妊娠する可能性を高める方法とは?不妊症や妊活で悩んでいる方へ!

不妊症妊活健康

赤ちゃんを妊娠しても構わないと思っている多くの人は、妊娠することは、通常考えているほど単純ではないことを認識していません。

数日以内に妊娠する方は、幸運である一方で、妊娠の成功を達成する為に数ヶ月、数年のために妊活で大変苦労している方もいます。

それは、男性と女性、それぞれに悪影響を及ぼす要因が多いからです。

不妊の悩みは、女性だけではなく、男性も同じような悩みを抱えています。

それでも、いくつかのコツやテクニックを身につければ、妊娠して健康な赤ちゃんを授かる確率や可能性を高めることができます。

妊娠するためには、赤ちゃんを持つ確率を高めるために何ができるかをご紹介します。

妊娠の可能性を高める方法

排卵期を知る多くのカップルが妊娠できないのは、女性が排卵期を計算できていないからです。

その結果、精子が卵子と出会うことができません。

そのため、自分の体の排卵サインを見極めることを学ぶ必要があります。

しかし、そのためには、排卵とは何かを正確に知っておく必要があります。

それは、卵巣が卵子を卵管に放出し、そこで精子と出会い受精する月経周期の一部です。

月経周期が28日の人は、14日目に排卵する可能性が高いです。

したがって、妊娠の可能性を高めるために、排卵しているこれらの日に夜の営みをしましょう。

妊活中は、基礎体温を測定する

基礎体温を把握することは、妊娠しようとしている間、最も重要なものの一つです。

これは、妊娠のための生殖能力のための指標の一つとして機能します。

医師も女性に基礎体温を測定することをおすすめしています。

基礎体温計を使用する方法についてのすべてを学ぶために婦人科医に相談してください。

ストレスを取り除くため、気づいていない人のために、ストレスは妊娠することができない女性のための根本的な要因の 1 つです。

したがって、最初のインスタンスでは、いくつかのリラクゼーション技術を実施することによって、緊張した筋肉を緩和し、感情を落ち着かせるようにしてください。

屋外に出られない場合は、簡単な呼吸法でも効果があります。息を吸い込み、3秒間息を止めます。

その後、口から息を吐きます。

これを10回繰り返します。卵子と精子が出会い、受精するためには、リラックスした状態でストレスを感じないようにすると、受精しやすくなります。

バランスのとれた健康食事が大事

赤ちゃんを妊娠することに憧れている場合は、健康的な食品をバランスよく食べる。
毎日の食事に栄養価の高い食品を取り入れて、健康を維持し、性生活を充実させましょう。
豆類、野菜、全粒粉、ナッツなどの植物性食品から栄養素のほとんどを摂取しましょう。

食物性タンパク質に対抗するために、魚や卵を適度に摂ることもできます。

実際、これらの食品はより早く妊娠するのに役立ちます。

さらに、アボカド、オリーブ、オリーブオイル、ココナッツ、ココナッツオイルなどの健康的な脂肪が豊富な食品を定期的に摂取するようにしましょう。

レンズ豆、ひよこ豆、アスパラガス、ほうれん草、ブロッコリー、いんげん豆、レタス、オレンジ、ベリー、じゃがいもなどに含まれる葉酸と鉄分を十分に補給しましょう。

運動をよくして過ごす

ホルモンの乱れを防ぎ、排卵や受胎に影響を与えないようにするためには、骨格筋を健康に保ち、活動することが非常に重要です。

筋肉を維持していないと、血糖値やインスリンの変動が激しくなり、妊娠の妨げになってしまいます。

そのため、ウエイトトレーニングやハイキング、登山など、骨格筋を鍛える運動に励みましょう。

爽快なウォーキング、軽いジョギング、テニス、フリスビー、水泳、ダンス、ヨガ、ピラティスなどで、心臓、肺、血管にエネルギーを与えましょう。

妊娠に定期的な性交

妊娠の可能性を高める最良の方法は、週に3回以上の性交をすることです。

ただし、排卵期に性交をすることを忘れないでください。それに加えて、良い体位を使うことも妊娠するためには重要です。

ベストな体位は、骨盤の下に枕を置いて、精子が長く体内に留まるようにしましょう。

横になって力を抜いて、終わったときだけ立ち上がるだけで、精子が卵子に向かって移動して受精を成功させることができます。

ただし、女性が上に乗っている体位は、重力が弱まり、精子が強制的に漏れ出すような体位は避けましょう。

この簡単な方法とテクニックを使えば、正常に健康的な営みを楽しみ、妊娠の可能性を高めることができます。

不妊症で悩んでいる夫婦やカップルは、多いです。

妊活をしている方は、幸運を祈り、そしてうまくいけば、待望のいいニュースをすぐに受け取ることができます。


★ お気に入り追加