コロナウイルスによる死亡率は、インフルエンザの死亡率のなんと約52倍!

新型コロナウイルス健康

新型コロナウイルスの種類は7種類あります。インフルエンザとコロナウイルスにはいくつかの重複する症状があります。
しかし、米国でのコロナウイルスの死亡率がはるかに高くなっています。コロナウイルスが変異していて毒性が強くなっています。
最近では、1週間で100万人以上が感染しています。日本では治まってきましたが、韓国では、コロナの第2波が来ているようです。

新型コロナウイルスの死亡率は?

米国では、インフルエンザの死亡率は0.1%、コロナウイルスの死亡率は5.2%です。

どちらのウイルスも高齢者にとって最も致命的です。

インフルエンザは65歳以上の感染者の0.1%を殺しますが、コロナウイルスの死亡率は65歳から74歳の感染者では10.4%、75-84歳群では20.8%、85歳以上では30.1%です。

インフルエンザとコロナウイルスのいくつかの症状は重なっていますが、2つの死亡率を比較すると、コロナウイルスがどれほど悪いかがわかります。

インフルエンザとコロナウイルスの両方の死亡率は年齢層によって大きく異なり、どちらも65歳以上がもっとも多いです。

米国疾病予防管理センターによると、インフルエンザにかかった人の約0.1%が昨年亡くなりましたが、コロナウイルスの死亡率は、報告された症例と死亡の合計に基づいて、現在約5.2%です。これにより、コロナウイルスの平均死亡率はインフルエンザの平均死亡率の52倍になります。

インフルエンザとコロナウイルスの両方の死亡率は年齢層によって大きく異なり、どちらも65歳以上で最も致命的と思われます。
世界中でコロナウイルスの症例は910万人を超え、472,000人以上が亡くなっています。

インフルエンザは毎年数百万の人々に感染し、数千人を殺しています。
毎年インフルエンザで死亡した人の数は、COVID-19の死亡と同じようには報告されていません。
数値を比較すると混乱が生じる可能性があるからです。

2018-19年のインフルエンザのシーズン中、米国では約3,500万人がインフルエンザに感染し、約34,000人が死亡しました。その季節、インフルエンザにかかった1,000人に約1人が亡くなりました。

年齢層ごとに数値を分析すると、より複雑なストーリーが明らかになります。子どもたちの間では、10,000人ごとに約1人の死亡がありました。50〜64歳の成人では、インフルエンザにかかった1万人に6人が死亡しました。65歳以上では、1万人中83人程度にまで上昇しました。

85歳以上の米国コロナウイルス患者の30%以上が死亡

米国では、最初の症例が1月22日に報告されて以来、コロナウイルスは、230万人以上に感染しています。実際はもっと多くいます。

コロナウイルスの死亡率は絶えず変化しており、多くの健康専門家は、より軽度で無症候性の症例が検査されて確認されれば死亡率が低下する可能性があると予測しています。

しかし、より堅牢なテストで変化する可能性が低い傾向は、コロナウイルスが特に高齢者や既存の健康問題を持つ人々にとって致命的である程度です。ウイルスは、主に小滴を介して拡散するので、人々はしているときに密着し、80人以上の人々のための最も致命的である、特別養護老人ホームは、危険な繁殖地となっています。

インフルエンザとコロナウイルスの感染を防ぐには?

インフルエンザとコロナウイルスは同じ方法で広がります。
唾液や粘液の小さな液滴の中で人々の間を移動するウイルス粒子を介して。病気の人がくしゃみをしたり、咳をしたり、健康な人が大声で話したりすると、粒子が健康な人に降りかかる可能性があります。粒子が人の目、鼻、口に入った場合、人はコロナに感染する可能性があります。

平均的なコロナウイルス患者は他の2〜2.5人に感染します。また、コロナウイルスは季節性インフルエンザよりも伝染性になります。

ただし、適切な手洗いと顔への接触の回避がそうであるように、社会的距離は感染のリスクを制限します。
また、マスクがコロナウイルスの感染を大幅に防ぐことができます。

★ お気に入り追加