肝臓予防健康

肝臓を健康に保つ12の方法とは?がん予防や肝疾患予防を保つ注意点!

肝臓の健康を保つ12の方法

肝臓は症状がないので、悪くなっているのに気づきにくいです。気づいたときには、手術が必要な場合もあります。

ガンや肝硬変のリスクにもなりますので、予防する、健康を保つためにも注意して下さい。

がんや肝疾患予防にコーヒーを飲む

1日に数杯のコーヒーを飲む人は、がんや瘢痕などの肝疾患(線維症、肝硬変)にかかるリスク、可能性が低くなります。コーヒーを毎日飲む人は、ガンになる確率が低いです。

コーヒー以外にバランスの取れた食事、健康的な体重、たっぷりの水分、そして健康的な肝臓のための定期的な運動も大切です。

肝臓を傷つけるアセトアミノフェン入の薬に注意

多くの風邪やインフルエンザの薬を含む600以上の薬に含まれています。

ほとんどの成人は、1日あたり4,000ミリグラム以上を摂取すべきではありません。

肝臓を傷つける可能性があります。
アセトアミノフェンを含む製品を1日に複数服用しないようにしてください。
また、パッケージの指示が推奨する以上のものを服用しないでください。

薬を正しく摂取する

アセトアミノフェンは肝臓に害を与える可能性のある最も一般的な薬ですが、他の薬も影響がある場合があります。

遺伝子、他の処方箋、および食物に依存するかもしれません。

新薬の服用を開始した後、疲労感、吐き気、またはかゆみがある場合、または皮膚や目が黄色くなる(黄疸)場合は、医師に相談してください。

高コレステロールと特定の抗生物質(アモキシシリン、クリンダマイシン、エリスロマイシン)はいくつかの例です。

ハーブやサプリメントを確認する

すべての肝障害のほぼ4分の1を引き起こします。
ハーブには、「ピロリジジンアルカロイド」が含まれており、時間の経過とともに、または一度に(一度にたくさん摂取すると)臓器内の小さな血管が詰まる可能性があります。

ハーブの肝臓の治療法をスキップ

オオアザミ、ウコン、レンゲなどの一般的な肝臓の治療法については、その背後にあまり研究がありません。

コロイド銀は、C型肝炎に使用されることがあり、肌を青くなるなどの不可逆的な副作用を引き起こす可能性があります。

服用しているすべての錠剤、ハーブ、サプリメントについて医師に相談してください。
最初に、各アイテムの副作用や安全性をチェックしましょう。

アルコール、お酒を飲まない

飲むと、肝臓は他のことをしなくなり、アルコールを分解して血液から取り除きます。お酒は肝臓を悪くする原因の一つです。

お酒を飲むなら、女性一日一杯、男性一日二杯です。
アルコール類は、本当に臓器に困難であり、傷つける可能性が高いです。

時間の経過とともに、よく「脂肪肝」につながり、疾患の初期兆候です。

また、腸内で悪玉菌が増殖し、肝臓に移動して損傷を引き起こします。

お酒をよく飲む人はすでに肝臓が非常に悪くなっています。

果物と野菜を食べる

果物と野菜は、必要なすべての栄養素と繊維を確実に得ることができます。

全粒米、パン、シリアルを優先して、ドーナツや白パンのような精製された炭水化物を避けてください。

少しの肉、乳製品、脂肪も役立ちます。しかし、それほど多くはなく、ナッツ、魚、およびオリーブオイルから良い脂肪を摂取して下さい。

健康的な体重を保つ、太らない

ボディマスインデックス(BMI)を維持するための作業を意味します。
数値を把握するのに役立つツールやアプリがあります。

運動とバランスの取れた食事は、健康に良い体重を維持し、非アルコール性脂肪性肝疾患の可能性を低くするための最良の方法です。

全身を長期にわたって維持するのに役立つ体重の目標を設定するのに役立ちます。

除菌の為に手をよく洗う

肝臓に感染する可能性がある細菌を遠ざけるためのシンプルで簡単な方法です。コロナ感染が流行して、手を洗う人も増えたと思います。

ほんの少しの石鹸と温水で十分です。
食事を準備する直前と、おむつを替えたりトイレに行った直後は特に重要です。触った後は必ず手をまめに洗いましょう。

汚染された手で食べ物や水に触れると、特にA型肝炎を拡大する可能性があります。

定期的な運動をする

BMIを適切なレベルに保つのを助け、非アルコール性脂肪性肝疾患から保護することができます。

しかし、BMIが変化しなくても、運動が役立つ可能性があります。
ンスリンの働きを改善し、血液中の脂肪の一種であるトリグリセリドを燃焼させます。

毒素を避ける

洗浄剤、スプレー缶、殺虫剤、およびその他の家庭用品の化学物質である可能性があります。

触れすぎたり、吸収されたり、吸い込まれたりすると、肝臓の細胞を傷つける可能性があります。

マスクとゴーグルを着用し、窓を開いて使用すれば、身を守ることができます。

針のリスクに注意する

注射は、血液を介して拡散する可能性があるC型肝炎の検査を受ける必要があります。誤って針を刺してしまった場合も同様です。

血液検査で、C型肝炎ウイルスに感染したことがあるかどうかを知ることができます。

肝臓の損傷を確認する

大量に飲んだり、肝疾患の家族歴がある場合は、医師がこれを行うことが特に重要です。早期治療が役立ち、最初は症状がないかもしれません。

C型肝炎になる可能性が高い場合は、検査を受ける必要もあります。

予防接種を受ける

A型肝炎とB型肝炎では発症しますが、C型肝炎では発症しません。

多くの子供がワクチン接種を受けていますが、多くの成人はワクチン接種を受けていません。必要かどうかを医師に相談してください。

免疫系が弱い場合や、肝臓にすでに何らかの損傷が見られる場合は、特に重要です。


★ お気に入り