うつ病の一番の原因とは?うつ病の予防や改善に効果的な健康にいい食品8つとは?

うつ病予防健康

うつ病の原因となる食べ物、うつ病の予防や改善に効果的な食品を調べました。

うつ病の原因、予防や改善する食品とは?

ビタミンを摂取したり、食べ物を気をつけることで、うつ病になるのを防いだり、うつ病を和らげる効果があります。

うつ病に注意:お酒などのアルコール類が危険

お酒を飲むと嫌なことも忘れるかもしれません。しかし、ほとんどの場合、ワイン、ビールなどアルコール飲料を飲む人ほどうつ病患者が多いことが分かっています。お酒を飲む人ほど、うつ病になりやすいです。

病院では、一番にお酒をやめて下さいと医者から注意されるほどです。お酒を飲む段階では気分が良いかもしれませんが、アルコールを飲むと脳の活動が低下するため、飲み過ぎるとうつ病の症状が悪化したり重度のうつ病になります。また、抗うつ薬の効果が低下することが分かっています。

うつ病に注意:ジャンクフード

加工食品のジャンクフードにご注意下さい。科学者たちは、糖分の多い食事、単純な炭水化物、脂肪の多い食べ物がどのようにあなたの気持ちに影響を与えるかを研究しました。多くの人がこれらの不健康な食事とうつ病の間に何らかの関連があることを発見しました。

最善の策は、果物、野菜、全粒穀物、赤身たんぱく質をたっぷり含むバランスの取れた健康的な食事です。

うつ病改善にビタミンDが豊富な牛乳

牛乳は、ビタミンDが豊富です。体内にビタミンDのレベルが非常に低い場合、うつ病を引き起こすことがあります。
ノルウェーのある研究によると、ビタミンDサプリメントを服用した人は、服用しなかった人よりもうつ病がとても軽減されました。牛乳が嫌いな場合は、ビタミンDが豊富なシリアルやジュース、魚の缶詰で食事のビタミンDを高めましょう。


七面鳥

伝統的な感謝祭の鳥は、あなたの体がセロトニンを作るために使用するタンパク質ビルディングブロックトリプトファンを持っています。これはうつ病で重要な役割を果たす脳内化学物質であると研究者たちは述べています。

実際、一部の抗うつ薬は、脳がセロトニンを使用する方法をターゲットにすることで機能します。
鶏肉と大豆から同じムードを高める効果を得ることができます。

人参

ベータカロチンが豊富で、カボチャ、ほうれん草、サツマイモからも入手できます。
研究はこの栄養素を鬱病のより低いレベルに関連付けました。
それが障害を防ぐことができると言うのに十分な証拠はありませんが、それはあなたの食事でより多くを得ることを傷つけることはできません。


コーヒー

カフェインは、よりやる気を感じるのに役立ちます。
しかし、産後うつ病やパニック障害がある場合、いくつかの研究はそれがあなたの症状を悪化させる可能性があることを示唆しています。
研究者は、一杯のコーヒーがうつ病になるリスクを下げることができると言っています。

葉物野菜

葉酸が豊富に含まれており、脳細胞がうまく機能する必要があり、うつ病から保護するのに役立ちます。
食品メーカーは、このビタミンをパスタや米などの濃縮穀物に添加しています。
レンズ豆、リマ豆、アスパラガスからも入手できます。

ナッツ

このおやつはセレンが豊富で、フリーラジカルと呼ばれる小さな損傷粒子から身体を保護するのに役立ちます。
ある研究によると、食事にこの栄養素が十分にない若者は、うつ病になる可能性が高いことがわかりました。

しかし、研究者たちは低セレンがうつ病を引き起こしたとは言えませんでした。ナッツ1つでミネラルの1日の必要量のほぼ半分を占めるため、食べる量を制限するように注意してください。
このミネラルを含む他の食品には、玄米、赤身の牛肉、ヒマワリの種、シーフードなどがあります。


アサリとムール貝

シーフードはビタミン12が豊富です。ビタミンのレベルが低い人はうつ病になる可能性が高いといくつかの研究があります。
それが不足していると、s-アデノシルメチオニン(SAM)と呼ばれる物質が不足し、気分に影響を与える他の化学物質を脳が処理する必要がある場合があります。他のB-12食品を探している場合は、赤身の牛肉、牛乳、卵を試してください。

サーモン

サーモン、ニシンやマグロのような他の魚は多価不飽和脂肪を多く含んでいます。
研究者は、それらがうつ病との闘いに役立つと考えています。

オメガ3脂肪酸と呼ばれるこれらの脂肪の1つのタイプは、脳細胞が気分に影響を与える可能性のある化学物質を使用するのを助ける可能性があります。

いくつかの小規模な研究では、うつ状態になっていない人は、気分障害のある人よりもオメガ3値が高かったことが示されています。


★ お気に入り追加