日本のコロナウイルスワクチンの研究と課題、危険性とは?コロナ感染対策まとめ!

コロナワクチン健康

コロナウイルスを予防するワクチンは、感染拡大を終わらせるための希望です。

政府もコロナ対策にワクチンを急いでいましたが「コロナワクチン」危険性を専門家が指摘しています。WHOの情報では、新型コロナウイルスに対するワクチンの候補が170品目以上あり、30以上が臨床試験に入っています。

現在、コロナウイルスへの感染を防ぐワクチンはありませんが、研究者は1つを作成するために競争しています。

コロナウイルスワクチンの研究

コロナウイルスは、風邪、重症急性呼吸器症候群(SARS)、中東呼吸器症候群(MERS)などの病気を引き起こすウイルスの一族です。

コロナは、SARSを引き起こすウイルスと密接に関連しているウイルスによって引き起こされます。
このため、科学者たちはこの新しいウイルスをSARS-CoV-2と名付けました。

ワクチン開発には何年もかかる可能性がありますが、日本の研究者はコロナワクチンを開発するためにゼロから始めているわけではありません。SARSとMERSワクチンに関する過去の研究では、潜在的なアプローチが確認されています。

日本で感染が流行しているコロナウイルスは、その表面にSタンパク質と呼ばれるスパイクのような構造を持っています。このトゲは、コロナのような、あるいは王冠のような形をしていて、ウイルスの名前の由来となっています)。Sタンパク質はヒト細胞の表面に付着しています。

このタンパク質を標的としたワクチンは、このタンパク質がヒトの細胞に結合するのを防ぎ、ウイルスの複製を阻止します。

コロナウイルスワクチンの課題

コロナウイルスのワクチンに関する過去の日本の研究では、コロナワクチンの開発には、以下のような課題があることが明らかになっています。

コロナのワクチン安全性の確保

SARSのためのいくつかのワクチンが動物で試験されてきました。ほとんどのワクチンは動物の生存率を向上させましたが、感染を防ぐことはできませんでした。また、いくつかのワクチンは肺障害などの合併症を引き起こしました。

コロナワクチンは、ヒトへの安全性を確認するために、徹底的な試験が必要です。

コロナワクチンは、長期的な保護を提供する

コロナウイルスに感染した後、数ヶ月から数年後に同じウイルスに再感染する可能性があります。効果的なコロナワクチンは、長期的な感染防御を提供する必要があります。

高齢者のコロナ感染を防ぐ

50歳以上の高齢者は重度のコロナリスクが高いです。しかし、高齢者は通常、若年者ほどコロナワクチンに反応しません。理想的なコロナワクチンは、この年齢層に効果があります。

コロナワクチンの開発と生産への道筋

世界の保健当局とワクチン開発者は現在、ワクチン生産に必要な技術を支援するために提携しています。ワクチンを製造するために以前から使用されているアプローチもありますが、まだかなり新しいものもあります。

コロナのライブワクチン

ライブワクチンは、病気の原因となる細菌を弱めた(減衰させた)形で使用します。この種のワクチンは、病気を引き起こすことなく免疫反応を促します。減衰したとは、病気を引き起こすワクチンの能力が低下していることを意味します。

生ワクチンは、麻疹、おたふくかぜ、風疹、天然痘、水痘を防ぐために使用されています。そのため、この種のワクチンを開発するためのインフラが整っています。

しかし、ライブウイルスワクチンは、しばしば大規模な安全性試験を必要とします。ライブウイルスの中には、免疫を受けていない人に感染するものもあります。これは、免疫システムが弱っている人にとっては心配なことです。

コロナの不活化ワクチン

不活化ワクチンは、病気の原因となる細菌を殺した(不活化した)ものを使用します。この種のワクチンは、免疫反応を起こしますが、感染は起こしません。

不活化ワクチンは、インフルエンザ、A型肝炎、狂犬病の予防に使用されています。
しかし、不活化ワクチンでは、生ワクチンのような強力な防御効果は得られない場合があります。この種のワクチンは、長期的な免疫を提供するために、複数回の接種とその後のブースター接種を必要とすることが多いです。

このタイプのワクチンを製造するには、大量の感染性ウイルスを取り扱う必要があるかもしれません。

遺伝子組み換えワクチン

このタイプのワクチンは、Sタンパク質のコピーを作るための指示を持つ遺伝子組み換えRNAやDNAを使用します。これらのコピーは、ウイルスに対する免疫反応を促します。この方法では、感染性のウイルスを扱う必要はありません。遺伝子組み換えワクチンが開発されていますが、ヒトへの使用が認可されたものはありません。

日本でのコロナワクチン開発の期間

ワクチンの開発には何年もかかることがあります。これは、安全性のテストや大量生産が可能なように適応されていない新しい技術を使用したワクチンの場合に特に当てはまります。

なぜそんなに時間がかかるのでしょうか?

まず、ワクチンが機能するかどうか、安全性を確認するために動物実験を行います。この試験は厳格な研究室のガイドラインに従わなければならず、一般的には3ヶ月から6ヶ月かかります。ワクチンの製造もまた、品質と安全性の基準に従わなければなりません。

次に、ヒトでの試験が行われます。小規模な第I相臨床試験では、ヒトでのワクチンの安全性を評価します。第二相試験では、ワクチンの有効性を証明するために、ワクチンの処方と用量を決定します。最後に、第三相試験では、より多くの人を対象にワクチンの安全性と有効性を実証する必要があります。

コロナパンデミックの深刻さから、ワクチン規制当局はこれらの段階のいくつかを早めるかもしれません。しかし、コロナワクチンが臨床試験開始後6ヶ月以内に入手可能になる可能性は低いです。

現実的には、ワクチンの開発とヒトの臨床試験には12~18ヶ月以上かかるでしょう。そして、このウイルスに効果的なワクチンが可能かどうかはまだわかりません。 仮にワクチンが承認されたとしても、それを生産し、世界中の人々に配布し、投与するには時間がかかるでしょう。

人々はコロナウイルスに対する免疫を持っていないので、3~4週間間隔で2回のコロナワクチン接種が必要になります。

人々は2回目のコロナワクチン接種の1~2週間後にコロナウイルスに対する免疫を獲得し始めます。

まだまだ多くの研究が残っています。それでも、日本の製薬会社、政府、その他の機関がコロナワクチンに取り組んでいることは、希望を抱かせる原因となっています。

自分の身を守り、コロナ感染を防ぐ方法

コロナワクチンができるまでは、感染予防が極めて重要です。疾病対策予防センター(CDC)は、コロナウイルスへの感染を避けるために、以下の注意事項を推奨しています。

コロナ対策で、密接な接触を避ける

これは、病気や症状のある人との密接な接触を避けることを意味します(約2メートル以内)。また、大きなイベントや大勢の人が集まる場所も避けましょう。

公共の場では布製のマスクを着用する。
食料品店など、他人との接触を避けることが難しい場所では、布製のマスクを着用することでさらに保護することができます。特に、地域社会での広がりが継続している場所では、布製のマスクの着用が推奨されています。

コロナに感染している人は、気づかないうちにウイルスを感染させてしまう可能性があるというデータに基づいています。公共の場でマスクを使用することは、症状のない人からの感染を減らすのに役立つかもしれません。

医療用ではない布製のマスクの使用が推奨されています。外科用マスクやN-95呼吸器は不足しているため、医療従事者のために確保しておくべきです。衛生管理を徹底しましょう。

石鹸と水で20秒以上頻繁に手を洗うか、アルコールを60%以上含むアルコール系の手指消毒剤を使用してください。咳やくしゃみをしたときは、肘やティッシュで口や鼻を覆う。

使用済みのティッシュは捨てる。目や鼻、口に触れないようにしましょう。病気のときは、食器やコップ、布団などの日用品を共有しないようにしましょう。

触りやすい表面を毎日清掃し、消毒する。体調が悪いときは家にいる。具合が悪いときは、治療を受ける場合を除いて家にいる。職場や学校、公共の場所に行くのを避け、公共の交通機関には乗らない。

慢性的な病状があり、重篤な病気のリスクが高い場合は、自分の身を守るための他の方法について医師に確認してください。


★ お気に入り追加