大うつ病性障害、小児うつ病の15種類の症状とは?うつ病を改善、治す効果がある7つの方法!

うつ病症状改善健康

うつ病は、15歳から50歳までの年齢の人々で診断されることが多い一般的なメンタルヘルスです。

性別関係なく老若男女に影響を与える可能性があるため、注意が必要です。

大うつ病性障害は、人生を支配する圧倒的な悲しみの持続的な感情です。

意気消沈した人の多くは、自分がやりたいことに興味を失います。

ベッドから出て洗濯をしたり、家を掃除したり、家族のために夕食を作ったりすることができない場合があります。

特にシャワーを浴びたり、服を着る力さえなければ、仕事に行くのは不可能かもしれません。

自殺者が多いのも、知らずにストレスにより、うつ病を患っているからです。

生きていくのがつらいと思い始めたり、これは自殺へエスカレートする可能性がある深刻なメンタルヘルスの問題であるため、支給、改善や治す必要があります。

さまざまな感情的および身体的問題が自殺の危機に瀕する可能性があります。
うつ病は知らずにかかり、症状が重くなります。

人生が希望通りに進んでいないときは誰でも青く落ち込んでいるように感じるかもしれませんが、それはコントロールできるものではありません。

うつ病はその固定を放棄するために助けが必要です。

その結果、多くの人々は、落ち込んでいる人はそれから抜け出すことができると思いますが、それは簡単ではありません。

大うつ病性障害の症状

うつ病のエピソードは人生で一度だけ発生することもあれば、着実に戦うこともできます。

うつの兆候と症状に出来るだけ早く気づき、自然療法とカウンセリングで状態を阻止することができるようになります。

うつ病の最も報告されている症状のいくつかをご紹介します。

1.悲しみと絶望

2.怒りとイライラ

3.通常の活動への関心の喪失

4.無価値感

5.集中力の問題

6.自殺願望または自殺企図

7.覚えにくい

8.原因不明の痛みと頭痛

9.不安とパニック発作

10.落ち着きのなさ

11.体重変動

12.ゆっくりとした動きや思考

13.慢性疲労

14.睡眠障害-睡眠が多すぎる、または少なすぎる

15.全身倦怠感

小児うつ病の症状とは?

うつ病は、大人が経験する問題であると多くの人が考えていますが、多くの子供もこのメンタルヘルスの問題に直面しています。

12〜17歳の280万人以上の10代の若者が少なくとも1回は大うつ病性障害を経験していると推定されています。

子供のうつ病の兆候と症状はしばしば異なり、大人が認識するのは簡単ではありません。小児うつ病の一般的な兆候の一部をご紹介します。

1.よく泣く

2.腹痛またはその他の体の痛みの苦情

3.学校に行くことを拒否する

4.友人や家族からの撤退

5.寝室で社会的に隔離する

6.自己イメージが悪い

7.薬物やアルコールを試す

8.極端な感度

9.食事の問題–多すぎるか少なすぎる

10.睡眠障害–多すぎるか少なすぎる

11.不安–多動として表示できる

12.誤解された感じ

13.自傷行為

14.自殺念慮または試み

15.存在しないものを見たり聞いたり

大うつ病性障害の支援を受ける

誰でも知らないうちになるメンタルヘルスは、医師に相談して下さい。

特に自殺を考えている場合や自傷行為をしている場合は、誰かと話し合う必要があります。

医師はいくつかの検査を実施し、血液検査を行って、説明できるような有機的な出来事がないことを確認します。

うつ病は、重大な病気を模倣したり、その症状になったりすることがあります。
たとえば、ループスの人は体が痛くてベッドから出られなくなります。

だから、ループスを持っている人はうつ病になるかもしれません。

それは治療する必要がないという意味ではありませんが、大うつ病性障害の痛みを煽る根本的な状態があることを意味します。

従来のうつ病とは異なり、大うつ病性障害はしばらくの間存在している状態であり、人生のほとんどの日に影響を与えます。

医師の診察を受け、うつ病であると判断したら、治療の選択肢を検討する必要があります。

大うつ病性障害の治療選択肢とは?

うつ病の治療法の選択肢は膨大です。最初の行動方針は抗うつ薬です。

これらの薬は、次のようなさまざまなタイプに分類されます。

•セロトニン再取り込み阻害剤

•セロトニン-ノルエピネフリン阻害薬

•モノアミンオキシダーゼ阻害剤

最も処方されているのはSSRI薬です。これらは副作用が最も少ない傾向があり、他のものよりも許容されます。

悲しいことに、これらの薬を服用している人の30%以上が薬からの救済を見つけることができません。

その結果、医師は抗うつ薬の特性を刺激するために、非定型または抗精神病薬のいずれかを追加する必要があります。

摂取する錠剤が多ければ多いほど、副作用が起こりやすくなり、後でこれらを取り除くのが難しくなります。

精神保健薬と大うつ病性障害のためのそれらの処方はカットアンドドライではありません。

ほとんどの人は薬を飲むことができません、そしてそれはすべて消えます。

うつ病の薬は、調整する必要があります。依存関係や恐ろしい副作用を伴わないためにも。

大うつ病性障害の自然療法とは?

うつ病を治療するために、薬を2倍や3倍にする必要はありません。

自然治療は、副作用がなく、いい方法でもあります。

慢性的なうつ病を治すこれらの7つの自然な方法をご紹介します。

1.うつ病には、野菜ベースの食事効果あり

食べるものだから、この方法は何よりも重要です。あらゆる種類の野菜を摂取することが必要です。

多くの人々がうつ病を含む重大な病気を、肉、加工食品、糖質の物質を生活から取り除くことで治したことをご存知ですか?

自然には、脳の細胞を含め、体内の細胞に栄養を与えるものがたくさんあります。
たとえば、ブルーベリーを取る。

うつ病の主な原因の1つは、体内の炎症です。
しかし、この甘い小さな喜びには、炎症と闘うアントシアニンが含まれています。

言うまでもなく、セロトニンのレベルを高め、PTSDのような特定の抑うつ状態や不安状態と戦うのに役立ちます。

さて、有機フルーツサラダは、うつ病の改善に効果的です。

2.抗うつ薬を服用するのと同じ効果のエクササイズ

運動すると、エンドルフィンが体内に放出されます。

活発な動きは素晴らしい気分にさせますが、体を通して突き出ている化学物質は脳を気持ちよくさせます。

驚いたことに、20分のトレーニングは、抗うつ薬を服用するのと同じくらい脳内化学物質を高めることができます。

3.うつ病に効果的なオメガ3の魚油

オメガ3とうつ病の間にはかなりの相関があります。

魚油は体が必要とするそれらのオメガ3が詰め込まれているので素晴らしい利点を持っている濃縮ブレンドです。

トリグリセリドのレベルを下げ、心臓の健康を助け、うつ病を助けることが示されています。

4.脳の不安にプロバイオティクス

腸-脳の接続が拒否することはできません。

ヨーグルトに含まれるプロバイオティクスを服用して消化センターを軌道に乗せると、脳の健康にも役立ちます。

うつ病がないと報告しているだけでなく、プロバイオティクスを服用すると不安が治まると言っています。

5.自然の中で外に出る

うつ病を訴える人の多くは、机の後ろや室内で日々を過ごしています。

これらの人々の多くはビタミンDが不足しており、サプリメントを摂取していません。

外に出て自然に彼女の仕事をさせることができるとき、ハーブを飲む必要はありません。

自然は、20分間外に座っているだけで十分な量のビタミンD3を提供します。

太陽だけでなく、散歩やきれいな空気を取り入れることもできます。

裸足で歩き、足の下の地面を感じ、接地を助けます。

なぜそれほど多くのウェルネスキャンプや回復センターが治療計画の一環として自然の中での外出に焦点を当てていると思いますか?

6.不安やうつ病を改善するラベンダーの香り

ラベンダーの自然な抗不安と抗うつ作用は否定できません。

夜は枕に掛けたり、ディフューザーで使用したり、小袋を作ることができます。インスタントブーストが必要な場合は、ボトルからすぐにお試しください。

ブレンドではなく、100%エッセンシャルオイルを使用していることを確認してください。

7.うつ病治療にハーブ療法

うつ病には、何十年も使用されてきたリラックスできる「ハーブ療法」です。

多くの専門家がその能力を抗うつ薬の能力と比較しています。

効果的なうつ病治療であることがわかっています。

人生が希望通りに進んでいないときは誰でもすぐ落ち込んでいるように感じるかもしれませんが、それはコントロールできるものではありません。

うつ病は助けが必要です。その結果、多くの人々は、落ち込んでいる人はそれから抜け出すことができると思いますが、それは簡単ではありません。


★ お気に入り追加