Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す

新型コロナウイルスワクチン接種後に考えられる副作用について

新型コロナウイルスの予防接種を受けることで、新型コロナウイルスに感染することを防ぐことができます。
大人も子どももワクチンによる副作用が出ることがありますが、これは体が防御機能を構築している正常なサインです。

これらの副作用は日常生活に影響を与えるかもしれませんが、数日で治まるはずです。
副作用がない人もいますし、アレルギー反応が出ることはまれです。

コロナのワクチン接種を含め、どのような予防接種でも、長期的な健康問題を引き起こすような重篤な副作用は極めてまれです。
コロナワクチンのモニタリングによると、副作用は一般的にワクチン接種後6週間以内に起こることが歴史的に分かっています。

このため、最終接種後最低2カ月(8週間)、認可された新型コロナウイルスワクチンのそれぞれについてデータを収集しました。
新型コロナウイルスワクチンの使用が開始された現在も、その安全性を継続的に監視しています。

新型コロナウイルスワクチン接種のメリットは、既知および潜在的なリスクを上回ります。
青年および若年成人における心筋炎(心筋の炎症)および心膜炎(心臓の外膜の炎症)のまれな症例は、ファイザー-、モデルナ新型コロナウイルスワクチンのいずれかを最初に接種した後よりも、2回目を接種した後に多く報告されています。

5歳以上のお子様には、できるだけ早く新型コロナウイルスワクチンを接種してください。

コロナワクチンのよくある副作用

痛み
赤み
腫れ
疲労感
頭痛
筋肉痛
寒気
発熱
吐き気

mRNA 新型コロナウイルスワクチン(ファイザー・またはモデルナ)を接種した後に重度のアレルギー反応を起こした人は、いずれのmRNA 新型コロナウイルスワクチンも再度接種してはいけません。新型コロナウイルスワクチンの接種後に重度のアレルギー反応を起こした人は、そのワクチンの再接種を受けるべきではありません。

コロナワクチンの副作用を和らげるための有効な方法

予防接種後の痛みや不快感に対して、イブプロフェン、アセトアミノフェン、アスピリン(18歳以上の方のみ)、抗ヒスタミン剤などの市販薬を服用するか、医師に相談してください。

これらの薬を普通に飲むことができないような他の医学的な理由がなければ、予防接種後の副作用を和らげるためにこれらの薬を飲むことができます。アスピリン系以外の鎮痛剤の使用や、予防接種後のお子さんを慰めるためにご家庭でできることについては、医療機関にご相談ください。

副作用を防ごうとする目的で、予防接種前にこれらの薬を服用することはお勧めできません。

注射を打つ場所の痛みや不快感を軽減するために

清潔な冷たい濡れ手ぬぐいを患部に当てます。
腕を使うか、運動させる。
熱による不快感を軽減するために
水分を十分に摂る。
軽装にする。

2回目のワクチン注射の後

2回目の接種後の副作用は、1回目の接種後の副作用よりも強く出ることがあります。これらの副作用は、体が防御を構築している正常な兆候であり、数日以内に治まるはずです。

2回目以降の副作用は、1回目より強く出る場合があります。これらの副作用は、体が防御機能を構築するための正常な兆候であり、数日以内に治まるはずです。

ブースター摂取を受けた場合

これまでのところ、ブースター注射を受けた後に報告された反応は、発熱、頭痛、疲労、注射部位の痛みなどが最も多く報告されており、全体として、ほとんどの副作用は軽度から中等度でした。しかし、2回接種または1回接種の初回シリーズと同様に、重篤な副作用はまれですが、発生する可能性があります。

副作用は、自分や自分のお子さんの日常生活に影響を与える可能性がありますが、数日で治まるはずです。
ほとんどの場合、痛みや発熱による不快感は、体が防御機能を構築している正常なサインです。

注射をした場所の赤みや圧痛が24時間後に悪化した場合
副作用が心配なとき、または数日たっても治らないようなとき医師または医療機関に連絡してください。

新型コロナウイルスワクチンの安全性を引き続き注意深く監視されています。

コロナ対策
「コロナ対策」の記事一覧です。
あわせて読みたい
    タイトルとURLをコピーしました