妊娠の初期症状とは?初期の兆候、妊娠しているか分かる方法!

妊娠初期症状健康

医師に相談して、あなたの健康と赤ちゃんの適切なケアを始めることができるように、妊娠した正確な時期を知っておくことは常に良いことです。

しかし、すべての女性が妊娠してから数日後まで妊娠していることを理解しているわけではなく、実際に子供を産んでいることを知るまでに何週間もかかる人もいます。

過去と現在の年齢の女性にとって、生理の遅れは、彼女が妊娠しているかどうかをテストするための最初のステップとなっています。一般的な症状ではありますが、他にも妊娠を早期に確認するためのサインがあります。そのいくつかを見ていきましょう。

ただし、妊娠を確認するための初期症状は、すべての女性が同じではなく、妊娠しているにもかかわらず、これらの症状が出ない女性もいることを覚えておいてください。

妊娠初期の兆候

生理不順 毎月定期的に生理がある女性にとって、生理不順は医師の診察を受けて妊娠検査を受けるべきサインです。しかし、体調不良や急激な体重の増減など、他にもいくつかの理由で生理が来ないことがあります。

食べ物の欲求

妊娠していると、不自然に食べ物を欲しがることがあります。なぜなら、体に必要な栄養素が不足していても食べ物を欲しがることがあるからです。

乳房の腫れ

妊娠している場合、妊娠2週間以内に乳房に変化が現れます。通常、乳房は腫れぼったくなり、触ると敏感になります。胸が重く見えるのは、妊娠時に体内に排出されるホルモンの影響です。この症状はまた、彼らの期間の前に多くの女性に発生します。

アロラスの黒ずみ

妊娠すると、乳首の周りの皮膚が黒くなり始めます。これもまた、女性のホルモンバランスの乱れが原因で起こることがあります。

着床出血する

受胎後2週間ほどすると、生理中に経験するのと同じようなシミやけいれんを感じることがあります。着床出血は生理とは異なり、前者の場合は血液の色がピンクや茶色になるため、出血の色が変化します。

また、生理のように長くは続きません。着床出血は、受精卵が子宮の血管に入ることで起こります。これはほぼ確実に妊娠のサインです。

吐き気・めまいがある

通称つわりと呼ばれる、朝起きてすぐに起こる吐き気やふらつきは、妊婦さんが経験するものです。これは、妊娠中に血管が拡張して血圧が下がるためです。しかし、早朝にめまいや吐き気を感じるのは、他にもいくつかの原因が考えられます。

疲労感が出る

妊婦さんは疲れて眠くなることが多いです。これは、血糖値の低下や低血圧、プロゲステロンというホルモンの分泌量の増加が原因です。

腹部膨満感がある

妊娠しているとウエストラインが増えることがあります。生理不順を伴う腹部膨満感がある場合は、妊娠していると安心してください。

便秘になる

便秘は妊婦さんによくある悩みです。便秘だけでは妊娠しているとは断言できませんが、他の妊娠の兆候が便秘と一緒に見られる場合は、妊娠の確実な兆候を示唆しています。便秘になるのは、体内のプロゲステロンホルモンが増えることで、腸内に食べ物が通りにくくなるためです。

気分転換

妊娠中は、体内のホルモンの分泌量が増えるため、突然の気分転換を伴うことがよくあります。妊婦は通常、ある瞬間は幸せな気分になり、他の瞬間は興奮し、すぐに悲しい気分になります。

もしあなたも、妊娠中の他の症状と一緒に突然の気分変動を経験しているのであれば、妊娠している可能性があります。しかし、気分転換だけでは妊娠を示唆するものではありません。

上記のような症状は妊娠の初期症状ですが、妊娠を確認するためには、必ず医師に相談することをお勧めします。