Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
Post Type Selectors

ワクチン接種後の新型コロナウイルスの可能性?ブレイクスルー感染症が急増拡大!

新型コロナウイルスワクチンは、感染症、重症化、死亡を予防する効果があります。新型コロナウイルスに感染する人のほとんどはワクチン未接種です。しかし、ワクチンの感染予防効果は100%ではないため、ワクチンを完全に接種していても新型コロナウイルスに感染する人がいます。

完全なワクチン接種者の感染は、ワクチンブレイクスルー感染と呼ばれます。

新型コロナウイルスワクチンは、5歳以上のすべての人を感染や重症化から守り、入院や死亡の可能性を大幅に減少させます。
ワクチン接種を受けることは、新型コロナウイルスの蔓延を遅らせ、デルタや他の亜種による感染を予防する最善の方法です。

ワクチンブレイクスルー感染は、完全にワクチンを接種した人が新型コロナウイルスに感染することで起こります。ワクチンによるブレークスルー感染を起こした人は、新型コロナウイルスを他の人に広げる可能性があります。

完全なワクチン接種を受けていても、新型コロナウイルスの感染がかなりある、あるいは高い地域に住んでいる場合は、自分だけでなく自分の家族や地域社会も、屋内の公共の場所にいるときはマスクを着用した方がよりよく守られます。

免疫不全の人は、初回2回接種の一次mRNA 新型コロナウイルスワクチンシリーズでは、必ずしも十分な保護レベルを構築できない可能性があります。
このような人は、医療専門家から別の助言を受けるまで、ワクチン未接種の人に推奨されるすべての予防措置を取り続ける必要があります。さらに、、中等度または重度の免疫不全者が追加で1次接種を受けることを推奨しています。

ワクチンブレイクスルー感染症について

ワクチンのブレークスルー感染症が予想されます。新型コロナウイルスワクチンは、ほとんどの感染症を予防する効果があります。しかし、他のワクチンと同様に、100%効果があるわけではありません。

ワクチンを完全に接種した人がワクチン破たん性感染症にかかった場合、ワクチンを接種していない人が新型コロナウイルスを接種した場合よりも重症化する確率は低くなります。

また、完全接種者が症状を発症した場合でも、ワクチン未接種の人に比べて症状が軽くなる傾向があります。つまり、ワクチンを接種していない人に比べて、入院したり死亡したりする可能性が非常に低くなります。

ワクチンによる破たん性感染症にかかった人は、伝染する可能性があります。

ワクチンのブレイクスルー

すべての新型コロナウイルスワクチンについて、新種および新興種に対するワクチンの安全性と有効性を積極的に監視し続けています。承認したワクチンは、現在流行しているオミクロン変異体に対して、重症化、入院、死亡に対する予防効果を発揮することが分かっています。しかし、完全にワクチンを接種している人でも、新型コロナウイルスに感染する人がいます。

デルタ型は、新型コロナウイルスの原因となるウイルスのこれまでの亜種よりも感染力が強いとされています。しかし、使用されているワクチンは、特に重症化や入院を防ぐという点で、デルタ型に対してよく効くことが分かっています。

全体として、新型コロナウイルスの感染者が多ければ、ワクチンによるブレークスルー感染も多くなります。しかし、感染、入院、死亡のリスクは、ワクチン接種者と非接種者を比較すると、いずれもはるかに低いのです。したがって、5歳以上のすべての人は、自分自身と、ワクチンを接種できない家族を含む周囲の人を重症化や死亡から守るために、ワクチンを接種する必要があります。

新型コロナウイルスワクチンの効果について

感染、疾病、入院、死亡を予防するワクチンの性能をモニターするために、調査研究を行っています。ワクチンのブレークスルー感染に関するデータも収集しています。

あわせて読みたい