頭痛の原因は?頭痛を治す6つの最も効果的な方法。脳神経外科医に聞いた解決方法とは?

頭痛方法健康

女性に多い頭痛。ひどい方はずっと、ズキズキする痛みに対処していて、頭痛が大きな悩みになったり、病院に通ったりしています。もちろん、仕事へも影響します。

頭痛が治る6つの方法と原因

少なくとも片頭痛や本当にひどい頭痛の不快感を和らげる方法について、脳神経外科医にひどい頭痛が治る効果的な方法を聞きました。

家の照明を下げるなど様々な方法があります。

睡眠を優先する

熟睡できていますか?実は、睡眠が頭痛に影響する場合があります。
医者によると、しっかりとした睡眠は、頭痛の緩和と予防に役立ちます。

適切な量の睡眠をとることが必要です。睡眠は少なくても、多すぎてもよくないと医者はいいます。毎晩同じ時間に就寝し、同じ時間に起きることが大事です。

睡眠スケジュールを維持することに加えて、昼寝を避け、寝室だけを睡眠のために使用することをおすすめします。

アイスパックを試す

頭痛がしやすい場合は、予防策として冷たいパックを冷蔵庫に保管しておいてください。

アイスパックは頭痛に対する最も古い治療法の1つであり、非常に有益な場合があります。

これは、寒さが血管を収縮させ、脳への痛みの信号の伝達を減らすのに役立つためです。一度に15~20分間、頭または首に氷を当てることをおすすめします。

ストレスを減らします

通常、緊張型の頭痛に苦しんでいる場合、ストレスが引き金となることはすでにわかっています。

特にストレスの多い労働の後、週末に「落ち込んだ頭痛」が増加した経験があると思います。

ストレスを寄せつけないために、瞑想やエクササイズを使用してリラックスしてリラックスすることをおすすめします。

カフェインを検討する

カフェインは、少量でも、頭痛の痛みを和らげるのに役立つと言います。

ただし、カフェインの変化は頭痛の原因となる場合もあるため、依存するものではありません。頭痛の日記をつけることは、不快感を引き起こす食品を追跡するのに役立ちます。

光を下げる

衰弱させる片頭痛に苦しんだとき、最初は、頭痛の痛みがなくなるのを待つ間、暗い部屋に横になることです。

片頭痛はしばしば光過敏症、またはいわゆる「光恐怖症」と関連しています。

「光自体が実際に頭痛と不快感を誘発し、既存の頭痛を悪化させる可能性があります」と言います。「頭痛の原因は、日光、蛍光灯、およびコンピューターやスマートフォンからのLEDおよびLCDスクリーンである傾向があります。」

ただし、ライトを下げて画面を暗くすると、痛みの信号を減らすことができ、痛みがより速く消散するのに役立ちます。

また、痛みを悪化させる可能性がある騒々しい領域を避けることも大事です。家の静かな一角で一人で過ごす時間はありますか?

頭痛は、原因をしっかりと探すことで、和らげることが出来ます。頭痛で悩んでいる方がいるなら、これらの方法を試してみて下さい。知識を知っておくだけでも違います。