Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
Post Type Selectors

お茶が心臓の健康を守る驚きの方法 

健康な心臓は寿命を延ばすという研究結果があります。現在、多くの日本人が何らかの心臓病を患っていると言われています。これらの人々は通常、健康的な食事、定期的な運動、ストレスレベルの低減を勧められます。しかし、お茶を定期的に飲むことは、心臓の健康増進に貢献することが研究で明らかになりました。お茶を飲むことがどのように心臓に良いのか、見てみましょう。

お茶の科学的な見解

お茶を支持する最も強力な研究の1つが、中国で22年間にわたって実施されたものです。10万人以上の被験者が参加しました。研究者たちは、毎週3杯以上のお茶を飲むと、心血管系疾患のリスクが20%低下すると結論付けています。

また、お茶を飲むと心血管系の死亡リスクが22%減少しました。80,000人以上を対象とした中国での別の研究では、定期的にお茶を飲むと、心血管疾患の可能性が8%減少することがわかりました。緑茶は紅茶よりも有益であることが指摘されています。

心臓に良いお茶

お茶には何百もの種類がありますが、その中には心臓に良いものとそうでないものがあります。緑茶は、心臓を塞ぐプラークを分解することが研究で分かっており、良い選択です。1日に5杯の緑茶を飲むと、心臓発作による死亡リスクを26%下げることができます。もう一つのお勧めは紅茶です。1日3杯飲むと、トリグリセリドレベルを下げ、コレステロールを改善することができ、これらは心臓に良いニュースです。

カモミールティーは、血管を弛緩させ、心拍数を下げ、血圧を維持するのに役立つと聞いて、カモミールティーのファンは喜ぶだろう。ウーロン茶、ハイビスカス茶、紅茶など、心臓によいお茶は他にもたくさんあります。

定期的にいろいろな種類のお茶を飲むとよいです。さまざまな種類のお茶を直接自宅に送ることもできます。その場合、最適な蒸らし時間などの情報が含まれているので、最高の味を楽しむことができます。

お茶を飲むメリットは心臓

お茶が自分の心臓のための驚異を行うことを知っている、おそらくそれを助ける方法を見つけるに熱心です。お茶にはフラボノイドが豊富に含まれており、235mlのお茶に172mg含まれています。

フラボノイドは、血栓ができるのを防ぐために不可欠な成分です。また、悪玉コレステロールを下げ、炎症を予防する役割も果たします。お茶には抗酸化物質も含まれています。抗酸化物質は、コレステロールが動脈に結合するプラークになるのを阻止するのに必要です。

コレステロール値を下げることは、心臓の健康を維持するためにお茶が果たすもう一つの重要な役割です。高コレステロールは、心臓病のリスクが高くなります。研究者は、お茶(特に緑茶)が「悪玉コレステロール」として知られるLDLコレステロール値を下げる働きがあることを報告しています。

健康な心臓は、長く幸せな人生を送るための鍵です。心臓を最高の状態に保つ方法はたくさんありますが、お茶もその中で重要な役割を果たすはずです。



あわせて読みたい