Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
Post Type Selectors

新型コロナウイルスワクチン接種後に報告された主な副作用や有害事象!

新型コロナウイルスワクチンの副作用について

副作用がない人もいます。多くの人が副作用を報告していますが、一般に軽度から中等度であり、数日で治まります。

コロナワクチンは安全ですか?
新型コロナウイルスワクチンは安全で有効です。
新型コロナウイルスとその重篤な合併症の可能性から身を守るため、5歳以上のすべての人にできるだけ早くワクチンを接種するよう勧めています。

新型コロナウイルスワクチンの推奨を更新し、mRNAワクチン(ファイザー・モデルナ)を優先しています。
最も厳しい安全性監視プログラムのもと、多くの人々が新型コロナウイルスワクチンの接種を受けています。

新型コロナウイルスワクチンの安全性を引き続き監視しています。

新型コロナウイルスワクチン接種後の重篤な有害事象はまれですが、発生する可能性があります。

新型コロナウイルスワクチン接種後のアナフィラキシーは稀で、100万回の接種につき5人程度に発生しています。
重篤なアレルギー反応の一種であるアナフィラキシーは、あらゆる種類のワクチン接種後に起こり得ます。もし起こった場合は、医療従事者が効果的かつ即座にその反応を治療することができます。新型コロナウイルスワクチンとアナフィラキシーを含むアレルギー反応はないわけではありません。

新型コロナウイルスワクチン接種後の血小板減少症候群を伴う血栓症はまれです。
大きな血管に血栓ができ、血小板(血栓を作る働きをする血球)が少なくなる、稀ですが重篤な有害事象です。
新型コロナウイルスワクチンを接種し、後に発症した人も確認しています。

また、新型コロナウイルスワクチン接種後の血小板減少症候群が原因または直接の原因とされる死亡も確認されています。
特に30-49歳の女性は、この稀な有害事象のリスク上昇に注意する必要があります。
新型コロナウイルスワクチンには、このようなリスクが見られない他の選択肢もあります。

mRNA 新型コロナウイルスワクチン接種後にリスクが増加することはありません。

新型コロナウイルスワクチンを接種された方におけるギラン・バレー症候群は稀です。
体の免疫系が神経細胞を損傷し、筋力低下や時には麻痺を引き起こすまれな疾患です。
ほとんどの人は完全に回復しますが、中には神経に永久的な損傷を受ける人もいます。

新型コロナウイルスワクチン投与後、発生した人がいます。これらの症例は、接種後2週間程度で、ほとんどが男性で、50歳以上の方に多く報告されています。

新型コロナウイルスワクチン接種後の心筋炎や心膜炎はまれです。
心筋炎は心筋の炎症であり、心膜炎は心臓の外膜の炎症です。新型コロナウイルスワクチン接種後に心筋炎や心膜炎になった患者さんのほとんどは、薬と安静によく反応し、すぐに良くなりました。 新型コロナウイルスワクチンを接種した30歳以下の人々の間で心筋炎または心膜炎の報告もあります。

ほとんどの症例は、ファイザー社またはモデルナ社(mRNA 新型コロナウイルスワクチン)の接種後に報告されており、特に男性の青年および若年成人において顕著です。心筋炎または心膜炎の報告を確認しています。

新型コロナウイルスワクチン接種後の死亡の報告はまれです。新型コロナウイルスワクチン接種後に死亡した場合、それが不明であっても報告するよう医療従事者に求めています。

あわせて読みたい
    error:
    タイトルとURLをコピーしました