Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す

オミクロンの症状とは?他の新型コロナウイルス亜種との比較!

オミクロン変異体の症状は他のコロナウイルス変異体と似ているように見えますが、相違点もあります。
オミクロン変異体は、他の新型コロナウイルス変異体、特に上気道系に影響を及ぼすものといくつかの症状を共有しています。

発熱、咳、頭痛が一般的な症状のひとつだそうです。筋肉痛もそうです。
しかし、これまでにオミクロンと診断された人たちは、味覚や嗅覚の著しい喪失を報告していないそうです。

オミクロンの症状は今のところ比較的軽いようで、特にワクチン接種を受けた人の場合はそうです。
新型コロナウイルスのオミクロン変異型は、これまでのコロナウイルスの症状と比べると、より頭寒足熱のように作用します。

オミクロンは、鼻やのどに長くとどまるため、感染拡大のスピードは速いが、これまでの亜種より致死率は低いようです。

また、症状も異なる場合があります。

オミクロンに関連する症状について

研究の結果、オミクロンが引き起こす最も一般的な症状は、他の亜種が引き起こす症状と似ていることが分かっています。
以下のようなものがあります。

【オミクロンの症状】

発熱
鼻づまり
鼻水
頭痛
のどの痛み

また、筋肉痛もよくあるようです。

ワクチン接種者とブーストされた個人では、オミクロンは、乾燥、喉の痛み、くしゃみ、頭痛、筋肉痛、疲労、鼻水/消化不良を引き起こす傾向があります。

オミクロンは乾いた咳や発熱を伴うこともあるが、初期の変異型に比べれば少ないです。

感染者の多くは、乾燥した喉の痛み、体の痛み、頭痛で始まります。それらの症状は数日間進行します。

味覚や嗅覚の喪失は、オミクロンではあまり見られないようです。また、重度の肺障害もまれです。

新型コロナウイルスの症状が出た場合は、症状が出たらすぐにPCR検査を受けることを覚えておくことが重要です。

コロナ対策
「コロナ対策」の記事一覧です。
あわせて読みたい
    タイトルとURLをコピーしました