Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
Post Type Selectors

色彩が睡眠に与える影響とは?

色は睡眠にどのような影響を与えるのでしょうか?どの色が好んで使われ、どの色が悪影響を及ぼすのでしょうか?今回は、色が睡眠に与える影響について説明します。とても興味深いテーマです。

色が睡眠に与える影響

質の良い睡眠をとることは、現代社会で最も複雑な課題のひとつです。実際、過剰な刺激と目まぐるしい生活リズムの中で、多くの人がきちんと眠れているか心配になります。実際、このテーマについては、何百もの調査が行われています。今回は、色が睡眠に与える影響についてお話します。

色は私たちの感情や神経の活性化、そして決断にさえも直接的な影響を与えることが、何年も前からわかっています。したがって、睡眠も同様に影響を受けるはずです。現在では、部屋の色、特に壁の色が休息の質に影響を与えることが分かっています。

安眠を得たいなら、どんな色がいいのか知りたくありませんか?これから模様替えをする方、睡眠の質を高めたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

色が睡眠とその質に与える影響とは?

やや彩度の高い色調は、休息を促します。
睡眠の質を高めるためには、壁の色は関係ないと思われるかもしれません。しかし、寝室で過ごす時間は、その色に影響されることを心に留めておいてください。

寝るときには、周りの色によって気分が左右されます。ですから、寝る前に意識的に、あるいは無意識に観察する色が、自分に影響を与えるのです。

冷静さを伝えるものもあれば、興奮を伝えるものもあります。そのため、理想的な睡眠環境を作りたいのであれば、じっくりと選ぶことをおすすめします。ここでは、リラックスした気分になれる色とそうでない色をご紹介します。

安眠に最適な色

ホテル、病院など、人に眠る場所を提供するところは、就寝時の環境の重要性をよく理解しています。2016年に発表された研究において、研究者は次のことを発見しました。

は最も適切な色であり、最も睡眠を誘発する色です。
それは海や空の色であり、平和、避難所、広大な感覚を伝達します。

黄色は休息を促しますが、淡い色調に限ります。
黄色は暖色系でありながら、バランス、調和、喜びの感覚を生み出します。ただし、パステルイエローのような淡い色調で、やや彩度の高いものである必要があります。

も睡眠に適した色です。
新鮮さと自然に直結しており、リラックス効果があります。こちらも、淡い色合いがおすすめです。


ニュートラルカラーであると同時に、集中力を高め、他のどんな色とも組み合わせやすい色です。平和、清潔、落ち着きと関連しています。
ただし、安眠のためには、これらの色はすべて飽和した色調で使用する必要があります。そうでなければ、逆効果になってしまいます。

睡眠を促すのに好ましくない色

色が睡眠に与える影響について少しはお分かりいただけたと思いますが、逆に睡眠を妨げる色もあることがお分かりいただけたかと思います。ここでは、その代表的なものをご紹介します。

パープルまたはバイオレット
この色は、精神と創造性を刺激します。したがって、眠りにつくのに必要な静けさとは相容れない、認知機能を活性化させる感覚を生み出します。

ブラウン
自然や地球に直接関連する色であるにもかかわらず、部屋に使うと、単調で落ち着きのない感覚を生み出します。また、他の色と合わせるのがかなり難しい色です。

ダークグレー
この色は通常、アスファルト、雨、セメントを連想させます。孤独感や悲しみを生み、良い休息とは相容れない。
赤。攻撃的で印象的な色で、視覚的に避けることが難しい色です。実際、やる気を起こさせ、心を刺激する。したがって、眠る前に目にする色であれば、良い休息は得られないです。

47人の整体師全員が「整体対決で負けた」枕!【Cure:Re THE MAKURA】

あわせて読みたい
    error:
    タイトルとURLをコピーしました