Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
Post Type Selectors

オミクロンの新型コロナウイルスがデルタのケースより軽微である理由!

オミクロンの変異型は、新型コロナウイルスの症例と入院を劇的に増加させましたが、重篤な病気は少ないです。

オミクロン変異体は、新型コロナウイルスの入院と症例の急増を引き起こしています。
しかし、研究者たちは、オミクロンに関連する症例は通常、デルタ変異体に関連する症例よりも重症度が低いことに注目しています。

その理由の一つは、オミクロンの変異型は上気道系にとどまる傾向があり、肺に移動しないことです。
現在新型コロナウイルスで入院している人々のほとんどは、ワクチン未接種か、2型糖尿病などの持病を持っています。
新型コロナウイルスの中でも伝播の早いオミクロン変異型は、以前のバージョンのウイルスよりも重症化しにくいようです。

その理由は、新型コロナウイルスの最新型が体内でどのような挙動を示すかにあると思われます。

新現在主流となっているオミクロン変種から初めて新型コロナウイルスを発症した人は、デルタ変種から発症した人よりも重症化する可能性が低いことが判明しました。

デルタ型に罹患した人に比べ、オミクロン型に罹患した人は入院のリスクが56%、集中治療室の入院が66%、機械換気の必要性が84%減少したと報告されました。

入院や救急外来を必要とする人の割合が明らかに減少しています。

オミクロンの変異型による重症度の低下は、あらゆる年齢層で見られました。
これには、ワクチン未接種の幼児や、一般に新型コロナウイルスの症状が重症化する危険性があるとされる高齢のワクチン接種者が含まれます。

重症でないケースには簡単な説明がつくかもしれません。

オミクロン変異体は、これまでのコロナウイルスの変異体よりも上気道での複製効率が7倍高いです。

しかし、オミクロン変異体は、肺で複製するよりも上気道系にとどまる傾向があります。

それが、驚異的な感染力を持ちながら、重症化しない理由です。

オミクロン変異体の一般的な傾向は、入院のリスクがより低いということです。

2型糖尿病や臓器移植などの病気を併発している人でも、オミクロン変異型はデルタ変異型の感染症よりまだ軽いです。

他の国で発生したオミクロン変異体の感染流行を研究した結果と一致しています。

コロナ入院患者数の増加が意味するもの

各県で新型コロナウイルスの感染者数は、過去最高を記録しています。

しかし、これはオミクロンの変種に感染した膨大な人数を反映したものです。

オミクロン変異型が原因で入院することになる人は、ワクチン未接種か、新型コロナウイルスによって悪化する基礎疾患をもっている可能性が高いです。重症者の多くはコロナワクチン未接種です。

糖尿病や心臓病などの持病を持つ入院患者には、新型コロナウイルス感染者のワクチン接種者が含まれています。

あわせて読みたい
    error:
    タイトルとURLをコピーしました