Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
Post Type Selectors

長時間のパソコン仕事・スマホ・動画視聴・ゲームの眼精疲労を軽減する方法とは?

デジタル時代は多くの恩恵をもたらしましたが、同時に多くの問題も引き起こしています。
例えば、コンピューターやスマートフォンは、より高性能になる一方で、小型化され、持ち運びが容易になりました。
その結果、Wi-Fiネットワークさえあれば、ほとんどどこでもデバイスを使うことができるようになりました。

しかし、このような画面に向かっている時間が、目にどのような影響を及ぼしているのでしょうか。
コンピューターや携帯電話を長時間見続けると、コンピューター・ビジョン・シンドロームを引き起こす可能性があるとのことです。
ドライアイや眼精疲労に悩まされる医学的な状況です。

そのため、後々深刻な視力障害にならないよう、眼精疲労対策は欠かせません。

20-20の法則に従う

このルールは簡単です。それは、次の指示に従うことです。

20分ごとにスクリーンの使用から休憩します。
少し離れた場所にあるものを見る
20秒間それを見る
そしてまたスクリーンに戻る
これを20分おきに行い、目をリフレッシュさせます。
いつでもどこでもできる簡単な運動です。

画面を見るためのメガネをかける

画面を凝視したり、作業をしたりと目を酷使すると、眼精疲労につながります。
目が疲れるだけでなく、仕事にも影響が出ます。ほとんどの場合、十分に休ませれば治ります。しかし、仕事の性質上、定期的に休むことができない場合は、メガネをかけることが有効な選択肢となります。

このようなメガネは、目に不快感を与えることなく、画面に焦点を合わせやすくすることで、眼精疲労を軽減するように設計されています。
ブルーライトカットのメガネは、度なしもあり、安い価格で販売されています。ブルーライトは睡眠にも影響します。

距離を保つ

画面の距離は、自分が思っている以上に目に影響を与える要因です。目の筋肉がリラックスするためには、画面に焦点を合わせ、光に適応する必要があります。近ければ近いほど、コンテンツを読んだり見たりするために頑張らなければならないので、負担が大きくなります。

したがって、自分の目が見ている場所から少なくとも約15cm離れた場所に画面を置くようにしてください。そうすれば、画面の位置が目のリラックス度に影響しないので、さらに眼精疲労を軽減することができます。

画面の明るさを抑える(25%以下)

最近の調査によると、人は毎日平均6時間58分をスクリーンで過ごしているそうです。そして、平均的な人は、毎日7時間4分スクリーンを見ているそうです。長時間画面を見続けると、頭痛、複視、かすみ目、疲れ目などの症状が出ることがあります。

画面の明るさを下げることで、目の負担を軽減することができます。また、時間帯によって明るさを自動調整できる家電製品もあります。

文字サイズを大きくする

パソコン画面のフォントサイズを大きくすることは、眼精疲労を軽減するための簡単で効果的な方法です。標準的なフォントサイズで読むと、目を動かさないからです。それゆえ、目が全く鍛えられないのです。そのため、フォントサイズを150%大きくするだけで、目を上下左右に動かすことができます。

定期的に休憩をとる(2時間おきに8〜10分程度)

定期的に休憩をとることは、目だけでなく、体にとっても大切なことです。画面を見ながら読んでいると、時々手足を動かしてストレッチすることを忘れがちになります。

休憩をとることで、目の周りの筋肉をリラックスさせ、眼精疲労を軽減することができます。光線過敏症の軽減にもつながります。また、脳をリフレッシュさせ、読書や勉強をするときの活力にもなります。

まばたきをよくする

まばたきは、画面を見続けている目の筋肉をほぐします。涙を角膜の表面に均等に広げることで、目の潤いを保つことができるため、目の健康には欠かせません。さらに、ゴミを除去して目を清潔にする効果もあります。

できるだけ画面から離れよう

目のトラブルは、ますます多くの人に影響を及ぼしています。 多くの人が、視覚の問題を補うために何らかの矯正用眼鏡を使用しています。そのため、年間多くの費用を眼鏡に費やしているのです。

ですから、目が健康で元気なうちに十分なケアをすることが大切なのです。可能な限りモニターから離れる。本を読んだり、散歩をしたり、友人や家族と過ごしたり、音楽や絵画などクリエイティブなことをするのもよいです。

眼精疲労や頭痛にお悩みの方は、以下の方法を参考にしてみてください。午後のひととき、モニターから離れる、あるいはスクリーンの邪魔にならないところに移動することを検討してみてください。この変化が自分に与えるポジティブな影響に驚くことです。

あわせて読みたい