運動のために自転車に乗ることを試みる15の健康的な理由とは?メリットをご紹介!

自転車運動健康

自転車の乗り方を学べば、決して忘れないだろうと言われています。最初の自転車を手に入れたときと、補助輪なしでようやく自転車に乗れたときの興奮を覚えていますか?自転車に乗ることは良い協調を促進し、子供と大人の両方が楽しむ健康的な運動です。

自転車の輸送は正常です。化石燃料の代わりに筋力を使用しているため、二酸化炭素排出量を削減し、大気や騒音公害の被害から環境を保護できます。サイクリングは、短距離およびクロスカントリーレースでも人気のあるスポーツです。

また、持久力を高め、脚の筋肉に利益をもたらし、タイトな臀筋を作成するために使用される理想的な運動でもあります。さらに、新鮮な空気に乗って、自然の驚異から気分を高めます。自転車に乗ることを趣味として検討する場合は、次の15のメリットをご紹介します。

健康のために自転車に乗る15の理由

1.心臓血管の健康を維持する

安定したペースで自転車に乗ると、心拍数が上がることに気づくでしょう。この増加率はあなたの心臓と血管系にとって良い有酸素運動です。1日3〜5回自転車に乗る習慣をつけると、心臓発作や脳卒中などの特定の心血管障害を防ぐのに役立ちます。

2.強度と柔軟性を向上させる

加齢に伴い、全身が少し弱くなり、柔軟性が失われます。このジレンマと戦うために、多くのフィットネス専門家が自転車を勧めています。腕、脚、下半身が絶え間なく動くことで、筋肉が強くなり、年齢を重ねても柔軟性が高まります。

3.関節の健康と移動性を改善する

年齢とともにあなたに忍び寄る別の状態は関節炎です。この障害は、関節の炎症が原因で、関節が硬くなり、腫れ、痛みを伴います。時には、関節炎がひどく悪化して、活動を困難にしたり、可能にしたりすることもあります。

関節炎と診断された、または関節炎を予防したい場合は、専門の医療提供者またはリウマチ専門医に、自転車がどのように役立つかについて相談してください。それはあなたの関節を動かし続けます、そしておそらく関節の硬さを減らすためにあなたが必要とするインパクトの少ない運動

4.調整と姿勢を改善する

あなたが子供の頃、そしてあなたの両親はあなたが立ったり、まっすぐに座ったりするように叱ったときを覚えています。姿勢が良いと、健康で自信が増しますが、関節や筋肉の状態が良くなります。さらに、それは、落ち込みや他の悪い姿勢の習慣による痛みやけがを防ぎます。

自転車には上半身と下半身の優れた姿勢が必要であり、自転車に乗っていなくても維持するのに役立ちます。パスをサイクリングするときに足、脚、上半身を一緒に動かすことを学ぶと、日常の活動やその他の運動の調整が改善されます。

5.骨を強化する

スケルトンなしで体がどうなるか考えたことはありますか?あなたはあなたの内臓を保護しない肉のたるんだ球になります。年齢、適切な栄養、運動、病気の予防は、あなたの骨の健康を決定する重要な要素です。

あなたの骨はカルシウムが必要です強い滞在するとビタミンCを、彼らはまた、サイクリングなどの有酸素運動を必要としています。骨を健康に保つと、骨粗しょう症やもろい骨の病気のリスクを減らすことができます。

6.脂肪性沈着物を減らす

あなたはそれらの恥ずかしい愛のハンドルやあなたの腕の下で小刻みに動く見苦しい脂肪性沈着物に疲れていますか?体重を減らすことは確かに脂肪性沈着物の減少に役立ちますが、皮膚を引き締めて目立たなくするための運動も必要です。

自転車に乗ったり仕事をしたりすると、手足が動き続け、腰、太もも、腸の脂肪の蓄積を減らすことができます。サイクリングは、タイトで無駄のない脚の筋肉と、必要なタイトな臀筋を構築することができます。ハンドサイクリングをしていると、腕に筋肉ができて、手が器用になります。

7.疾病管理または予防を促進する

病気や障害を予防または治癒することが証明されている運動はありませんが、無数の研究により、体力が全身を強化できることが示されているため、その傾向が少なくなっています。

自転車に乗ることは理想的なトレーニングを提供し、より強い免疫システムを奨励するかもしれません。すでに病気にかかっている場合は、自転車に乗る活動を追加するとどのように状態を管理できるかについて、医療提供者に相談してください。

8.うつ病や不安の症状を軽減する

何世紀もの間、精神疾患を持つ人々は、まだ存在している社会の不当な偏見と戦ってきました。あなたはうつ病や不安神経症と診断され、これらの一般的な状態はまた、医学と治療の組み合わせで治療するのが最も簡単なものの一部です。

心理学的研究により、(自転車に乗るなどの)適度な運動が脳に穏やかさと幸福の原因となるホルモンを誘発する可能性があることが発見されました。森の小道や樹木が茂った公園エリアを走っている場合、自然の景色や音が気分を高め、うつ病や不安の症状を和らげます。

9.減量を促進する

間違いなく、あなたは米国での肥満の流行の着実な増加についての憂慮すべき研究を読みました。アメリカ人の43パーセント近くが太りすぎまたは肥満のどちらかに分類されることを発見するのは不安です。おそらくあなたはこれらの数字の中にいて、それについて何かしたいのです。

楽しくて減量に役立つ運動療法が必要ですか?週に数回自転車に乗ってみませんか。それはあなたが望まないカロリーと余分な脂肪の蓄積を燃焼させます。自転車に乗ることはあなたの家族全員が楽しむことができる刺激的な運動です。

10.糖尿病の管理を助ける

我が国で最も健康上の脅威の1つである糖尿病は、死因として7位にランクされています。I型糖尿病は通常、小児期に発症し、永続的ですが、2型糖尿病は、適切な食事と運動を行うことで、うまく管理したり、逆転させることもできます。

糖尿病がある場合、治療計画の一部には、スタミナを構築して体重を維持するための何らかの運動が含まれている可能性があります。糖尿病専門医に相談して、自転車に乗ることがあなたにとって良い運動であるかどうかを確認してください。

11.特定の癌を予防する

癌は私たちの社会に対する脅威であり、毎年アメリカに住んでいると主張しています。幸いにも、継続的な研究、新薬、新しい治療法により、ほんの数年前よりも予防​​や治療が容易になりました。

サイクリングとがんの予防との間には明確な関連はありませんが、多くの形態のがんに関連するストレスを軽減する能力には正の相関があります。サイクリングはスタミナと全体的な体の健康を改善できるので、定期的な運動プログラムに追加する価値があります。

12.認知機能と記憶機能を改善する

都市公園や裏林の小道で自転車に乗っている場合でも、どこに行くかを知る必要があります。経験を積むと、自転車に乗ることで、町や地元の公園でのナビゲーションスキルを向上させることができます。以来ナビゲーションスキルが良い認知とメモリを必要とし、それは自転車に乗っては、これらの重要な機能を改善することができることが理にかなっています。

13.肺の健康を促進する

体のすべての臓器と同様に、肺にも最適な健康のためには栄養素と適切な運動が必要です。自転車に乗るような有酸素運動は、呼吸数を増やし、空気容量を増やす可能性があります。新鮮な酸素で全身を洗い流し、癒しと健康を促進します。

喘息やその他の肺の健康問題がある場合は、自転車に乗ることがどのように役立つかについて、医療提供者と話し合ってください。15分間の短いライドでも、いくつかのメリットが見られる場合があります。スモッグや呼吸に有害なその他の大気汚染で混雑していない場所に乗ることを検討してください。

14.安らかな睡眠を促進する

十分な睡眠が取れないと、体全体、心、精神に影響が出ます。最近のレポートでは日本人の約25%が睡眠不足であり、あなたもその1人かもしれません。あなたは夜にもっとよく眠る方法を探していますか?

自転車でおやすみの休息をとることができると思いますか。予備的な研究は、この楽しい運動は睡眠に直接利益をもたらさないことを示していますが、それは他の要因に利益をもたらす可能性があります。サイクリングはストレスや不安のレベルを下げることができ、心を和らげて快適に夢の世界へ出かけ、さわやかに目覚めることができます。

15.ソーシャルサークルを拡大できます

あなたは社会的な蝶ですか?朗報は、自転車に乗ることは孤独な活動であるかもしれないか、それをグループの努力にすることができるということです。家族で一緒に乗ってエキサイティングで長続きする思い出を作りましょう。ほとんどの都市と一部の郊外には、サイクリング愛好家のために参加したいクラブがあります。

自転車にトライするための最後の考え

ヘルメットと防具をストラップにして、活気に満ちたサイクリングの世界を発見してください。あなたはチャンピオンのスピードサイクリストになることはできませんが、それでもその健康上の利点を楽しむことができます。楽しみたいなら、二人乗りの自転車の使い方を学んでみませんか?

★ お気に入り追加