Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
Post Type Selectors

夏の気温が記録を更新!熱中症の症状や予防方法・兆候とは?

気温が上昇すると、熱中症や熱射病は致命的な状態になる可能性があります。
熱中症になったときの兆候、症状、自分自身や他の人を助ける方法を知っておくことが重要です。

熱中症は、体を冷やすための体温調節ができなくなったときに起こります。

熱中症や熱射病は、気温が上昇したときに致命的な状態になる可能性があり、熱中症が発生したときの兆候、症状、自分自身や他の人を助ける方法を知っておくことが非常に重要です。

熱中症と熱射病の違いは何ですか?

熱射病は意識喪失や発作などの神経学的変化を伴います。

熱中症は、体を冷やすための体温調節ができなくなったときに起きます。

10〜15分以内に体温が上昇する可能性があり、緊急の治療がなければ、後遺症につながる可能性があります。

気をつけたい症状
熱中症には3つの段階があり、熱けいれん、熱疲労、熱中症に注意する必要があります。

「熱中症の症状や徴候は、突然発症することもあれば、時間が経ってから発症することもあります」
特に長時間の運動には注意が必要です。

熱中症の兆候や症状としては、暑いときに鳥肌が立つような冷たく湿った皮膚や、以下のようなものが考えられます。

大量の発汗
失神
脈が弱く、速い
筋肉のけいれん
吐き気
頭痛

子どもは皮膚の表面積が小さく、汗をかくことで熱を放出しにくいため、熱中症のリスクが高まります。

熱中症を予防する
暑さがピークになる時間帯や直射日光の当たる場所で運動や激しい運動をしないことが一番の予防になります。

「また、運動の前後には、水や電解質飲料など、十分な水分補給をすることが大切です。

特に、若年層や高齢者は、高温に適応するための調節能力がないため、注意が必要であると指摘しました。

ストレンジは、熱中症や熱射病のリスクを減らすために、私たちができる対策として次のようなことを挙げました。

暑さを和らげるために、ゆったりとした薄手の服を着る。
アルコールと重い食事は避ける
日焼けをしないようにする

熱中症になった人を助ける方法

熱中症にかかった人を見かけたら、赤十字は次のステップを踏むことを勧めています。

意識を失ったり、嘔吐している場合は、すぐに救急車を呼びます。
その人を冷房の効いた場所や日陰に移動させる。
ゆっくりと飲める冷たい水を提供する。
氷や冷たいタオルを頭、首、鼠径部、手首、足首、脇の下に当てる。

冷水に浸すことが急速に体を冷やす「最良の方法」です。

猛暑にさらされると、熱中症に発展する可能性があります。

あわせて読みたい
    error:
    タイトルとURLをコピーしました