毎日乳製品を摂取で糖尿病や高血圧、メタボ、心血管疾患のリスクが低下する最新の研究結果?

乳製品健康

新しい研究によると、毎日2~3杯の牛乳などを摂取すると、特定の健康状態のリスクを減らすことができます。
最新の新しい研究により、乳製品が豊富な食事を摂ることは、糖尿病や高血圧などの特定の健康状態のリスク低下に関連していることがわかりました。ダイエットなどの健康効果もあります。

国際的な研究者チームによって実施された新しい研究では、21か国から35〜70歳の147,812人の参加者が調査されました。

乳製品が健康に効果的

参加者は、過去12か月間の食事を評価する食品頻度アンケートに回答するように求められました。
乳製品には、牛乳、ヨーグルト、ヨーグルトドリンク、チーズ、乳製品で調理した料理が含まれ、これらは全脂肪または低脂肪(1〜2パーセント)に分類されました。
ただし、バターとクリームは、調査に含まれている一部の国では一般的に食べられていないため、別々に評価されました。

参加者の病歴、処方薬の使用、喫煙状況、体重、身長、胴囲、血圧および空腹時血糖などのその他の要因も記録され、その後、参加者は平均9年間追跡されました。

発表された調査結果は、毎日乳製品を食べると、糖尿病と高血圧のリスクが低くなりました。
関連付けは、低脂肪乳製品よりも全脂肪乳製品の方が強いとのことです。

乳製品はダイエットに効果的

食事前にヨーグルトや牛乳を摂取すると痩せると言われています。
乳製品全体は、メタボリックシンドロームのリスクが24%低いことにも関連していました。

メタボリックシンドロームのリスクは、胴囲が高く「善玉」コレステロールのレベルが低い、高血圧(高血圧)です。
また、空腹時の血糖値が高くなると、心血管疾患のリスクが高まります。

繰り返しになりますが、この関係は全脂肪乳製品の方が強くなりました。
全脂肪は、毎日の乳製品の摂取がない場合と比較して、メタボリックシンドロームのリスクが28%低く、低脂肪の乳製品を食べることは、メタボリックシンドロームを構成するほとんどの状態の有病率の低下と関連していませんでした。

十分に大規模な長期試験で調査結果が確認された研究で、乳製品の消費量を増やすことは、世界中でメタボリックシンドローム、高血圧、糖尿病、そして最終的には心血管疾患を減らすための効果的な方法です。

ヨーグルトは、腸内細菌をよくして、睡眠の質向上、がん予防などにも効果があります。睡眠、イライラ予防、骨作りにもカルシウムは効果があります。積極的に乳製品を毎日摂取するようにしましょう。

★ お気に入り追加