方法を「記憶」することができます。

コロナウイルス感染症のワクチンはありますか?

いくつかの新型コロナウイルスワクチンは、特定の年齢層での緊急使用が許可されています。認可されたすべての新型コロナウイルスワクチンを、新型コロナウイルスによる重症化、入院、および死亡を防ぐのに非常に有効であるとみなしています。

新型コロナウイルスをワクチンでどのように予防するのですか?

新型コロナウイルスの原因となるコロナウイルスは、各ウイルス粒子上にタンパク質のトゲを持っています。この突起は、ウイルスが細胞に付着して病気を引き起こすのを助けます。

コロナウイルスワクチンの中には、体がこれらのスパイクタンパク質を「認識」し、スパイクタンパク質を持つコロナウイルスと闘うように設計されているものがあります。

有効なワクチンは、その人がコロナウイルスに遭遇した場合、新型コロナウイルスに感染する確率を下げることによって、その人を保護します。より重要なのは、ワクチンが重症化、入院、死亡を防ぐかどうかです。 現時点では、3種類のワクチンとも、新型コロナウイルスによる重症化、入院、死亡を予防する効果が高いことが分かっています。

ワクチンが広く行き渡れば、コロナウイルスはそれほど多くの人に感染しないことになります。このことは、地域社会での感染を制限し、ウイルスが新しい変異型に変異し続ける機会を制限することになります。

新型コロナウイルスは何回接種するのですか?

ファイザー社とモデルナ社のワクチンは、数週間あけて2回接種する必要があります(ファイザー社は1回目の接種から3週間後、モデルナ社は1回目の接種から4週間後)。ジョンソン&ジョンソン社の新型コロナウイルスワクチンは1回接種で済みます。

完全接種とはどういう意味ですか?

ファイザーやモデナなどの2回接種シリーズの2回目の接種から2週間後。
ジョンソン・エンド・ジョンソンのワクチンを1回接種してから2週間後。

しかし、臨床試験のデータから、特に新型コロナウイルスの重症化予防や無症状感染の有無について、単回接種から4週間後にさらなる改善があることが明らかになっています。このため、単回接種の4週間後に完全なワクチン接種とみなすことを推奨しています。

この条件を満たさない場合は、完全なワクチン接種とは言えません。

新型コロナウイルスの2回接種の場合、2回目の接種が遅れたらどうなるのでしょうか?

ファイザー/バイオテック社の新型コロナウイルスワクチン接種の1回目を受けた場合、2回目の接種は1回目の接種から3週間後に行うべきとしています。

もし、自分の最初のコロナウイルスワクチンがモデルナのものであれば、2回目の注射は最初の注射から4週間後に行うべきです。

もし、何かの事情で2回目の新型コロナウイルスワクチンの接種が間に合わなかった場合でも、1回目の接種から6週間(42日)後までは接種が可能です。2回目の接種を遅らせることはお勧めしませんが、臨床試験のデータではこの範囲をサポートしています。

この期間を超えて投与されたmRNA 新型コロナウイルスワクチンの有効性については、現在のところ限られたデータしかありません。しかし、2回目の投与がこれらの間隔を越えて行われた場合、シリーズを再開する必要はありません。

2回目の接種を推奨より早く受けた場合はどうなりますか?

2回目のワクチン接種を推奨された時期よりも早く受けるべきではありません。しかし、すでに2回目の接種を受けていて、それが4日、または推奨される時期より早かった場合は、予防接種に問題はなく、予防接種シリーズを繰り返す必要はありません。

すでに新型コロナウイルスを接種している場合、新型コロナウイルスワクチンを接種したほうがよいですか?
はい、新型コロナウイルスにすでに罹患しているかどうかにかかわらず、新型コロナウイルスワクチンを接種することが新型コロナウイルスへの感染を防ぐ最善の方法であることを示す証拠が続いています。

以前に新型コロナウイルスに感染していてワクチンを接種していない場合、再感染するリスクは感染していてワクチンを接種した人に比べて2倍以上高くなります。

以前に新型コロナウイルスに感染した人にはある程度の免疫があることを示す証拠がありますが、どの程度の期間、再び新型コロナウイルスに感染することから守られるかはわかっていません。さらに、新型コロナウイルスにかかった後にワクチンによって得られる免疫のレベルは、新型コロナウイルスにかかったがその後ワクチンを接種しなかった人の免疫のレベルよりも高いです。

ワクチンを接種することで、新型コロナウイルスの感染拡大を抑えることができるため、他の人をより守ることができます。
ワクチン接種の際には、新型コロナウイルスの病歴(治療があった場合はその内容、回復時期など)を必ず医療機関に伝えてください。ワクチン接種の予約は、隔離期間が終了するまで待ってください。

保護と免疫

コロナウイルスの予防接種を受けた場合、やはりマスクは必要ですか?物理的な距離は?
新型コロナウイルスの感染拡大を継続的に監視し、完全予防接種者だけでなく、完全予防接種でない人にもフェイスマスクの着用を推奨しています。マスクと身体的距離を置くことを推奨しています。現在もすべての施設内ですべての人にマスクの着用を義務付けています。

ワクチンを受ける前に市販の薬を飲むと効果が薄れますか?

いくつかの研究では、ワクチン接種前に薬を服用すると、ワクチンに対する体の免疫反応を低下させる可能性があると示唆されています。しかし、これらの知見が臨床的に重要かどうかは不明です。また、他の研究では、抗炎症剤がワクチンに対する免疫反応に影響を与えることはありませんでした。

他の病気でアスピリンやアセトアミノフェン(タイレノールなど)、イブプロフェン(モトリン、アドビルなど)、ナプロキセン(アリーブなど)などの市販薬を常用している場合は、医師の指示に従い、または必要に応じて継続してください。その他、熱や炎症を抑えるアセトアミノフェンやイブプロフェンなどの市販薬は、ワクチンを受ける前に服用しない方がよいです。ワクチン接種後に不快感や症状がある場合は、その時こそ市販薬を服用して体調を整えましょう。

ワクチンの安全性と副作用

新型コロナウイルスワクチンの安全性と有効性はどのように確認するのですか?
新型コロナウイルスワクチンが安全で効果的であると宣言されるには、一定の試験と基準に合格する必要があります。
新薬やワクチンが一般に利用可能になるかどうか、またいつ利用可能になるかを決定しています。

注意しなければならないのは、ワクチンから新型コロナウイルスに感染することはないということです。ワクチンには、免疫反応を刺激するためのタンパク質やその他の生体物質が含まれていますが、コロナウイルスそのものではありません。

コロナウイルスワクチンの副作用は?

注射をした腕に痛みがあり、熱が出たり、体の痛み、頭痛、倦怠感などが1~2日続くことがあります。悪寒、リンパ節の腫れが起こることもあります。

アレルギーがあるのですが、新型コロナウイルスワクチンを接種してもよいですか?

ごく少数の患者において重篤なアレルギー性反応が報告されていますが、特定の食物、薬剤、昆虫、その他一般的なアレルゲンに対してアレルギーがある人も新型コロナウイルスワクチンを接種することができるとしています。

注射薬や他のワクチンで重いアレルギー反応(アナフィラキシー)を起こしたことがある人は、必ず新型コロナウイルスの接種について医師に相談してください。医師は自分を評価し、リスクを評価することができます。ワクチン接種後、通常の15分ではなく、30分ほど観察する必要があり、1回目の接種でアレルギー反応が出た場合は、2回目を受けられないことがあります。

現時点では、ワクチン成分のいずれかに重篤なアレルギー(アナフィラキシーなど)がある人は、そのワクチンを接種してはならないとしています。

新型コロナウイルスワクチンの安全性と有効性はどのように確認するのですか?

子どもでも新型コロナウイルスの接種を受けることができますか?

現在、5歳以上の子どもたちに新型コロナウイルスワクチンの接種を推奨しています。対象となる子どもたちに新型コロナウイルスワクチンを接種するようすべての家族に勧めています。現在、小児用として承認されている新型コロナウイルスワクチンは、ファイザー社のものだけです。

この記事もおすすめ
    タイトルとURLをコピーしました